なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

poti

男性 - 神奈川県 (1986年生まれ)

学生時代の友人との二郎通いをきっかけにラーメンに目覚めました。現在は、濃厚系から清湯まで何でも食べます!レポの基本構成は、1段目:訪問時間やオーダー、2段目:スープ+麺、3段目:具となっています。冷やし系ラーメンは後で見返しやすくするために「冷やし中華」の区分にしてます。2019.3 越谷訪問によりラーメン二郎現営業店舗制覇

平均点 80.585点
最終レビュー日 2019年6月16日
1,622 788 3 18,665
レビュー 店舗 スキ いいね
このレビューは移転前のものです。

「汁なし200g+ネギ玉子アブラ 750+100円」@ラーメン荘 歴史を刻め 新栄の写真9.13(水)13:00 この日から岐阜へ出張。その途中必ず経由する名古屋で昼ラーです。外にある券売機にて汁なしの食券と気になったネギ玉子アブラの食券を購入。こちらは麺量を減らす場合は、券売機横にある洗濯ばさみを挟んで提出するだけなので分かりやすいです。洗濯ばさみの種類も豊富で200g、150g、100gなど好きなサイズを選択できます。私は200gを選択。少し外で待ったのち、空いた席へ。待つこと10分ほどでコールタイムとなりましたが、汁なしとラーメンを作り間違えたとのことで、さらに数分待ってからのコールタイムとなりました。ただ、店員さんの態度がとてもよかったので嫌な気持ちには全然ならずに待つことができ、ニンニクヤサイアブラをコールです。アブラは富士丸さん同様、別皿です。

タレは濃いめの醤油ダレに背脂等が合わさりコクがプラスされたもので、J系の汁なしに良くあるように、割とタレは多めに入っています。これに絡む麺は平打ちのもっちりした太麺で、弾力があって美味しい麺ですが、かなり混ぜにくいのでスーツだった私はすごく慎重に食べ進めました。ちゃんと混ぜないと下の濃いめのタレが絡まないので、最初大変ですが、しっかりとタレと具材が絡んでいくと、ジャンクで堪らない味わいに変化していきます。ベースのタレの豚のコクはそんなに強くはないですが、たっぷりの背脂が絡むことで物足りなさはなくなっていきます。特に、今回はネギ玉子アブラをオーダーし、さらにアブラコールしているのでアブラたっぷりだったため、より脂の効果が分かりました。

具は、豚4枚、フライドガーリック、モヤシ中心のヤサイ、刻みニンニク、ブラックペッパー。豚さんはおそらくオーダーミスあったから少しサービスかもです。いずれも柔らかくて美味しいですが、味は薄めなのでタレをたっぷり絡めて食べるのがおススメ。ヤサイはややクタ。刻みニンニクの相性はいうまでもないですね。もっとあってもよかったくらいです。ブラックペッパーはかなり多めに振りかけられており、支配的に。もう少し少なめにして自分で調整できると嬉しいかもです。

ネギ玉子アブラは、字の通り、ネギとアブラに生卵をかけて、混ぜてからラーメンに入れるアイテム。ラーメンに入れても合うでしょうが、やはりこれは汁なしのほうが相性はいいアイテムかと。この系列のアブラは味がしっかりとついて肉片も入っているので単体でおつまみにもなりそうですね。

固形物完食後、沈んだタレも少し頂きました。なかなか再訪できないエリアですが、ラーメンもいずれ食べてみたいです。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「岡崎八丁味噌の野菜らーめん 880円」@CAFETERIA 岡崎農場の写真2.27 14:40 名古屋へ行く途中の休憩で岡崎SAへ。こちらのSAは最近開通した新東名エリア内にあり、2月中旬にオープンしたばかり。そのためか、かなり混雑していました。フードコートもこの時間で席を探すのが大変なレベル。どうにか席を確保し、「CAFETERIA岡崎農場」さんの味噌ラーメンをオーダー。待つこと数分でベルが鳴り、受け取ります。

スープは八丁味噌を使用したやや濃厚な部類に入る味噌で、動物系はおそらく鶏がメインで、そこに魚介系の節も加わっている感じ。使用している味噌は、岡崎の「カクキュー」さんというところの八丁味噌とのことです。八丁味噌を使用しているので、普通の味噌ラーメンとは全然違った感じで、独特なコクと深みがあります。色合いはかなり濃そうな感じですが、鶏や節とのバランスがよく、食べやすい調和の取れた一杯に仕上がっています。あまりサービスエリアでのラーメン経験は多くないですが、こちらはその中ではトップクラスですね。麺は中太の玉子麺で、スープとの絡みは申し分なし。具は、キャベツ、ニンジン、ニラ、タマネギ、もやしなどのヤサイを炒めたものと糸唐辛子。野菜は量も多く、その場で炒めているので、スープにもしっかりと旨味が移ってます。野菜と麺を完食後、スープもほぼすべて完飲。やや喉は渇きましたが、SAでハイレベルなラーメンに出会えて大満足でした。どうも御馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件