なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.799点
最終レビュー日 2019年10月18日
2,427 1,286 3 7,329
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌タンメン」@濃厚タンメン かめしげの写真これだった、これがベストだった。私的琴線を禿しく揺さぶる味の設計。
味を支配するのは、亀戸が誇る老舗、佐野味噌謹製の味噌だねだ。赤味噌特有の深い風味と熟成感が、塩味と鬩ぎ合う。発酵食品ならではの旨味の強さ。そこに唐辛子、ニンニク、生姜などの香味が参戦、ジャンク感を醸成する。
スープは「あっさり」を採用しているが、味噌に寄り切られない懐深さがある。そこに炒め野菜の旨味が封じられた油が余さず馴染み渾然一体を果たす事で、食欲刺激の圧力は抗い難いものにある。生姜は、別皿でいただこう。
縮れ平太麺は張りのある食感で腰もあり、何より喉越しの滑らかさが素晴らしい。スープが絡み過ぎない麺の選定から、味の設計力とセンスが垣間見える。大量の野菜は品目豊富、麺と頬張り食感と味の協奏を楽しもう。ああ、旨い。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「みそネギチャーシューメン+ネギ+味玉」@麺屋てつの写真ネギは、ダブル。下処理が施されているためガンギマりはしないが、ネギ臭さや酸味辛味は最低限残されているため、しっかりキマる。これよ、これ。
円やかで口当たりが良いあっさり豚骨、仄かな背脂で豚骨の力強さをドーピング。味噌だねは赤味噌が強めで熟成感があり、甘辛のバランスが素晴らしい。味の好みは千差万別だが、この味噌スープは私的琴線が揺れ杉で大変困る。
味噌と豚骨の渾然一体、味濃いめに陥らぬ絶妙な線。ここにストレート中麺が張りのある歯応えでアプローチする事で、高次元のシナジーが味覚を支配。湯熱でクタったネギの甘みや食感との三位一体が、器への集中を加速させる。
脂身の少ない肩ロースチャーシューは、適度な歯応えと肉感の強さで食べ応えを演出。凝った要素は皆無だが、質実剛健な仕事の成果が克明に感じられた。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「コクうま味噌らーめん+味付玉子」@らーめん酒房 GOCHIの写真メニュー名に「コク」を冠するだけに、相応のコクを期待してしまったが、コクは左程なく寧ろあっさり寄りの味噌ラーメン。何故「コクうま」と付けてしまったのか、「おいしい味噌ラーメン」とかなら70点くらいの印象なのに。
閑話休題、癖のないガラスープに、ラーメンらしい下世話さ十分な、ニンニク、生姜、唐辛子などの香味成分が惜しみなく入った味噌だねを混ぜ合わせたスープ。甘味と辛味の塩梅が良く、オフィスビル内の立地に最適な万能型だ。
これを受け止める縮れ中麺は、少々芯にモサッとした歯応えが残る。ステレオタイプな札幌ラーメン用に思えるが、適度にスープが絡みシナジーを発揮。香りの膨らみが良く、見た目以上にボリュームもある。食べ応え十分だ。
味玉入り1,000円と場所柄少々お高めだが、安心して足を運べる暖簾だろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つなスペ味噌ラーメン」@らぁ麺屋 つなぎの写真最初から最後まで、香味野菜の風味が支配的と言う予想外のシナリオ。見た目に反し、どっしりとした印象を抱く瞬間は訪れない。珍しいタイプの味噌だ。
しかし、ベーススープの迫力不足は否めないため、味噌のまろみ、深み、塩味を軸足に、油で重厚さを強調するデザインになっているため、起伏が少なく味にすぐ慣れてしまう。最終的に、後味のニンニクばかりが目立ってしまった。
もちもち感のある歯応えの太麺には腰が適度に残り、芳醇に甘い香りが広がって行く。存在感のある麺なので、中盤以降は麺依存で食事が進む。もやしはスープと一緒だと浮いてしまうが、麺と一緒に頬張れば一体感が醸された。
店主は客一人一人を見ながら丁寧に対応、穏やかな情熱が感じられる。翌日は周年メニューの営業だった模様で、活気溢れる雰囲気がイメージ出来た。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン」@中華料理 ふくやの写真ラードでバシッと焼いたもやしと玉葱。味噌も一緒に焼いているのだろう。そこにスープを注ぎ込み煮込むことで、渾然一体が加速し油分と水分の乳化が果たされる。具に肉類は一切存在しないが、動物的なワイルドさもここに居る。
濃厚な味噌の熟成感。塩味と甘味のバランスが良く、生姜やニンニク、唐辛子などの薬味も確かな存在感を示している。野菜の旨味が自然な優しさを醸しており、それが味噌の下世話さを柔和しているのかも知れない。
熱々スープだが心配無用、中細麺は簡単には伸びない。自己主張の少ない麺なので、味の主体は常に味噌。絡むスープ、素朴に抜ける小麦の甘い香り。バランスの良い仕上がりに緩む頬、額に汗拭い箸の動きが加速する。
巧さが光るラードの使い方に、次回訪問時は炒飯を注文すべしと決意した。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「味噌ラーメン+味玉(ヤサイニンニクアブラ)」@ジャンクガレッジ 森下店の写真綺麗な野菜の高峰に惚れ惚れするも束の間、脂と共に頬張れば、その茹で加減や湯切りの確かさに思わず頬が緩む事だろう。スープを掛けながら食べるも良し、麺と共に頬張るも良し。シャキシャキと瑞々しい食感が堪らない。
豚も柔らかく肉汁が感じられる仕上がりで、味のデザインと調理技術に隙がない事を確信出来る。平打ち太麺も勿論ボリューム満点で、粘り腰のある歯応えと素朴で真っ直ぐな小麦の甘みが、遠慮知らずに琴線を揺らし続ける。
そして、スープ。多量の豚骨と鶏モミジを丁寧に煮込み、高い粘度に旨味を詰められるだけ詰め込んだような、ぶ厚い迫力に満ち溢れた仕上がりだ。自然な甘みが醸されており、塩味濃いめな赤白ブレンド味噌との相性は磐石だ。
豪快な外観だが、緻密な計算に基いた一杯。臆さずニンニクも入れておこう。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌味玉子らーめん(薬味ネギ多め)+割りスープ」@こってりらーめん なりたけ TOKYOの写真味と言うか塩味が劇的に濃い事は分かっているが、何故これほどに塩味が強烈でも、不思議とバランスが良く感じるのか(※主観です)。それは、麹が多めで粒子まで残っている、芳醇な味噌の香りが鼻先を賑わせるためだ。
中華鍋で豚がらスープと一緒に味噌を馴染ませ、土砂降りの背脂が渾然一体を目指し大量に合流を果たす。脂と麹の甘さと交わる事で、塩味の尖りを錯覚化させる邪悪な構成。割りスープで薄めれば、旨味もしっかり感じられる。
もちもちした歯応えが魅力を放つ太麺。どっしり背脂にも負けぬ力強さを求めて採用された麺なので、小麦の香りが芳醇で、鼻先への抜けも申し分ない。
その昔は、弁慶に劣らぬ重量感を誇った暖簾と記憶しているが、年々ボリュームダウンが否めない点は残念だ。価格維持のため、やむを得ないのだろう。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 5件

「熟成味噌+味玉」@麺屋 ふぅふぅ亭の写真このコク深さ、実に濃厚な味噌の熟成感。仄かな甘さと、ピリッと舌先を刺激する辛味。札幌ラーメンの味噌のように、生姜、にんにく、唐辛子などがブレンドされており、程良い塩味で風味旨味が増幅され、蓮華が止まらない。
合わせる縮れ中麺は、がっしりとした歯応えで、アルデンテな茹で加減。西山の玉子麺のような品質、このスープにこれ以上合う麺はイメージできない。
野菜も潤沢、ラードでパリッと焼いてから、スープと軽く合わせて馴染ませるのだろう。ひと口目から渾然一体は完成の域だが、食事進捗に比例して味の複雑さが加速して行く様は大変面白く、食べ応えの良さに直結する。
驚くべきは終盤、固形物の残量が寂しくなったタイミング。全ての旨味がスクラムを組み、味覚嗅覚へ迫り来る迫力。「熟成味噌」の名に偽りない一杯だ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「ハッスルうま辛味噌野菜ラーメン+味玉(固ゆで)」@ハッスルラーメンホンマ 亀戸本店の写真二郎の大行列を尻目に、目指す場所は勿論ここだ。入店前から既にハッスル、大量に余っている味玉クーポンのビラを握り締め、店内へと侵入を果たす。
ニンニク、生姜、唐辛子、胡麻油などで風味と旨味を強調したブレンド味噌に、旨辛だれを更に追加。ベースとなるゲンコツ中心の豚骨スープは円やかでコク深く、背脂が馴染む事で厚みのある口当たりが大変魅力的だ。
ストレート中太麺の素朴な甘い香り。歯応えは粘り腰に優れ、芳醇な香りが食欲を徹底的に煽る。スープとの相性は抜群、ひと口頬張る毎にハッスルして行く自分に気付く。麺とスープだけで完成された一杯、調味も具も自由自在。
と、いう事で、茹で野菜は300gオーバーの山盛ながら、ラーメンの骨子を一切邪魔しない。キャベツ、もやし、人参、玉葱、ネギ、コーン…豊かな彩りだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 18件

「味玉入り味噌らーめん」@つじ田 味噌の章 飯田橋店の写真熱々のラードが強烈に湯面で佇み、引き揚げる縮れ中麺へ遠慮なくスープを絡ませる。味噌は白を中心としたブレンドで、生姜やニンニクが全力で風味を支援、ラーメンらしい下世話さを醸しながら、味に起伏を与えている。
塩味強めなスープだが、円やかさと甘さも侮り難い。香りはラード、後味はニンニク。「パンチが効いた味」と称するに相応しい味の設計は、病み付きになる人も少なくないだろう。アルデンテな麺の粘り腰との相性も申し分ない。
とにかく多いのはチャーシューで、リッチな物量には頬が緩む。残念ながら玉葱の加熱に問題があり、酸味と臭みの残存と、緩めな歯応えは余り心地良いものではなかった。この存在感に、一杯に於ける一体感が奪われる。
とは言え、つじ田らしい対価相応の品物である事は事実。繁盛も、納得だ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件