なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

poti

男性 - 神奈川県 (1986年生まれ)

学生時代の友人との二郎通いをきっかけにラーメンに目覚めました。現在は、濃厚系から清湯まで何でも食べます!レポの基本構成は、1段目:訪問時間やオーダー、2段目:スープ+麺、3段目:具となっています。冷やし系ラーメンは後で見返しやすくするために「冷やし中華」の区分にしてます。2019.3 越谷訪問によりラーメン二郎現営業店舗制覇

平均点 80.707点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,709 827 3 20,390
レビュー 店舗 スキ いいね

「塩雲吞麺 880円」@上州地鶏ラーメン 翔鶴の写真9.7(土)17:40 青春18きっぷで埼玉から前橋まで移動し、前橋駅前の天然温泉でゆっくりしてからこちらをバスで訪問。本当はこちらからすぐの二郎系のお店狙いでしたが、同行した麺友さんのお腹に余裕がなかったので、もう一つの候補のこちらに変更です。先客10名、後客多数。帰るときには行列ができており、人気店なのが分かります。注文は口頭、後会計方式で、塩雲吞麺、唐揚げ、ハイボールをオーダーです。ハイボールで乾杯しながら待っていると麺、唐揚げの順で着丼です。

スープは地元群馬県産の「赤城鶏」を含めた宮崎県産地鶏「じとっこ」や茨城県の「奥久慈軍鶏」を使用したもので、鶏の旨味が程よく出ており、それを魚介がサポートしています。全力で鶏が押し寄せてくるわけではないですが、地鶏の出汁感は十分で、トータルのバランスがよくじんわりと美味しいスープです。麺は自家製の細麺ストレートで、コシがあり風味良く、スープとの絡みも良好。つなぎにも地鶏の玉子を使っているようです。

具は、チャーシュー、ワンタン、メンマ、海苔、ネギ。チャーシューは柔らかく、ワンタンは海老が入ったプリッとしたものが4個。餡は海老だけではなく、生姜の効いた肉も入っており、豪華ですね。皮もチュルンとしておりかなりレベルの高い雲吞かと思います。このワンタンが4個も入るのでボリューム的にも十分で満足度高いです。

こちらは地鶏ラーメン研究会出身のお店とのことで、どういう会かはよく分かってないですが、以前からこの研究会のお店に一度は行ってみたいと思っていたので訪問できてよかったです。唐揚げもしっとりと柔らかくジューシーで美味しかったです。どうもご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「秋刀魚中華そば 醤油 750円」@つけ麺 弥七の写真1.29 10:40 友人にドライブに誘われ、その代わりにラーメン連れてってくれとお願いし、館林の弥七さんを初訪問。実は群馬県でラーメン食べるの初でした。開店20分前に着き、外待ち2名に接続。外にメニューが貼られていたので、この段階でかなり迷いましたが、デフォで秋刀魚とは珍しいと秋刀魚中華そばを選択。定刻になり、中に入り、口頭でオーダーです。ちなみに、限定メニューの提供もあり、この日は煮干しそばがありましたが、限定に弱い私は珍しく負けませんでした(笑)

スープは秋刀魚節香る醤油清湯。秋刀魚を使ったラーメンはあまり経験ないですが、臭み等は皆無で魚のよい香りが程よく効いたあっさり仕様の一杯はホッとする美味しさです。一口飲んだ瞬間にアタリだ!ってなりました。カエシはやや甘味があるもので、このカエシと魚介の香りの相性がいい感じです。塩を食べてないので分かりませんが、この出汁なら醤油の方が合うような感じがします。表層には鶏油?が少し浮いており、出汁にも鶏が使われているかと思いますが、秋刀魚とカエシのハーモニーの支えになっている印象です。麺は細麺ストレートのパツパツ麺で、スープとの相性も良好です。

具は、チャーシュー、穂先メンマ、海苔、ネギ、タマネギ、カイワレ。チャーシューは脂身多めの柔らかいバラ肉で、厚みもあり美味しいです。穂先メンマは食感がよく、カイワレ、ネギ、タマネギもスープと相性よく、具材も丁寧に準備されている感じで好感が持てます。固形物完食後、当然スープもほぼ完飲。店員さんの接客もよく、帰り際の店主さんの元気な挨拶も心地よく雰囲気もいいお店でした。遠くてなかなか来れない立地ではありますが、機会があれば再訪したいと思います。どうも御馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件