なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

poti

男性 - 神奈川県 (1986年生まれ)

学生時代の友人との二郎通いをきっかけにラーメンに目覚めました。現在は、濃厚系から清湯まで何でも食べます!レポの基本構成は、1段目:訪問時間やオーダー、2段目:スープ+麺、3段目:具となっています。冷やし系ラーメンは後で見返しやすくするために「冷やし中華」の区分にしてます。2019.3 越谷訪問によりラーメン二郎現営業店舗制覇

平均点 80.707点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,709 827 3 20,401
レビュー 店舗 スキ いいね

「【睡蓮×NOROMA×新倉】ええとこ鶏魚介豚骨らーめん 870円」@大つけ麺博 美味しいラーメン集まりすぎ祭の写真10.4(金)16:45 今年も新宿で開催されている大つけ麺博へ。まずは愛媛出張で感動した新倉さんが入っているコラボへ。時間が半端なので、ブース前には三人しかおらず、すぐにオーダー。かわいい店員さんがブースの手前にいましたが、愛媛で神対応だった奥様かな?と考えながらすぐに着丼です。なお、トッピングはなしで。

スープは節の効いた鶏豚魚介で、粘度は控えめで、濃厚かと思いきや割とあっさり仕様。食べやすくて素材の旨味もしっかり出てますが、やや優等生過ぎる感じで、飽きは早く感じます。イベントでコラボなので、もっと冒険してもよいのでは?とはいえ素材の旨味はしっかりと出ていて、特に節の心地よさはいいですね。麺は中細のストレート麺で、スープとの絡みはまずまず。

具はチャーシュー、メンマ、なると、ネギ。チャーシューは柔らかくて美味しいですが、こちらも突出した特徴はなく、メンマはやや味濃いめで食感よく美味。なるとはビジュアルに貢献で、ネギはこのスープには必需品かな。固形物完食後、するっとスープも完飲です。

とてもバランスがよく食べやすくて万人受けする一杯かと。パンチは控えめですが、バランスの取り方は流石なので、バランス重視の方にはオススメです。どうもご馳走様でした。

なお、本メニューは10月4日までの限定となっています。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 6件

「中華そば(並)+特製全部のせトッピング 1000+850円」@中華蕎麦 とみ田の写真9.19(木)12:50 松戸でのお仕事2日目の昼はとみ田さんへ。10周年の限定以来なのでかなり久しぶりの訪問です。現在は整理券方式になっており、朝8時50分に一度お店へ行き食券を購入し、12時50分再集合。集合時間までに必ず行くようにしましょう。そして、同時刻集合の人が全員揃ってから順番に店内へ。すぐに日本酒が提供されます。トッピング先に出しましょうか?と聞いて頂きましたが、今回はラーメンと同時にしていただき、日本酒を飲みながら待つこと10分ほどで着丼です。なお、日本酒は山口県の「長陽福娘雄町純米吟醸」。旨味の強いお酒でコメの甘味も感じます。

スープは超濃厚なドロドロ豚骨魚介。このままつけ汁にもなりそうな濃度ですが、バランスが良いので割とするする食べられます。動物系の旨味も魚介系の旨味も強く効いており、醤油にもかなりこだわりがあるようで、希少な醤油をいくつもブレンドしているようです。さすが王者という味ですが、この味だとつけ麺のほうがより良さが分かるのかな?と思います。ちなみに、今回ラーメンにした理由は一度も店舗でラーメン食べたことがなかったからです。

麺は自家製の中太麺で、コシが強く風味も抜群。とみ田さんの麺は催事などで食べても感動しますが、店舗で提供しているものは店舗でしか食べれないものとのことで、ハイレベル。麺量は並で180gとなっており、ドロドロスープとの絡みバッチリ。具は、メンマ、なると、ネギ、海苔、柚子。メンマは食感よく、柚子はさっぱり感を演出。さらに別皿で本枯の魚粉が提供され、途中で加えると魚介感が一気に上がります。

続いて、特製トッピング。特製トッピングはすべて別皿で提供され、山形県産純粋金華豚バラ肉煮豚、柏幻霜ポーク吊るし焼き肩ロース、鹿児島県産純粋黒豚霧島高原ロイヤルポークの低温調理モモ肉、宮崎県黒岩士鶏のモモ&ムネ肉塩焼き、比内地鶏の味玉、すだち、塩、辛味。金華豚は上質な脂身が美味しく、吊るし焼きはステーキのような感じで肉の旨味がしっかりとあります。低温調理の肉はしっとりとしており、味玉は黄身の味が濃く美味しいです。さすが850円とだけあって豪華ですね。お酒のおつまみにもピッタリです。

固形物完食後、ラーメンにもスープ割があるとのことで、スープ割をお願いします。魚介感がプラスされ、飲みやすい濃度となりスープもほぼ完飲です。

とみ田の本店でははじめて中華そばを食べ、個人的にはつけ麺に軍配が上がりましたが、濃厚な旨味たっぷりのスープに豪華なトッピングの数々には圧巻。改めてつけ麺も食べてみたいと思います。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 4件

「野菜もりそば200g 800円」@松戸大勝軒の写真9.18(水)11:50 この日から3日間松戸でお仕事。地元ですが、職場が離れていて意外と平日昼に麺活ができない地域なので、この機会に日曜休み、昼営業のみのこちらへ。と行ってみると夜営業もしているみたいで、RDBの情報が古かったみたいです。店舗情報修正しておきました。それはさておき、券売機にて表題の食券を購入し席へ。待つこと10分ほどで着丼です。なお、先客0名、後客4名。

まずは麺から。麺はツルシコの中太麺で、麺量は一番下のサイズで200g。食感よく、水切りもしっかりされた麺はそのままでも美味しいです。

続いて、つけ汁へ。つけ汁はシャバ系の豚骨魚介で、動物系の旨味はまずまず。魚介は海苔の上に魚粉があり、それを入れると魚介感が増しますが、こちらも主張は控えめです。つけ汁は酸味と辛味が効いており、特に酸味が強め。そのままでは味が強いですが、麺をつけて食べるとちょうどいいですね。麺とつけ汁の絡みはあと一歩かと。

具はすべてつけ汁内にあり、チャーシュー、メンマ、味玉半分、海苔、魚粉、野菜。チャーシューは可もなく不可もなく、味玉は半熟とろーりで、味付けは薄め。デフォで味玉半分入るのは嬉しいですね。野菜は炒めたキャベツ、モヤシ、ニンジンで、つけ汁と相性よく、熱々なので、つけ汁の温度低下を防ぐ効果もあります。+200円なので少し高い気もしますが、野菜増やすのはアリだと思います。野菜加点1点で。

最後はスープ割。割スープはちょうどいいタイミングで何も言わなくても店員さんが提供してくれます。よくお客さん見ていて素晴らしいです。割スープはやや白濁した薄めのカツオ出汁で、旨味や香りが強いわけではないので、入れすぎると薄まりますが、少し入れるとほんのりとカツオの風味がプラスされます。

こちらの大勝軒は勝浦タンタンメンなどメニューが豊富なので、何度か楽しめそうなお店です。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「つけそば(あごだし豚骨)小盛り+α 750円」@つけそば 幸喜の写真5.27(月)19:05 登戸に今年の1月にオープンし、川崎のタッツーさんが初レポした新店を初訪問。カウンター席に座り、口頭でハイボールとお手軽おつまみセットをオーダー。お手軽おつまみセット(ドリンクオーダーした人のみ)は300円で、味玉、チャーシュー、キムチ、モヤシ、メンマがついてくるセットでちょっとしたおつまみにピッタリです。ゆっくりとおつまみセットで飲んでから、調理担当の綺麗な店員さんにハイボールのお替りと麺をオーダーです。麺はつけそばの小盛り(50円引き)をお願いし、味は三種(あごだし豚骨、東京豚骨、あっさり塩)の中から人気No.1というあごだしを選択です。

つけ汁は豚骨がメインとなったシャバ系の豚骨魚介で、豚骨をあご出汁と鶏などが下支えしているバランス。全体的なバランスがよく、なにかの食材が突出する感じはなく、とても食べやすい味わいですが、個人的には少しパンチに欠ける印象です。程よい酸味と唐辛子による辛味があり、いいアクセントとなっています。

麺はプリッとした中太麺で、しっかりと水で締められておりコシがあります。この系統のつけ汁と相性のよい麺ですが、麺も大きな個性はないですね。具は、麺の上に海苔、つけ汁内に、チャーシュー、メンマ、水菜、ネギ、なるとなど。チャーシューは角切りにされたもので、そのほかの具材は普通。固形物完食後、つけ汁はそのままでも飲めそうだったので、そのまま半分ほど頂きました。

接客は丁寧で、店内も綺麗なので、いずれ中華そばも食べに行きたいと思います。アルコールの種類も多いので、仕事帰りにフラッと立ち寄りたいお店ですね。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「特製ラーメン(ニンニク有) 700円」@綾瀬 大勝軒の写真4.17(水)19:20 綾瀬にある大勝軒に二郎系メニューがあるとの情報をGETしたので仕事帰りに早速訪問。先客2名、後客7名。券売機にて「特製ラーメン」の食券を購入し席へ。ニンニクの有無と大盛りにするか聞かれたので、「ニンニク有、盛りは普通」をコールです。ちなみに、特に二郎系とかは書いてないので分かりにくいですが、特製ラーメンというのが二郎系で、デフォの中華そばのトピ増しが特製ではないので、ご注意を。そして、待つこと10分ほどで着丼です。

スープはほぼ非乳化で少しだけ乳化したもので、背脂が多めに浮いています。豚感はややライトな感じですが、魚介(鰹かな)が効いており、二郎系といっても大勝軒らしさを維持した大勝軒風二郎系といったオリジナリティの感じる一杯となっています。麺は平打ちの太麺で、コシが強く食べ応えのあるもの。ややカタメの茹で加減で、小麦の風味もしっかりと感じられる美味しい麺ですね。麺量は体感で200g以上はある感じです。

具は、チャーシュー、煮玉子、モヤシ、ネギ、刻みニンニク。チャーシューは薄めで、味付けはやや薄いですが、パサついてはおらず、まずまず。煮玉子は突出した特徴はないですが、デフォで付くのは嬉しいですね。野菜はキャベツはまったくなく、茹でたモヤシと生のネギ。モヤシはシャキシャキ系で熱々です。ニンニクはスープの量からするとやや多めで、全体を混ぜるとかなりパンチが出ます。背脂も多いので、後半はとろみも結構出てくる感じで、最終的にはなかなかジャンクに。

二郎系といっても大勝軒らしさを残した魚介の効いた一杯に満足。食べやすい感じなので、二郎系を普段食べない人でも大勝軒でいつもよりたくさん食べたいなんてときにもピッタリかもしれません。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨魚介ラーメン 950円」@MENYA 食い味の道有楽の写真3.2(土)11:30 麺友さんと道有楽さんへ。まずは皆で乾杯し、瓜の漬物などでワイワイとお酒を頂き、たっぷりと飲んでいい気分になってからラーメンタイムに。今月は別のタイミングで限定を狙う予定なので、久々にデフォメニューを選択し、その中で未食の豚骨魚介をチョイスです。

スープは豚骨と魚介の旨味がガツンと効いた濃厚スープで、濃厚ながらドロドロした感じではなく、むしろさらっとしています。なので、旨味がパワフルながら重くない豚骨魚介となっており、これまで食べた豚骨魚介とは比べ物にならないくらい美味しいですね。こんな豚骨魚介がデフォでいつでも食べられるのは奇跡ですよ。麺は中太のコシのあるもので、風味がよく、スープとの絡みも文句なし。

具はチャーシュー、海苔、メンマ、ネギ、モヤシなど。チャーシューはとても大きなものがドカンとのっており、肉の旨味もしっかりで柔らかく絶品。同行した麺友さんは鶏肉と鴨肉に感動していましたが、この豚チャーシューも相当なレベルです。メンマは味付け絶妙で、海苔も風味がよく、すべての具材がスープと一体感があります。固形物完食後、少しだけライスも投入すると、これがまた合います。元々豚骨魚介にライスは合うと前から思っていましたが、この〆雑炊も間違いなし。そのままおつまみとしてスープも完飲です。

久しぶりに限定ではなくデフォを食べましたが、やはりデフォのレベルもすごいですね。改めてつけ麺や和えそばといったデフォメニューも食べたくなりました。そして、麺友さんから一口頂いた今月の限定の鶏肉も超絶美味しかったので、限定も今から楽しみです。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 60件

「2号つけ蕎麦 小 750円」@中華蕎麦 サンジの写真7.22(日)13:50 行方から小山まで大移動。麺友さんと行く茨城ラーメンツアーは茨城ではないですが、サンジさんを初訪問です。券売機にて食券を購入してから、炎天下で外待ち。10分ほどで店内へ。すぐにビールを出して頂き乾杯です。麺友さんがオーダーしたチャーシューをおつまみで少し頂き、ビールを飲んでいるとつけ汁、麺の順で着丼です。

つけ汁は煮干がベースとなった豚骨魚介。ノーマルのつけ麺は濃厚豚骨魚介とのことですが、この2号つけ蕎麦のつけ汁はシャバよりのあっさり仕様でニボが強めに効いています。豚骨と魚介はどちらも主張し過ぎず、ニボがすごく強めというわけでもないので、バランスがとてもいい感じです。個人的には少しパンチ不足な気もしましたが、万人受けしそうな感じなので人気があるのが分かります。

麺は、自家製の太麺で、かなりカタメの茹で加減。コシがあり風味のよい美味しい麺ですが、少し硬すぎるかもですね。具は、すべてつけ汁内で、角切りのチャーシュー、味玉、なると、メンマ、ネギ、海苔。チャーシューは脂身が多い角切りのものがゴロゴロと。豚骨魚介のつけ汁に浸ったチャーシューって結構好きなんですよね。これでビールが進みます。味玉は半熟とろーりで、これがデフォでつくのは嬉しいです。麺をすべて食べた後、スープ割をオーダー。柚子と細かい肉がプラスされるとみ田スタイルでブーメランです。柚子が入りあっさりした割スープを半分ほど頂きました。すごく響く感じではありませんが、バランスの良い豚魚に大満足。なかなか来れない場所なので、運転してくれた麺友さんに感謝です。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺+味玉 780円+0円(ラーメンWalkerクーポン)」@濃厚宗田つけめん 麺屋縁道の写真10.1(日)14:05 ずっと気になっていた縁道さんを初訪問。昼時は少し過ぎていましたが、外待ち6人に接続し、途中で食券を購入して待機(本当は先に買うスタイルだったみたいです)。東北トッピングというのを狙っていたんですが、残念ながら提供はなく、ビールも提供されていなかったので、シンプルにつけ麺の食券を購入。さらにラーメンWalkerについていた味玉無料のクーポンを提示し、再び列へ。回転は非常にのんびりで、入店まで30分ほど、席に着いてから着丼までさらに10分ほど。これは行列になるわけですね。

つけ汁は粘度高めで甘めの濃厚豚骨魚介でやや魚介が先行したタイプ。いわゆるまたおま系ですが、出汁の濃度に対してカエシの塩分はかなり控えめでまったりとした個性的な味わいです。いい意味では普通の豚骨魚介とは一線を画していますが、個人的にはカエシが弱いので、輪郭がぼやけてしまっている印象です。麺は心の味食品の太麺でコシの強いもの。モッチリした食感が特徴的な力強い麺で美味しいですが、つけ汁には少し負けてしまってます。なお麺量は250gとのこと。

具は、味玉以外は別皿提供で、チャーシュー、海苔、メンマ、ネギ、柚子。味玉は麺の上に置かれています。味玉は少しカタメで普通かな。まあクーポン使用で無料なので文句はありません。チャーシューは低温調理の肩ロースで肉の旨味があり、海苔は別皿なのでパリッとした状態でいただけます。ネギ、柚子は少しずつ自分のタイミングで投入。固形物完食後、かなりの粘度のつけ汁なのでほぼつけ汁残ってなかったですが、一応スープ割をオーダーし、完飲。節の香りが引き立ち美味しいスープ割でしたが、元のつけ汁が残っていなかった影響か少し薄めだったかな。少し好みに合わないところもありましたが、個性的な豚骨魚介を楽しめました。どうも御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「【手打ち焔】手打ちつけめん+Sコース +600円」@大つけ麺博 大感謝祭の写真10.7(土)11:20 大つけ麺博第二陣へ二回目の訪問。今回は一番行列ができていて、Twitter等でも絶賛している方の多い焔さんへ。今回の店舗の中で唯一の手打ち麺とのことです。そういえば昨年は七彩さんが打ち立て麺を提供してましたね。40人ほどの列に接続し、途中で食券回収。豪華にSコースのトッピングを選択し、20分ほどで配膳です。ちなみに、トッピングは以下のようになっています。

○トッピング
Sコース(以下の4種がすべて) 600円
特製豚バラチャーシュー 栃木御養卵煮卵 高級穂先メンマ 姉妹特製唐揚げ 各200円

つけ汁は粘度がほぼないシャバ系の豚骨魚介。HPでは濃度7だったので濃厚な豚骨魚介と思っていましたが、魚介先行型のあっさり系ですね。ニボはざらつきを少し感じるほど強めに効いているので、豚骨は下支え的な感じです。

麺はさすが手打ちとだけあって美味しいです。もっちりとした食感で不揃いの麺は香りもよく絶品。麺がとても美味しいだけにつけ汁や具材の完成度とのギャップ感は否めないですが、この麺をイベントで提供するのはすごいですね。

具は、Sコーストッピング含めて、特製豚バラチャーシュー 栃木御養卵煮卵 高級穂先メンマ 唐揚げ。豚バラチャーシューは脂身がしっかりとあり、味付けも濃い目でなかなかの完成度。おつまみにもピッタリで量もあります。煮卵はカタメの茹で加減で普通。メンマも特に突出した感じはなく、唐揚げは美味しいですが、こちらも突出している感じではないですね。固形物完食後、そのままつけ汁も完飲。少しハードルが上がり過ぎた影響もあるかもですが、麺以外はそこまで突出した感じではなかったです。CPもトッピングに関しては低めかと。ただ、麺はかなりよかったですよ。どうもご馳走様でした。

なお、第二陣は10月11日(水)までの提供となっています。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 8件

「つけ麺+無双ごはんランチ 850+200円」@麺屋 無双の写真9.14(木)11:40 岐阜出張の合間の昼食に近場のラーメン屋を訪問。先客1名、後客3名。メニューが豊富で迷いましたが、比較的この日は暑かったのでつけ麺を選択。さらにランチでお得になっている無双ごはんを追加して、待つこと6分ほどで着丼です。

つけ汁はそのまま一口飲むと豚骨出汁のみの味わいで、あれ?という感じでしたが、タレやお酢などの調味料は下に沈殿していたようで、マゼマゼしてから頂くとバランス型の豚骨魚介に変化。豚骨魚介にしては白いな~と思ったんですよね(笑)。そのまま飲んだときは味がなかったですが、混ぜてから頂くとむしろ酸味も塩分もやや高めのチューニングです。突出した特徴は正直ないですが、酸味が効いたバランスの良い豚魚なので安心感がある味わいです。

麺は、やや水による〆が緩いのが気になりましたが、コシがあり風味のよい麺。つけ汁との絡みは良好です。具は、すべてつけ汁内で角切りのチャーシュー、メンマ、ネギ、魚粉、一味。チャーシューは柔らかくてなかなかの美味。さらにオーダー前に提供される小さな壺には辛味モヤシが入れられており、こちらも具材として自由に使うことができます。固形物完食後、つけ汁をそのまま少し頂きました。

こちらは煮干し醤油、柚子塩、坦々麺、台湾まぜそばなどメニュー豊富なので順番に食べていれば飽きずに楽しめそうですね。近場の大学生も重宝していそうな気がします。なお、セットの無双ごはんは、結構多めのライスの上に、チャーシューのマヨネーズ和え、海苔、紫蘇、ネギがのっており、ボリュームがありお得感があります。チャーシュー自体がなかなか美味しいので、間違いない味わいでした。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件