なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

poti

男性 - 神奈川県 (1986年生まれ)

学生時代の友人との二郎通いをきっかけにラーメンに目覚めました。現在は、濃厚系から清湯まで何でも食べます!レポの基本構成は、1段目:訪問時間やオーダー、2段目:スープ+麺、3段目:具となっています。冷やし系ラーメンは後で見返しやすくするために「冷やし中華」の区分にしてます。2019.3 越谷訪問によりラーメン二郎現営業店舗制覇

平均点 80.707点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,709 827 3 20,401
レビュー 店舗 スキ いいね

「made's soup noodle 120129ルピア」@Made's Warung Ngurah Raiの写真3.7(水)22:30(日本時間23:30) バリ島から日本へ帰国する前にもう1杯くらいラーメン食べたいと思い、出国審査後のレストランでラーメンをオーダー。こちらのお店は空港外にも何店舗かお店があるみたいです。テーブル席に座り、表題とpineapplelemonジュースをオーダー。そして、すぐに運ばれたジュースを飲みながら待つこと数分で着丼です。

スープはコンソメ?ベースで、ややピリ辛な仕様。辛さはベースのスープからではなく、投入されていた唐辛子由来のものです。スープ自体はとても薄味で、出汁の味等はまったく感知できないので、無駄に唐辛子の辛さが際立ちます。決して全体的に辛いわけではないですが、それしか味がないので、変に目立っている感じになってしまってます。麺は、見た目からも分かると思いますが、インスタント麺で、中細の縮れ麺。

具は、牛肉、鶏肉、海老、青菜、フライドオニオン。具はどれも小さく、味も突出した特徴はなし。スープ、麺、具ともに、インドネシアで食べたものの中でも一番残念な感じで、やはり空港はこんなもんだな~と実感です。しかも値段も高いですね。この内容で日本円で1000円くらいなので、空港外で食べたほうが何倍もお得です。今後、この空港使うことがあってもこのメニューは選択しないと思いますが、ジュースはなかなか美味しかったですよ。どうも御馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件
70

「INDOMIE REBUS KARI KAMBING 28k」@Djakarta Street Foodの写真3.4(日)20:00(日本時間22:00)この日から仕事でインドネシアへ。夕食を食べるため、ホテルから近かったこちらを訪問。メニューはナシゴレン、麺メニューなど多数のものがあり、その中から表題と野菜炒め的なもの2種、マンゴージュースをオーダーです。マンゴージュースを飲みながら数分で着丼です。ちなみに、値段は28000ルピアで、日本円で220円くらいです。

スープはココナッツ風味のエスニック感のあるチキンカレーで、辛さはヘタレでも問題なく食べられるレベル。こちらのメニューはINDOMIEというインスタント麺を使って調理しているようですが、即席めんとしてはなかなか美味しいスープかと思います。麺は、日本のインスタント麺と同じ、縮れた中細麺。スープとの絡みはまずまずです。

具は、牛肉、フライドオニオンなど。牛肉はブロック状のものが割とたくさん入っています。少し硬かったのが残念ですが、値段の割にはたくさん入っているのでお得感はあります。フライドオニオンは香ばしい香りがよく、いいアクセントに。固形物完食後、野菜炒めを食べながら、スープもほぼ完飲です。即席麺なので、突出感は当然ないですが、食べやすい一杯でなかなか満足できました。なお、野菜炒め(チャプチャイ)、空芯菜の炒めもの(料理写真にUP)はさらに満足度が高かったので、食事全体の満足度は点数以上でした。どうも御馳走様でした。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件
50
太興中国

「午餐肉公仔面 35元」@太興の写真7.26(水)13:50 中国出張最終日は、瀋陽から国内線で北京首都国際空港へ移動し、乗り換え。少し時間が長めにあったので、中国での最後の麺活をと思い、ターミナル3内(入国審査、保安検査通過後)のレストランへ。空港内ということで、街で食べたものに比べるとかなりお高いですが、シンプルなラーメンをオーダー。かなり待たされてから、いかにもインスタントといったビジュアルの一杯が着丼です。

スープと麺は確実にインスタントラーメンの味わい。化調がバッチリ効いた醤油清湯に縮れた麺が合わさったもの。インスタントラーメンを作って、少し具材のせるだけで35元は高い!さすが空港価格です。これなら乗り継ぎでも一度外に出て食べた方が良いかと思います。具は、レタス、目玉焼き、ランチョンミート。目玉焼きは機械で大量生産できる綺麗な円形のもの(月見バーガーに入っているのと同じ形)。ランチョンミート(スパム)は普通に美味しいですが、既製品ですね。固形物完食後、熱々になったカレー用のスプーンで少しだけスープを頂きました。ラーメンのスプーンにこのスプーンはちょっと優しくないですね。総じて、やはり空港内は仕方ないな~と思わされる一杯でした。どうも御馳走様でした。

これにて中国出張時のレビューは終了。最後の一杯は残念でしたが、北京の街で食べたラーメンはいずれも思っていたより美味しく満足でした。他に、田舎の方でもう一杯食べましたが、正確な店名の記録を忘れたのと、おそらくRDBに登録しても日本人がほとんど行かず誰も見ないと思うのでスルーします(笑)

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件
85

「肉丁小碗干炸 26元」@海碗居 牡丹园店の写真7.22(土)21:00 北京最終日の夜は同行した同僚の北京在住の友人に地元でおススメのジャージャー麺のお店へ連れて行っていただきました。かなり人気のお店のようで、広いお店ですが、待ちが発生。すぐにテーブルが空き、案内されます。メインの麺の他に、おつまみ3品をオーダーし(料理のところに写真UPしておきます)、白酒で乾杯。そして、飲みながら待っているとすぐに着丼です。こちらは小さなお皿に色んな具材が入った状態で運ばれますが、目の前ですべての具材を丼に投入するという演出つき(入れる前の状態はメニュー写真参照)。そして、味噌のみ別皿で提供されます。味噌は味が濃いめなので量を調整しながら入れ、すべてマゼマゼしていただきます。

味噌ダレは旨味・コクがあり、中にはブロック状の肉も入っています。いわゆる甘辛の味噌ダレですが、辛さは抑え目で、味噌のコクと甘味、肉の旨味がたっぷりのタレは少量でも麺にしっかりと味が付きます。最初、現地の方に半分くらいがおススメと言われたので半分にしましたが、あまりに美味しい味噌ダレだったのですぐに全量投入しました。この味噌ダレはさすが本場という味わいで日本でもなかなか食べれない味わいです。

麺は、中太のほぼストレート麺で、程よいコシがあるうどんのような麺。具は、モヤシ、ネギ、ダイコン、キュウリ、エダマメなど。具沢山で味が濃いので白酒も進みます。また、ニンニクは生の状態でそのままの形で提供され、好きなだけ食べることができます。合間にかじりながら食べるといいですね。そして、このメニューは割スープも提供され、スープは豚清湯です。今回の中国での麺活で圧倒的にこちらが一番美味しかったです。中国に行かれた際はおススメです。どうも御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「骨汤牛肉面 15元」@西部马华Western Mahua 四道口北街店の写真7.21(金)21:30 中国出張の合間の麺活1軒目。この日は夜北京ダックを御馳走して頂き、白酒をたっぷり飲んでからの訪問となりました。こちらのお店は蘭州ラーメンのお店ですが、案内して頂いた方の話によると本場のものより北京の味に近づけた味わいとのことです。席から厨房の中を見ることができ、麺を伸ばしているところを見ることができます。

スープは牛とパクチーの香りが特徴的な牛清湯。ベースの味付けは薄味で牛の味をシンプルに味わえるスープは〆にもピッタリな味わいです。パクチーがあるので、クセはありますが、そこまで大量ではないので、あまり気にならないレベル。ただ、苦手な人は抜いたほうがいいかもです。麺は、柔らかめの中細ストレート麺で、麺との相性はまずます。

具は、パクチーのほかにネギ、大根。大根が入るのも特徴みたいです。またラー油をお好みで足すことができますが、これを入れると辛味も加わりいいアクセントになります。なお、本場の蘭州ラーメンは最初から辛い油が大量にかかっているのが多いとのことです。固形物完食後、スープも半分ほど頂き、中国での初ラー終了となりました。こちらはあちこちに支店があり、24時間営業ですので、中国行った際は気軽に食べられるお店かと思います。どうも御馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件