なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.794点
最終レビュー日 2019年10月23日
2,431 1,286 3 7,345
レビュー 店舗 スキ いいね
75

「広島中華そば」@tomoruの写真太刀魚が調達上の都合で販売停止中ながら、こんな東京の舌に寄せる気ゼロな、魅力的なラーメンを代替品に据えているだなんて。広島の中華そば独特の甘味を立たせながらも、小鳥系で良くある特有の酸味は全く感じられない。
コク深いのに、すっきり感も兼備する。相反する要素を、自然体で表現する醤油豚骨。じっくり煮込んだ豚の旨味は重層的、余り油分に頼らない構成ゆえに味の離れは大変良好。小鳥系風な味の設計を、実直な仕込みで具現化する。
中細麺は粘り腰のある品質で、束の張力によりスープをたっぷり摑んでくれる。芳醇な小麦の香りは、スープの風味と肩を寄せ合い渾然一体感を実現。
粘りのある歯応えは、葱やもやしとの食感差と相性抜群。完成度の高いトラディショナルな仕上がりに、思わず頬が緩んでしまう。当然、完飲完食だ。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「豚骨SP」@横浜家系らーめん 春樹 青物横丁店の写真春樹でしょ?と、諦めに近い感情を胸に訪問したところ、予想を遥かに超越した旨さに驚嘆してしまった。暗愚の極み、何と失礼な思い込みだろうか。
臭みや癖が排他されたスープには、豚骨らしい力強さが適度に躍動。どっしり手応えのある口当たりで、コク深さも侮れない。鶏油が気持ち多めに感じられたが、豚の重量感を隠蔽して飲み口を軽快に、麺との繋ぎとしても機能する。
太麺はやや平打ちで、芯に逞しさの残っており、甘い香りの膨らみも良好だ。決して個性の強い麺ではないが、スープとの高い一体感が食事への集中を加速させる。海苔の等級は結構低めだが、却(かえ)って両者を邪魔しない。
ほうれん草は冷凍で青さがないため食べ易く、炙ったチャーシューは脂の臭みが飛び香ばしく魅力的だ。卓上の玉葱は入れ放題、適量を放り込もう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+味玉」@ホープ軒 千駄ヶ谷本店の写真臭っさ。このスープの臭さ、休日朝7時に提供される品物としては少々ご挨拶が過ぎる印象も否めないが、不思議とテンションは青天井。背脂もダイナミック、ワイルドに湯面を賑わす。荒ぶる豚の息吹、情熱的にして超タフ。
箸を手にする前に、幾度蓮華の往来を楽しんだ事か。葱の投入を失念する程に愛おしい。我に返り、葱とニンニク、黒胡椒を大量投入し更にコンディションを整える。最高だ、今日はもう誰とも会わない、いや、妻が家にいるか。
まあ良い、この茹で加減ベストな太麺の煌めきを見よ。眩い東日、建設中の新国立競技場をバックに臭いラーメンを貪り食う。当然、もやしも超旨い。
自宅からチャリで13km、20インチの折り畳みなのでそこそこ時間も掛かったが、疲労が吹き飛ぶ完璧な背脂豚骨醤油。いやあ、最高の朝食を堪能した。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 10件

「味玉中華そば」@金澤濃厚豚骨ラーメン 神仙 品達品川店の写真販売する品物には、名前と完成品の一致が不可欠だ。「濃厚豚骨」「福岡出身の店主」など口上は立派だが、このコクがないドロスープ、豚骨なのに鶏油頼みの口当たり、もう少し店舗の名称に忠実な商品を提供してくれまいか。
豚骨についての解説が壁面を席巻しているが、拳骨、背がら、豚頭の豚さんトリオよりも、鶏もみじが主役のスープ。もみじは確かに鶏がら、但し書きにも記載があり偽りではないが、豚さん主体を予見している客は大怪我必至だ。
そして何より塩辛い。このコラーゲン質を超越する塩味。ど豚骨との紹介も見受けられるが、福岡のど豚骨とは別物。細麺ゆえに絡みは大変劇的だ。
品達が高いのは承知の上だが、この品物に900円先払いは敗北感以外何も残らない。味だけなら50点だが、壁面の案内文を先に読んだのは失敗だった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「しょうゆ味玉ラーメン(薬味ネギ、メンマ多め)」@超ごってり麺 ごっつ 亀戸本店の写真店の命綱は背脂一本、ゲンコツスープではなく、脂だ。とにかく甘く重厚な背脂を食わす。脂に負けないよう、醤油だれは当然だが強め。それゆえに豚がらの風味も尖りを得て、舌先に刺さりやすくなり分かりやすい味が席巻する。
強引なバランスだ。しかし、脂少な目は少々味気ないのも事実、脂は減らすべきではないだろう。清涼感を得るために薬味葱を増したが、ここにも脂が纏わり付くため、結果脂をもりもり食べるシナリオが加速、メンマも同様だ。
太麺は甘い香りが強い中、もちもちとした腰が楽しめる。低加水麺のため、食後、徐々に胃の中で膨らむため要注意だ。中盛、大盛無料に加え、ライスも無料と炭水化物の大盤振る舞い。摂取した糖質と油分は、一体どう処理しよう。
黒胡椒とニンニクを多めに投じれば、更に味の悪劣化が加速。オススメだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「ラーメン+国産ほうれん草+のり」@まこと家の写真濃い。濃いにも程がある。それでいて素材から自然に出た脂と完璧に融合、乳化し旨味の塊が形成されている。ダイレクトに舌先を震わすワイルドな豚骨の咆哮、タフな野趣が直線的に鼻先へと駆け抜け、瞬時に魅了されてしまう。
塩味は強め、鶏油も決して控えめとは言い難い。しかし高圧で炊いた豚のダイナミズムは余りにも力強い。酒井製麺の幅広太麺は、粘り腰と滑らかな喉越しが際立つ最高の茹で加減で、ヘビー級のスープを余す事なく受け止める。
小麦の爽やかな甘味が鼻先で膨らみ、豚骨と塩味が疾風のように突き抜ける。繰り返されるシナジーは渾然一体へと昇華を遂げ、共に高品質なほうれん草と海苔による援護射撃により、更にその輝きが磨かれ眩さすら覚えてしまった。
ハウザーが熱烈に支持する都内家系の名店、その実力を心底思い知らされた。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン+味玉+のり」@横浜家系ラーメン 壱蔵家の写真店名から壱六系を予測したが、ウズラ不在に抱く不安。しかし、鶏がらとモミジが多めに配され、鶏の口当たりや味離れの良さ、とろみと甘味が強烈な仕上がりは、完璧な壱六系だ。超攻撃的な醤油だれの塩味、直線的に塩辛い。
鶏油の量も絶妙だが、ステージのフロントは常に塩味一本。家系で豚骨が完全に脇役は大変珍妙、ハウザーだけでなく一般層にも個性的に映る事だろう。
しかしそんなネガティヴな印象は、短尺の太麺を頬張った瞬間に一変する。芳醇に鼻先で膨らむ甘い香りは、最短距離で突き抜けるスープの塩味風味に蹂躙された味覚と嗅覚を優しく救済。粘り腰に優れた食感も、大変心地良い。
やもすると平坦さを覚える麺とスープの兼ね合いだけでは、少々心許ない印象だ。その香りと磯風の起伏を求め、海苔の追加は強く推奨、と言うか必須だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+味玉+のり」@杉田家の写真酒井製麺の幅広太麺。硬め軍団が立て続き、盛り付けは最後。故に麺は粘り腰を保ちながらもやや柔らかめ。しなやかさと喉越しの滑らかさは申し分ない。
やや軟、ハウザーが最も愛する茹で加減。理由はスープとの高度なシナジー、湯面を覆う鶏油を繋ぎに余さず絡み付くのは、豚骨独特の攻撃的な臭みや癖だ。繰り返されるタフな野趣の突撃を、麺が優しく柔らかに受け止める。
一体何時間、高温高圧で炊き続けるのだろう。一見大味だが、口当たりは柔らかい。起伏と呼ぶには少々破天荒なダイナミズムは、醤油だれにより旨味の集中が果たされ、味覚嗅覚へ一点集中の波状攻撃、我武者羅に食う他はない。
直系らしく、麺とスープの渾然一体には一切の隙がない。海苔やほうれん草と共に、一心不乱に頬張る時間。いつの間にか、器の中身は空になっていた。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「のりラーメン+味玉」@鹿島家 大森店の写真シャイな豚骨を、調味料と塩味でバックアップ。サラッとライトな口当たりでで面白みがなく感じるかも知れないし、舌先を鋭敏に働かせるコクもない。しかし、何故か全体的な纏まりは申し分なく、物足りなさを感じない設計だ。
スープに良くも悪くも癖がないため、麺と具の味がダイレクトに楽しめる。家系にしては長めの太麺は、もちもちした歯触りで腰があり、仄かに穏かに鼻先で膨らむ甘い香りに頬が緩む。控えめな性分ゆえ、スープとの相性は良好。
ランチ時ゆえ、葱は纏め切り置きで蒸れており残念な状態ながら、ほうれん草や海苔と頬張れば満足感は跳ね上がる。特に海苔、等級面では全くの安物だが、トータル的にチープな器の調和を全く乱さぬ品質、オススメの具材だ。
ハウザーに推したら激昂必至な一杯だろうが、案外悪くない暖簾だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+味付玉子+のり」@横浜家系ラーメン田中の写真中野武蔵家系統では最古参に近いが、街の嗜好を敏感に把握した結果、例の強烈な赤褐色と決別して久しい。しかしながら、濃厚を予感させる豚臭さだ。
舌先で感じる、逞しい豚のソリッドな旨味。それを強めの塩味でバックアップし陰陽如実な味に仕立てる事で、タフで手応えのある口当たりを実現。鶏油で離れの良い甘みを与える事で重厚感を隠蔽し、起伏の幅を念入りに広げる。
麺は当然、酒井製麺の幅広短尺な太麺だ。贅沢に鼻先で膨らむ甘い香りは、直進型のスープと大変相性が良い。張りのある歯応えから粘り腰、滑らかな喉越しに至るまで、この麺に合わせてスープを仕立てているとしか思えない。
チャーシューは格別、肉感漲る硬めの肩ロースで、肉を食う喜びが満喫出来る。ライス無料で量的にも盤石、近隣の男性客を中心に、来客は途切れない。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件