なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

poti

男性 - 神奈川県 (1986年生まれ)

学生時代の友人との二郎通いをきっかけにラーメンに目覚めました。現在は、濃厚系から清湯まで何でも食べます!レポの基本構成は、1段目:訪問時間やオーダー、2段目:スープ+麺、3段目:具となっています。冷やし系ラーメンは後で見返しやすくするために「冷やし中華」の区分にしてます。2019.3 越谷訪問によりラーメン二郎現営業店舗制覇

平均点 80.588点
最終レビュー日 2019年6月17日
1,623 788 3 18,686
レビュー 店舗 スキ いいね

「きのこそば 900円」@林華苑の写真6.4(火)19:15 「令和町中華シリーズ第3弾」として成城学園前にある町中華を初訪問。席は3階まであるのでかなり多め。2階の席に案内していただき、ウーロンハイときのこそばをオーダーです。ちなみに、私がいる間はサラリーマンも何人かいましたが、学生の団体が多く、若者の恋愛トークをBGMにウーロンハイを飲むこと12分ほどで着丼です。

スープはあっさり鶏ガラベースの塩清湯で、ベースのスープの旨味は弱く、具材からのキノコと野菜の自然の旨味が味の中心。塩分はやや高めで、油は控えめ。具材が餡掛けスタイルとなっているので、ややとろみがあります。麺はプリッとした黄色の縮れ麺で、町中華でよく見かけるもの。スープも麺も量が多く、具材に肉はないですが、最終的には結構お腹いっぱいになります。このボリュームなら学生に人気なのも納得です。ちなみに、こちらは若かりし頃の及川光博さんが学生時代に通っていたお店とのことです。

具は、エノキ、椎茸、ブナシメジ、ニンジン、小松菜、タケノコ、ネギ、溶き卵。具材はトータルでたっぷりと入っており、キノコと野菜のみなので健康的。キノコの香りと旨味が美味しいです。できれば少しでいいので肉っ気があると嬉しいですが、ボリュームが多いので胃袋的には大満足。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「宍道湖しじみ中華蕎麦(塩)+チャーシュー 800+300円」@宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀の写真6.1(土)19:05 蒲田の麺屋 まほろ芭さんで食べ、銭湯→大衆酒場にいったあと、〆でBMしていたこちらを訪問です。外待ち10名に接続。35分ほどで席が空き、券売機にてデフォの塩、チャーシュー、缶チューハイの食券を購入し、チャーシューはおつまみでオーダー。すぐにチャーシューと缶チューハイが提供され乾杯です(料理写真にUP)。チャーシューはレアチャーシューと吊るし焼きバラチャーがあり、そのままでもタレにつけても美味しく頂けます。特にバラはジューシーで美味。せっかくなので、ラーメンにも1枚のせてみました。と楽しく飲んでいると念願の一杯が着丼です。

※ 写真はデフォに1枚バラチャーシューをのせたものとなっています。

スープは蜆の旨味がしっかりと出た塩清湯で、蜆だけではなく、乾物や鶏などの旨味も下支えしており、飲んだ後でも記憶にハッキリと残る出汁の強さがあります。蜆系のラーメンだとお吸い物的になってしまうことも多いですが、こちらは出汁が強く、パンチもあるのでしっかりとラーメンとして完成しています。カエシや油は控えめなので、出汁の旨味をシンプルに楽しめるバランスなのも嬉しいです。麺は菅野製麺の細麺で、喉ごしよく、コシもありスープと相性良好。

具はレアチャーシュー、メンマ、紫タマネギ、芽ネギ。チャーシューはおつまみのチャーシューと同じく肉の旨味があり、しっとりとした肉質で美味。チャーシュー盛りのバラチャーシューをスープにつけて食べてみましたが、やはり美味しいです。デフォでレアとバラの1枚ずつになるとデフォの満足度がさらに上がりそうです。タマネギや芽ネギは見た目も楽しめ、いい薬味に。

話題の新店は蜆出汁をうまく活かした完成度の高い一杯。トピも丁寧に作られており大満足でした。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「蟹塩そば+特製裕盛り(数量限定) 750+350円」@麺屋 裕の写真5.25(土)10:50 京都出張での仕事の前に早めに移動して麺活。狙いは東野駅からすぐにあるミシュランガイドにも掲載された「麺屋裕」さん。開店10分前に着くと既に6人の方が並んでおり、開店少し前にメニューが配られ、順番に口頭でオーダー確認があり、名物の蟹塩そば(750円)ととしくん(また停滞)さんオススメの特製裕盛り(350円)をオーダーです。ちなみに、特製裕盛りは豚と鶏が追加され、さらにメンマ増し、鴨と味玉がプラスされ、350円という数量限定のお得なメニューとなっています。そして、定刻にオープンし、待つこと10分ほどで着丼です。

スープは淡海地鶏を中心にマグロ節や豚を加えたという塩清湯となっていますが、メインはメニュー名にもなっているカニ。先行レポによると渡り蟹が使用されているとのことで、おそらく香味油もカニです。カニがしっかりと効いており、底には甲羅の粉や蟹の身も確認できます。かといってカニだけの味ではなく、他の食材もうまく活かしてあり、カニは力強くもあり、上品さも感じる絶妙な効き具合です。これはレンゲが止まらなくなるスープですよ。ちなみに、水にもこだわりがあり、伏見の自然水を使用しているようです。麺は自家製の中細ストレートで、喉ごしのよい麺。スープとの相性も良好です。

具は、三種の肉、姫竹、味玉、ネギ二種、柚子。肉はデフォでは鶏と豚が1枚で、特製盛りにすることで、鶏と豚が4枚になり、さらに鴨ロースが追加されます。豚は炭焼きとなっており、柔らかく香りがよく、旨味もバッチリ。鶏は燻製タイプでしっとり。鴨はしっかりと鴨らしい味がある厚切りタイプ。臭みはなく、どのお肉も相当ハイレベルです。この特製盛りでビール飲めたら最高でしょうね。姫竹は食感よく、味玉は黄身の味濃く、しっかり味も染みており、食感も文句なし。これだけのトピがプラスされて350円は破格です。固形物完食後、当然スープも完飲です。

京都らしい上品さを感じるスープとお得&ハイレベルなトピ達に大満足。どうもご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (21) | このお店へのレビュー: 1件

「比内地鶏と焼きアゴの背脂そば・しお 5000円(コース料理)」@麺処 あす花の写真5.23(木)19:00 2ヵ月ぶりにあす花の居酒屋営業へ。今回もおつまみ、ラーメン、飲み放題込みで5000円となっています。おつまみは、①春キャベツとアボカドのナムル、②初かつおのたたき、③えびとそら豆のしんじょう、④アスパラベーコンペペロン風、⑤角煮と味玉の5種。かつおはミョウガや生姜と相性よく、しんじょうは少し塩分高めの味付けでおつまみ仕様。アスパラは食感よく、角煮は肉厚で味玉の味が染みていて美味しいです。そして、〆のラーメンへ。今回は醤油と塩を選べますが、私は塩を選択です。

スープは鶏の旨味がバッチリと出た清湯で、焼きアゴの香りや塩ダレに入っていると思われる魚貝が鶏の旨味がしっかりと下支えしている印象。鶏には比内地鶏を使用しているようでやはり旨味がパワフルですが、全体のバランスがよくほっこりする味わいです。背脂は上質な豚の甘味が詰まったもので、量はそこまで多くなく、鶏や焼きアゴの存在を邪魔しない絶妙なバランスです。麺は細麺ストレートで、スープとの相性バッチリ。

具は、チャーシュー2種とネギ。チャーシューは低温調理のものと鶏チャーシュー。二種ともしっとりとした食感で、肉の旨味を楽しめます。どちらもおつまみにピッタリで、お酒がさらに進みます。ゆっくりと固形物完食後、スープもするっと完飲です。

今回の居酒屋営業も大満足。醤油バージョンも一口もらいましたが、個人的には塩に軍配ですかね。さて、来月は行けるのか。。。どうもご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 11件

「五目ワンタン麺 650円」@白虹飯店の写真5.7(火)18:30 祖師谷大蔵にある町中華を初訪問。入口のレトロな雰囲気からして素敵ですね。テーブル席に座り、たくさんあるメニューの中から五目ワンタン麺とビールをオーダー。すぐにビールが提供され、テレビを見ながら待つこと数分で着丼です。

スープは炒めた野菜からの自然の旨味が出た優しい塩清湯。ベースは鶏ですかね?今風の出汁を活かしたスープとは違い、出汁感はとても弱いですが、塩分、油ともに控えめで優しい味わいのスープは食べていてほっこりします。まさに愛すべき70点台という言葉がしっくりくるラーメンです。麺は中太の縮れ麺で、やや柔らかめの茹で具合。コシはないですが、私は柔らかい麺は好きなので、ノープロブレム。

具は、キャベツ、ニンジン、キクラゲ、タケノコ、海老、イカ、豚肉、うずら、ワンタン、チャーシューなど。ワンタンは5個入っており、餡は肉が少しだけで皮メイン。皮はちゅるんとした感じではないですが、シンプルに美味しいです。野菜、海鮮、豚肉は炒められたもので、キャベツがメインで、残りは少しずつ。さらに炒めた豚肉とは別にチャーシューも1枚のっており、ややパサつき気味ですが、肉っ気があるのは嬉しいです。

接客の丁寧な老夫婦?が営む趣のある町中華に大満足。定食、ご飯ものなどのメニューも豊富なので、またフラッと立ち寄りたいと思います。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「虜中華そば 750円」@自家製中華そば 麺の虜の写真4.29(月・祝)11:30 山梨遠征2日目の昼は国母駅から歩いて麺の虜さんを訪問。店の前にネームボードがあるので、名前を書き待機。自分たちの前に3グループほど待機しており、待つこと20分ほどで店内へ。入店時に券売機で食券を購入するスタイルで、虜中華そばの食券を購入し席へ。さらに待つこと数分で着丼です。

スープはアニマルオフで、節、煮干、昆布のみから出汁をとったという綺麗な塩清湯。すっきりとしたスープですが、節、煮干、昆布の出汁がとても強く出ており、あっさりながらもパンチのあるスープとなっています。動物なしでこれだけ力強いのはすごいと思います。麺は、自家製の加水率57%の全粒粉入りの中太麺。ツルモチの麺で食感、風味ともに文句なし。ここ最近食べた麺の中ではかなり上位に入る味です。

具はチャーシュー2種、メンマ、ネギ、水菜。チャーシューは低温調理の肩ロースと豚バラ。豚バラは2枚入っています。肩ロースはしっとりとした食感を楽しめ、豚バラは程よい脂身があり、ジューシー。いずれもハイレベルでデフォで肉が3枚というのも嬉しいです。ネギや水菜は箸休めとなります。固形物完食後、ほぼスープも完飲です。

出汁がしっかりと効いたスープ、加水高めの絶品自家製麺、丁寧に作られた2種のチャーとどれもハイレベルで大満足。どうもご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「豚ニボ塩かけそば 750円」@立ち呑み居酒屋 金町製麺の写真4.21(日)19:00 綾瀬で少し飲んだ後に〆で金町製麺へ。まずは、刺身盛り合わせと日本酒をオーダー。日本酒は「仙禽夢ささら」、「ちえびじん特別純米八反錦」、「田光特別純米無濾過中取り生神の穂」の3種を堪能。仙禽は栃木県の夢ささらという酒米を使った無濾過生で、軽やかな飲む口で飲みやすい感じ。田光は神の穂というお米を使ったもので、とてもバランスのよいお酒。刺身盛り合わせと豚しゃぶをおつまみに日本酒をゆっくりと飲み、〆のラーメンをオーダーです。この日のラーメンは3種で、その中で塩のかけそばを選択です。

スープは豚の背ガラと煮干で出汁をとった塩清湯で、ニボの程よいビター感と豚の出汁のバランスが見事にマッチしています。上質な背脂が少し浮いており、たまに口に入る背脂からの甘味がいいアクセントになっています。かけそばなので、具は生海苔と背脂のみで、生海苔からの磯の香りもよく合っています。

麺は細麺ストレートで喉ごしがよく、スープとの絡みもバッチリ。今回もスープと麺の相性が完璧ですね。かけそばで麺量も多くないので、するっと固形物を完食後、スープも日本酒のお供として完飲です。

2日連続での訪問となりましたが、この日も大満足。どうもご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 89件

「牛そば」@立ち呑み居酒屋 金町製麺の写真4.14(日)12:10 皐月賞に行く前に金町製麺で前哨戦。入ったら、皐月賞前だから来ると思われていたみたいで店員さんと常連さんに噂されてました(笑)まずは、日本酒とおつまみをオーダー。日本酒は「奈良萬純米吟醸中垂れ」、「風の森愛山純米しぼり華 無濾過無加水生酒」、「正雪純米吟醸愛山」からスタート。正雪はかなりスッキリとした味わいでするっと飲める感じで、奈良萬は大好きなお酒ですが、純米吟醸の中垂れは初。フルーティーな感じで美味しいですね。おつまみは、冷やしトマトなどの野菜類と焼きたらこからはじまり、途中では豪華な刺身盛。特に丸々提供されたサヨリは絶品。日本酒が進みます。

日本酒はさらに「天明山田錦x五百万石」、「ロ万だちゅー」を追加。「ロ万だちゅー」はロ万シリーズの中ではライトで飲みやすい口当たりですね。そして、金華サバの塩焼き、肉団子などのおつまみを食べてから〆のラーメンへ。日本酒は店内写真、おつまみは料理写真にUPしておきます。

〆のラーメンは牛出汁のみを使ったかけスタイルの一杯を作ってもらいました。では、ようやくラーメンのレポへ。

スープは牛すじと牛の挽肉のみを使用したという塩清湯。テールスープのようなものをイメージしたとのことですが、まさにそういう感じの味で飲み〆にピッタリ。ですが、普通に食べるテールスープなんかより牛の出汁が強く出ており、パンチがあります。油も多いですが、油自体もコクがあり、麺にしっかりと絡みますね。麺は細麺ストレートで、いつもよりややコシのある感じ。金町製麺のすごい所はスープと麺の相性が本当に素晴らしいところで、今回も麺を啜っているときにスープを飲んでいるような感じとなります。

具は、シンプルにローストビーフとネギ。ローストビーフはどこの牛かは聞くの忘れましたが、上質なもので柔らかく噛んでいると肉の旨味がじわ~っと出てきます。スープも牛なので、スープに浸して食べても一体感がありますね。固形物完食後、当然スープも完飲です。

今回も日本酒、ラーメン、おつまみとすべてに大満足。皐月賞はほぼプラマイゼロのトリガミでしたが(笑)。どうもご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 89件

「【限定】追い炊きみつせ鶏塩S俺の鴨乗せ+温玉+B 2000円」@MENYA 食い味の道有楽の写真3.16(土)11:20 道有楽さんで初のラーメンデート。開店少し前に着くと中で待っていていいよ~とのありがたい言葉を頂き、店内へ。まずは彼女へのサービスとして頂いたビーフシチューとウーロンハイで乾杯です。コク旨ビーフシチューはとろける肉が絶品で二人で感動。お酒もどんどんと進み、さらに別のおつまみを頂いてからラーメンタイムへ。自分は今月の限定(メニューは以下の通り)のS、彼女は特別限定をオーダーです。まずは自分の今月の限定のレポから。

【限定弥生】追い炊きみつせ鶏塩
A スタンダード 1100円
B みつせ鶏増量 1500円
S 俺の鴨乗せ+温玉+B 2000円

スープは注文が入ってからみつせ鶏を生から追い炊きするとのことで、鶏の旨味が全開。飲んだ瞬間に口の中にすごい鶏の旨味が広がります。スープは清湯ですが、旨味の強さは白湯のような感じです。塩分は飲んだ後とのことで少し普段より強めにしてくれたようで、確かに飲んだ後にちょうどいい塩加減。こういった心遣いもありがたいですね。麺は、細麺ストレートで、こちらではなかなか出会わないタイプの麺。スープとの絡みも文句なしです。

具は、大量のみつせ鶏、鴨治部煮、水菜、メンマ、もやし、ネギ、キクラゲ。みつせ鶏は骨つきの部位や皮つきの部位などがあり、鶏の旨味がとても強く絶品。鴨治部煮は鴨らしい野性味があり、こちらもとても強い旨味がある絶品肉。こちらの鴨に勝る鴨はやはりないですね。鴨治部煮は温玉をくぐらせて食べるのがおススメとのことでやってみましたが、温玉との相性もバッチリ。確かに理想的な食べ方です。ラストはライスに残しておいたみつせ鶏と鴨肉、温玉をかけて雑炊に。ライスとの相性も当然ながら言うことなし。彼女も気に入ったようで、少し味見として渡した雑炊はほぼ空っぽになった状態で返ってきました(笑)。

今月の限定も大満足。次のレポで彼女の食べた限定もレポしますが、そちらも絶品で、最初から最後まで笑顔が絶えない食事となりました。大将、本当にありがとうございました&ご馳走さまでした。大感謝です!

なお、本メニューは月替わりの限定メニューとなっています。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 53件

「【うえんで食堂】会津山塩ラーメン 800円」@日本橋ふくしま館 MIDETTE ミデッテの写真2.27(水)11:20 日本橋のふくしま館MIDETTEに限定出店している「うえんで食堂」さんへ。先会計システムで狙いの会津山塩ラーメンと日本酒飲み比べセットをオーダーし、すぐに日本酒が提供。日本酒は、凛本醸造、花春純米、雪小町純米大吟醸の3種で、花春は香りが良く、凛はすっきりとした飲み口。と日本酒を楽しんで待っていると数分で着丼です。

スープは豚骨がベースの塩清湯で、そこに煮干、昆布、香味野菜、鶏?などの旨味などが合わさり、とてもバランスの良い飲みやすいスープとなっています。会津山塩というのは今回が初経験ですが、まろやかで甘みのある感じ?ですかね。温泉から作られる塩とのことです。麺は、中太の平打ち麺で、プリッとした食感。スープとの相性も良好です。

具は、チャーシュー、メンマ、ネギ。チャーシューは柔らかい豚チャーが3枚。肉の旨味もしっかりとあり、柔らかいチャーシューはハイレベル。チャーシューメン頼む人が多いのも納得です。+200円でチャーシュー麺になるので、チャーシュー麺にしてたら+1点だったかも。固形物完食後、スープも8割ほど日本酒と共に頂きました。食べ終わったころには行列もできていましたが、これならそれも納得の一杯。帰りに日本酒を買って帰れるのも嬉しいですね。今回は「ロ万」と「天明中取り参号・四号」を購入。どうもご馳走様でした。

なお、こちらは期間限定の出店となりますので、ホームページのイベントカレンダーで確認することをおススメします。3月は25日~27日とのことです。
イベントカレンダー → http://midette.com/event/

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 2件