なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO@とんこつ月間

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.810点
最終レビュー日 2019年6月17日
2,327 1,243 3 6,611
レビュー 店舗 スキ いいね

「ごっつカレーラーメン(薬味ネギ多め)」@超ごってり麺 ごっつ 亀戸本店の写真ギタと言った記憶はないが、背脂が多過ぎて既にスープの体裁を失いつつある汁。その脂とカレーが一体化する事で、つけ麺に採用しても問題ないレベルのドロドロ具合、スパイス感も侮れないが、主賓は背脂の強烈な甘みだ。
この重量感しか感じない汁ゆえに、薬味ネギの大盛分が別皿提供されたとすると、それは極めて誠実な配膳方法。ネギは直ちにカレーと背脂に惨敗し、行方不明に陥る。一気にマージすると、最後まで背脂との戦いになる。
太麺はもちもちした食感で…等と記載したいところだが、麺を含め、他の具材について記憶を辿るのは難しい。モヤシ、メンマ、ほぐしチャーシューらがスタメンだが、至極無念、背脂とスパイスに飲み込まれ実質不在の状況。
一応割りスープをオーダー可能なため、早い段階で判断するが吉だろう。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 5件

「半熟味玉サバカレーつけ麺(中盛)」@つけ麺 一燈の写真自宅では、決して作れない味だ。どっしりとした、液体である事を半ば放棄した特濃カレー。日本のカレー宜しく甘みも携えた口当たりながら、スパイスを存分に効かせ味覚嗅覚へ直接アクセスする後引く味。そして意外と辛い。
底力の正体は、だしの旨味による奥行きの深さだろう。サバカレーを名乗る以上、鯖節を軸とした魚介だしの風味もタフな脂っこさの陰から存在感を示す事を忘れない。時折加わる、赤唐辛子ダイレクトな辛味の刺激が癖になる。
極太麺の歯応えは力強く、顎関節のトレーニングには最適だ。そんな重量感を以ってしても、載せて沈む事がないカレーのタフな質量。浸け過ぎによる過剰な絡みが自ずと防がれるため、カレー三昧に陥る事はあり得ない。
琴線を揺さぶる食事の最後は、スープ割で後味リフレッシュも忘れずに、だ。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「手仕込とんかつカレーらーめん」@麺屋ここいち うまこくカレーらーめん 秋葉原店の写真ココイチの味が好きな人には、絶対の自信を以っておススメ出来る看板だ。
ココイチのカレーと言えば、濃厚にライスへ絡む印象を拭うのは難しいかもしれない。その矜持をそのまま持ち込んだ、スパイスの効いた決定力のあるカレー味。しかし、豚スープとのバランスが絶妙に図られ、カレーに傾注する事はない。
カレーの持ち味である油脂によるこってり感も控えめ(普通に考えれば多め)で、口当たりに余り重さが感じられない。もやしとの相性が良く、量は少ないがアクセントとなる挽肉の旨味が相乗効果を醸し出し、スパイスの刺激と一体感が捗って行く。
カレーの過剰粘着を阻み、その存在に押し切られる事を防ぐためか。中太麺の選定が心憎い。モチモチ感。ジューシーな揚げたてとんかつ。衣の油がスープに溶け込み、延々と続く渾然一体。深く考える必要はない、本能に任せ、箸を動かそう。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーつけめん」@柏龍の写真街中華の風体を保ちながらも、実に見事なつけ麺の完成度に心惹かれて仕方がないが、その秘訣は間違いなく縮れ中太麺の品質だろう。プリプリとした歯触り。こしに絶妙な粘りと、アルデンテ気味な潔い芯の歯切れ良さ。
そして、朴訥な甘さ。香りの漂いは奥ゆかしさに富み、その清涼感は底が知れない。この麺があるからこそ、スープの味付けに捉われぬメニューが成立するのだろう。
相棒は、カレースープ。挽肉の入ったスープはほど良いスパイスの刺激と香りを保ちながらも、辛味を意識する一歩手前で手綱を緩めている印象だ。サラッとした液状ゆえに、麺を十分に泳がせながら食べても、スープ主体に陥る事はない。
野菜や和風だしの旨味もあり、味の広がりは大変頼もしい。啜れば抜けるスパイス感。カレーの残り香にも抜かりはなし。後味も良く、癖になる一杯だ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「カレーラーメン」@天龍の写真天龍の醤油ラーメン。鶏や豚のガラスープが、惜しみない量で提供される。昔ながらの味と思わせながらも、何故か古臭さを感じない。回帰的、古典的。しかしながら先鋭的なエッセンスも感じられる。これが、飽きの来ない味の要因だろうか。
予想通りと言うべきか、そんな醤油ラーメンからチャーシューやメンマが姿を消し、牛スジの旨味が濃厚な特製カレーが掛けられた一杯。スープが圧倒的分量ゆえに、カレー尽くしにならず、バランスが保たれている印象だ。
カレーの香りと刺激を楽しみながらも、全体的に漂うあっさり感。ストレート中細麺が張力でスープを掴むため、カレーが強過ぎると全てがカレーに支配されてしまうかも知れない。盛りが貧相ではあるが、熟慮の結果なのかも知れない。
初訪での注文は一切勧めないが、心落ち着く一杯なのは間違いない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 20件

「カレーつけ麺(大)+味玉」@徳川膳武の写真余計な物が一切無い店頭、店内。殺風景ながらも清掃が行き届き、居心地に妙な緊張感が走っている。寡黙かつ二枚目な若い店主の佇まいが武士っぽく感じるのは、店名の先入観だろうか。いざ尋常に勝負、と言った雰囲気を勝手に感じてしまった。
まず驚くのは、極太麺の存在感だ。食感は剛質にして逞しく、啜ると言う食法を早急に諦める。そして驚く独特の風味。焙煎麦芽入りの謳い文句通り、他で味わえぬ力強い香ばしさと甘味。とにかく麦。強烈に麦。爽やかな香りの漂い。
豚骨魚介、カレー風味。そんな印象のスープを少し絡める。もっと漬ける。次第に強まる和風カレー感。舞台袖から魚介と豚骨が去り、後は徐々に強まるスパイスとの一騎打ちだ。気付けば和風も去り、総力懸けたスパイス軍との衝突か…と、思いきや。
辛味に慣れた頃合、颯爽と戦場に舞い戻った麺氏。繰り返す果敢な突撃。麺、凄い。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーメン」@中華料理 嵐山の写真カレーとラーメン何れを食べるべきかと苦悩するのは、諸兄にとって日常の課題となり得る懸案事項と推測するが、自分もまた相似する立場にある。
飲酒後に出会う当店の醤油ラーメンがプライスレスな存在である事は熟知しているが、カレーメンの頼もしさはその轍を踏み外さない。普通の醤油ラーメンからチャーシュー、ワカメを抜いて、その代わりに自家製のカレールーを豪快に盛り付ける。
具沢山。ゴロゴロと転がる豚肉、人参、玉葱などが気持ち家庭料理の風体を醸すものの、その実は大衆中華店ならではの、スパイシーな餡かけと言った構成だ。甘みもあり、小麦粉でとろみが付いたルーとスープが一体化すれば、後は無心の時間となる。
中麺は朴訥平凡ながらも、かなり硬めの茹で上げであり、芯のアルデンテがこしの粘りを演出。硬めのため伸び難く、絡むカレーとの相性は、語るに及ばない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 40件

「カレーラーメン+味玉」@中華蕎麦 りんすず食堂の写真鶏天がデカ過ぎるため、食量限界と相談の上で鶏天抜き750円の現金支払いを断行。余程の混雑でなければ、笑顔でお請けいただけるはずだ。
数年前まで存在していたカレー南蛮とは、全く異なるビジュアル。数種類のスパイスをブレンドしたマサラの刺激的な風味が胃腸の奥底に蹴りを叩き込み、食欲が無制限に膨張する。スープをひと口。蕎麦屋とインド料理店とラーメン店が、今ここに集う。
まずは、マサラ。これ自体は完全にインドの体裁だ。元のだしは鰹、昆布、椎茸などの和風だし(蕎麦)とあっさり濃厚な鶏スープ。三位一体となった時の姿から推察するに、店主はこれをラーメンの範疇に収める気が全くないようだ。
肌白のやや波打った中細麺。粘りのあるコシを楽しむたびに、スープの美味しさが鼻先を巡回。焦がし葱の甘みと香ばしさが脇を固め、大変隙のない仕上がりだ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 12件
このレビューは移転前のものです。

「ごっつカレーラーメン(背脂普通、中辛、薬味ネギ大盛)」@超ごってり麺 ごっつの写真ごっつカレーラーメン。白いプルプルした悪魔と、カレーの組み合わせ。
登場した油面のインパクト。最早何が何だか分からない感じの褐色に、緑の葱山が一際異彩を放っている。ひと口スープを啜ってみると、背脂とカレーは完璧なまでに一体化しており、こってり重量感のあるスパイシーな液状体が完成されていた。
太麺に絡み付く。いや、違う。太麺に纏わり付いて離れない、背脂の甘みが程よく効いたドロドロなスパイス感。脂っこく刺激的な香りは食欲を掻き立てながらも、確実に胃袋へとダメージを蓄積する。とても重い。大盛とライス無料って何だろう。
チャーシューはほぐし状態なので、麺やもやし、ネギ、メンマらと共に大変頬張り易い形状となっている。客目線での配膳を徹底する店の姿勢はありがたいが、このボリューム感は完全に大食漢への挑戦状。食量限度と相談し、分量を決断したい。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 7件

「キーマカレーラーメン」@ラーメン仮面 55(PAHAPAHA)の写真これは、ラーメンと呼ぶべきか。本格スパイス料理と捉えるべきなのか。キーマ(=挽肉)カレー。挽肉とスパイスが奏でる調和が耳障りになる理由はない。
旨味の深いチキンブイヨンは、注文が入ってからスパイスを調合し加熱される。そのため香気が舞うように広がる反面、刺激はダイレクトに味覚へアクセスして来る。決して強烈ではないが、身体の芯に訴え掛ける熱気に絆(ほだ)されてしまった。
特筆すべきは、ミニトマトの甘みと酸味の存在感だろう。更には胡瓜や(福岡では珍しい)白髪葱を使う事で、一辺倒の風味に偏る事を防いでいる。ストレート中麺は粘りのあるコシが特徴的なため、特に胡瓜の食感で空気が一変するように感じられた。
スープが大変濃厚なため、(汁跳ね警戒を怠らず)麺を思い切り啜り込むたびにグングン水位が減って行く。胃袋に余裕があれば、追加注文はライスで決まりだろう。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件