なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

poti

男性 - 神奈川県 (1986年生まれ)

学生時代の友人との二郎通いをきっかけにラーメンに目覚めました。現在は、濃厚系から清湯まで何でも食べます!レポの基本構成は、1段目:訪問時間やオーダー、2段目:スープ+麺、3段目:具となっています。冷やし系ラーメンは後で見返しやすくするために「冷やし中華」の区分にしてます。2019.3 越谷訪問によりラーメン二郎現営業店舗制覇

平均点 80.700点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,708 827 3 20,384
レビュー 店舗 スキ いいね
77

「つけ麺 800円」@麺屋空間の写真5.31 11:40 本日は奈良へ出張で、用の前に昼食。こちらの近鉄富雄駅近くのラーメン屋をリサーチして、何軒かチェックしていたのですが、その店がどちらも20人くらいの並びができていて、時間がなく断念。というわけで目に付いたこちらを訪問してみました。先客4名、後客2名で、券売機はなく、口頭で注文。この日は異常に暑かったので、油そばかつけ麺気分になり、昼夜限定10食のつけ麺を注文。待つこと6分ほどで着丼です。

つけ汁は魚介の香り豊かな、ややとろみのある豚骨魚介。某サイトのコメントでは、豚骨が効いている的なことを書いてありましたが、豚骨はそこまで主張は強くはなく、鶏のダシも結構感じる気がします。塩分濃度はかなり高めで、アブラは油層、背脂ともにそこそこ多め。しかし、濃厚またおま系のように、こってりした感じではなく、あっさりと食べやすい感じに仕上がっています。特にこの日は暑かったので、こういう一杯がちょうど良いです。麺は、中細のウェーブがかった加水率高めのもので、つけ汁への絡みは良好。北海道産の小麦を使ったこだわりの麺とのことですが、つけ麺にはもう少し太めの麺のほうがいい気もします。具はつけ汁内にチャーシューとメンマと思いきやタケノコそのもの。チャーシューは甘めの味付けがされている柔らかいものが2切れ+ブロック状のものも1切れ。タケノコはメンマのようなサイズですが、タケノコをそのまま煮たもので、コリコリとした食感が楽しめます。そして、麺のほうにはレモン。途中でつけ汁内に絞ってくださいとのことでしたので、途中でつけ汁に投入。レモンを入れることでさっぱりすると共に、酸味により魚介の風味が際立つようになり美味しくなりました。最後は、スープ割りをと思いましたが、味を確認しようとつけ汁を飲んでいたら、ほぼなくなってしまったので、結局そのまま飲み干しました(笑)

目的のお店には行けませんでしたが、いわゆるまたおま系とは一線を画した豚魚つけ麺に出会えたので満足です。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件