なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.798点
最終レビュー日 2019年10月22日
2,430 1,286 3 7,342
レビュー 店舗 スキ いいね

「ざる排骨麺+野菜」@万世 パーコーメン 有楽町店の写真何を食べに来たのかと言えば、勿論排骨。そのまま食べても、スープに浸しても確実に旨い。二度揚げでサクサク、肉厚で豚の肉汁ごと噛み締められる。
鶏や豚のガラスープは、あっさりながらも旨味が充実、つけ麺のため醤油だれを少々強めに効かせながら、酢で酸味が加わる事でコク深さが醸されている。麺や排骨に黒胡椒を塗して食べると、一層だしの旨味が引き立つはずだ。
ストレート太麺は、爽やかかつ鮮烈に、小麦の芳醇な甘い香りが感じられる。食感には癖がなく、お陰様で排骨や茹で野菜と一緒に頬張る事で、具材の魅力を一切邪魔せず、同時にスープの風味も拾い上げ、渾然一体を演出する。
支払額は1,000円オーバーだが、質量共に満足感は圧倒的な逸品。もう20年以上前から愛食している野菜排骨は、ざるで食べても一切その輝きが衰えない。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌つけ麺」@らーめん 黒兵衛の写真商品名は味噌だが、敢えて担々麺のカテゴリに含める。確かに味噌もしっかり入り、ゲンコツベースのスープにジャンクな熟成感を吹き込むが、その支配者は間違いなく自家製の麻辣感、最初から最後まで麻辣が味覚を魅了し続ける。
味噌の風味も元気だ。にんにく、生姜、揚げ葱など、香味鮮烈な素材を贅沢に使用、胡麻の甘さも立っており、辣一辺倒の展開を全力で防いでくれる。
中太麺は、恐らくいつもの奴だろう。コシがほど良く残る、素朴な香りが颯爽と鼻先へと抜ける。目立ちたがり屋さんではないため、スープの個性を余さず預かってくれる品質は大変頼もしい。量はつけ麺的には若干少なめだ。
具が寂しいので、スタッフズなどで補完するのが良いだろう。接客は投げやりかと思いきや丁寧な場合もあり翻弄されるが、まあ昔からそういうお店だ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「肉野菜つけ麺(中盛)」@つけめん でんまる 飯田橋店の写真伝丸最大の魅力は、セントラルキッチンの調理を高品質で維持し、店頭での劣化要素を出来る限り排除する努力をしている点だ。店内での最終調理者は、手順の徹底でその品質維持に注力する。簡単そうで難しい、企業努力の賜物だ。
甘辛で鰹の効いた醤油スープ。野菜や豚バラ肉の旨味もスープに詰まっているため、その味は複雑で単調さとは無縁。昆布を下地とした、野菜鍋のような一体感。その汁が絡む野菜は品目、物量とも潤沢、価格以上の贅沢さを感じる。
もちもちとした歯触りの太麺は、腰に弾力があり喉越しは滑らか、香り穏かでスープの風味と大変相性が良い。麺だけで食べても、素朴な小麦の甘みが頬を緩ませる品質だが、たっぷりスープに絡め、野菜と一緒に頬張りたい。
あっさり味で栄養面のバランスも良く、暑さでへばった時に最適な逸品だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

「つけめん風+味付玉子+海苔」@赤坂味一 亀戸店の写真珍しく断言すると、麺が旨いので成立するメニューだ。この中麺は、冷やして〆ても旨い。小麦の甘みがスッと抜ける感覚。〆る事で歯切れの潔さに一層磨きが掛かり、香りの抜けと絶妙にフィット。互いの協奏に狂いがない。
これだけ個性的な麺にも拘らず、余計な自己主張が殆どないのが素晴らしい。硬めの食感ながら喉越しも良く、束の張力でスープを然りと巻き上げる。
スープは甘みの効いた、塩味強めの醤油味。豚がらを下地に、煮干の旨味がぎっしり詰まっている。昨今エグさまでも旨味と言い切るストロング系の煮干が持て囃されているが、丁寧に旨味を煮出すのがだしの極意、基本はコレだ。
麺とスープの渾然一体は、たっぷり浸しでもちょい漬けでも容易に実現。スープ割もある模様だが、そのまま飲んでもOKな濃度、夏の定番になりそうだ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 10件

「もりつけ麺(中)+味付玉子」@ハッスルラーメンホンマ 亀戸本店の写真ハッスルしたい気分の時は、迷わずこの看板を目指すのが亀戸の仕来たりだが、その際何を食べるかでハッスル度が相当に変わって来る。もう10年以上前に食べて以来スルーし続けているつけ麺シリーズ、大変久しぶりの再会だ。
随分古くから採用している浅草開化楼のもちもち縮れ極太麺、腰が強く食べ応えがあり、甘さの膨らみも豊かで、食べていて楽しい。しかし、スープ粘度が低めで絡みがイマイチなのは往年来の懸案事項、未だ解決の糸口は遠い。
そのスープは豚骨魚介。自慢のとんこくスープをベースに魚介だしをブレンドし、節粉で風味を強化する。スープ単体だと高品質で、バランスは絶妙だ。
昔ほどグダグダ感はないが、麺とスープの相乗効果は皆無。ラーメンと比較してウリが見当たらない印象ながら、カレーやハバネロも近日再食してみたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 18件

「つけ麺(ヤサイニンニクアブラ)」@ラーメン二郎 亀戸店の写真キレッキレな醤油が立ったスープの表面には、液体背油が重層的に膜を作る。Show me your way, J.BOY。豚骨、背脂、バラ肉などから得る、豚のダイナミズムを全て詰め込んだかのようなスープは健在、本能が旨いと痺れている。
ニンニクを満遍なく行き渡らせスープを更に暴力的に仕上げれば、後は貪り食うのみだ。乳化は全くしていないが、ヤサイの間に挟まる二郎のスープ。シャキシャキとした食感とヤサイの甘みと共に、二郎をそのまま頬張る感覚。
きっちり〆られた太麺は腰が強く歯応え抜群で、そのまま食べると濃密な小麦の風味が爆発的に広がる驚嘆の品質。しかし、丁寧に〆た結果湯温の低下が早く、液体背油ばかりが目立つため、時間に比例し味全体がぼやけてしまう。
バランスは難しい。よもや、ロクに麺を〆ないほうが旨いのかも知れない。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 30件

「もりそば+チャーシュー」@中華そば マルナカの写真あっさり醤油、猛暑にもさっぱりと食べられるつけ麺が食べたい。そんなニーズに満額回答が得たい場合、この暖簾に足を伸ばせばいい。
ベースは鶏がら。醤油だれはラーメンよりも強めに効かせ、風味の起伏は申し分ない。仄かな酸味が爽やかに味覚へアクセスする事で食欲を増幅させ、白い調味料の全面支援も相まって、胡椒やフライドガーリックが抜群に合う。
縮れた中太麺を硬めに茹で上げ、冷水でサッと締める。かなり硬めでモチモチを超越しており、小麦の香りや甘みよりも、食感重点なのは残念だ。
チャーシューは肩ロース。スープと同様、年々仕上り劣化が禿しい印象で、サイズ、肉質ともひと昔前の面影は既にない。特にスープの脆弱さは大変悲しく、そろそろ値上げして品質の回復に踏み出す決断をしていただけまいか。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 16件

「つけ麺+味玉(野菜多めニンニク脂)」@らーめん大 平井店の写真旨い、只々、旨い。スープの軸は豚がらと背脂、そこに加わる仄かに甘味のある濃口の醤油だれ。例の調味料もふんだんに使われており、豚の旨味が爆発的に膨らんでいる。熱々での提供、温度の維持は食事終局まで確約されている。
〆る事で、極太麺の歯応えは更なる強靭さを手に入れる。腰が逞しく、小麦の甘い香りが爆発的に鼻先へと抜ける。塩味の強いこってりスープと、ダイナミズムを感じる麺のコラボレーション。茹で前200gと物量も申し分ない。
キャベツが多めの茹で野菜。モヤシも含め食感が活きた絶妙な茹で加減で、背脂とニンニクを絡ませながら、スープに泳がせて思い切り頬張る。麺なしでコレを延々食べ続けても良いくらい癖になる。濃い味な豚との相性も抜群だ。
魚介や酸味、甘味はなし。塩味と脂にひたすら豚、ハマってしまいそうだ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚味玉つけ麺(大)」@松戸富田麺業の写真麺。この商品の主役は、間違いなく麺だ。正直、大盛は少し多いかと思ったが、極太麺の艶(つや)やかでしなやかなフォルム、これを見れば判断が正しかったと確信出来る。手応えのある重量感、口内にどっしり収まる迫力。
思いのほか、腰に逞しさがない点も見逃せない。滑らかな喉越しに自然と箸が躍動するものだが、落ち着いて欲しい、甘さ芳醇な香りの抜けも楽しもう。
煮干にフロントを託しながらも、豚骨と鶏がらによる奥行き深いコクは力強く、切れ味が一閃する魚介の旨味も所狭しと風味の賑わいを演出。スープの一体感も申し分ない。柚子皮が多めに散らされ、慣熟から来る倦怠とも無縁だ。
麺主導の設計ゆえ、スープとのバランスに左右されない満足度が光る逸品。粘度の割りに重くないため、少し多いかな?と思っても食べきれそうだ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件
100

「味玉つけ麺」@麺屋吉左右の写真久々に食べたつけ麺、何とも衝撃的だ。ラーメンを食べた際に「変わったな」と思っていた太麺。これが、完全主観で陳腐な言葉だが「異常に旨い」。
爽やかで芳醇、小麦の力強く品のある香り。何も付けずに、全量食べ切る事も難しくない品質。麺としての完成度は、ある種ほぼ限界に到達している。しなやかで、滞りのない喉越し。風味は柔和、量に反して重量感を感じない。
つけ麺は、スープへの漬け方を食べ手に委ねるため、印象一致が難しい品物だが、絡める量に左右されず、麺の颯爽とした息吹が常に食事を支配する。
濃厚豚骨魚介のスープ。油や調味よりだしのバランス、潤沢な旨味の重ね味が複雑に舌先を賑わせ、起伏溢れる風味が心を揺らす。スープ割りで魅せる穏やかな後味。鬼気迫る驚嘆の領域、懸命な作り手の人柄が溢れた逸品だ。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 48件