なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

poti

男性 - 神奈川県 (1986年生まれ)

学生時代の友人との二郎通いをきっかけにラーメンに目覚めました。現在は、濃厚系から清湯まで何でも食べます!レポの基本構成は、1段目:訪問時間やオーダー、2段目:スープ+麺、3段目:具となっています。冷やし系ラーメンは後で見返しやすくするために「冷やし中華」の区分にしてます。2019.3 越谷訪問によりラーメン二郎現営業店舗制覇

平均点 80.706点
最終レビュー日 2019年10月12日
1,705 826 3 20,326
レビュー 店舗 スキ いいね
82

「ちゃんぽん 850円」@会楽園の写真9.12(木)13:00 長崎旅行の2日目に長崎の中華街へ。となれば当然お昼は本場のちゃんぽんです。お店がたくさんあり迷いましたが、直感で会楽園さんを訪問。江山楼さんは待ちが発生していましたが、それ以外は平日の影響もあってかどこもすぐ入れる状態で、すぐに席に座り、ちゃんぽん、トンポーロ、レモンサワーをオーダーです。そして、レモンサワーを飲みながら待っていると待つこと数分でちゃんぽん、トンポーロの順で着丼です。

スープは鶏と豚のブレンド白湯スープで鶏が7、豚が3とのこと。粘度はなくサラッとした動物スープに野菜と浅利などの海鮮の旨味が合わさり、サラッと飲みやすいながら旨味がしっかりと感じられます。塩分や油は少なく優しいスープなのですが、素材の旨味が出ていていくらでも飲めそうなスープに仕上がっています。麺は太めのストレート麺で、柔らかめの茹で加減。スープとの絡みはまずまずですが、様々な具と共に食べることで一体感が生まれます。

具は、モヤシ、キャベツ、キクラゲ、ニラなどの野菜、タコ、アサリ、ちくわ、かまぼこ、豚肉と具沢山。タコや浅利などの海鮮は風味がよく、特に浅利はたっぷりと入っており貢献度大。野菜はモヤシとキャベツが多めで、豚肉も小さめですが、複数入っており、野菜、肉、海鮮のすべてを味わうことができます。固形物完食後、スープもするっと完飲です。

なお、トンポーロは1個からオーダー可能で2人でシェア。そのまま食べても美味しいトロトロの豚の角煮を蒸し饅頭に挟んで食べるスタイルで、こちらもおススメです。本場の長崎ちゃんぽんを食べることができて大満足。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件