なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.798点
最終レビュー日 2019年10月16日
2,425 1,285 3 7,319
レビュー 店舗 スキ いいね
60

「味玉中華そば」@つけめん玉 品達店の写真紙エプロン必須。必ずだ、めちゃくちゃ跳ねる。知らないうちに跳ねる。
そんなスープは豚骨魚介のはずだが、鶏がベースなの?と感じるくらいのあっさり仕様。粘度が全くないため、軽快さすら感じる程だ。鯖や鰹、煮干の風味豊かで香りの抜けは実に華やか。切れの良さは、味の離れ良さに直結する。
幅広平太麺の食感が面白い。もちもちで、うどんのような腰もあり、歯応えは申し分ない。喉越しも滑らかで、小麦の香りの抜けに至るまでもがうどんに近い。量が相当多めなため、不惑オーバーのオサーンは大盛と誤認してしまった。
常に麺が主導権を握り続け、バランスが良いとはお世辞にも言えない。麺とスープのシナジーは貧弱、玉系列はラーメンを作るのも卓抜した印象だったのだが。智慧と技術の極みを尽くすプロセスは、一切感じられない一杯だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(並)+味玉」@大勝軒next 上野店の写真何がnextなのかは全く分からないが、東池袋大勝軒に期待する2大要素、もちもちの太麺と切れの良い魚介が効いた豚骨スープが余す事なく楽しめる。
スープは油が繋ぎになって成立しているため、豚骨、鶏がら、香味野菜と言ったベースは基い、鰹や鯖、煮干と言った各自食材の元気さは左程感じられないが、一体感は十分に醸されている。油に絡んだ強めの塩味が少々残念だ。
太麺は店で打っている訳ではなさそうだが、喉越しが良く、香りの膨らみに優れているため、スープが多少乱暴な設計でもお構いなしで受け止めてくれる。量も多めで、これぞ大勝軒と言った風体。食べ飽きる未来が見えない。
具材の輝きは全体的に鈍いが、そもそも東池袋大勝軒とは安価な素材を油と調味料で補いつつ、物量で魅了する暖簾だった。この味はある意味、忠実だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らーめん+チャーシュー」@麺屋吉左右の写真未だ晩夏の陽射しが眩ゆい中、街路樹の青葉は、確実に彩りを失っている。
最奥席、店内を鳥瞰出来るこの場所は、待ち時間に全く困らない。互いの仕事を観察しながら、積極的に相手の補助にも入って行く。細かな取り決めがあるのかも知れないが、呼吸の合った運営は個客目線の熟知あってのものだ。
溜飲不可避の茶褐色。蓮華を泳がせると、その仕上がりに大変驚かされた。豚、鶏、香味野菜、魚介、全てが渾然一体、どっしりしながらも口当たりは柔らか、香りの膨らみは繚乱にして際限がなく、風味の離れは実に潔い。
太麺がまた見事で、腰と喉越し良さは基い、鼻腔で膨らんだ芳醇な甘い香りが、迅疾を以って鼻先へ抜けて行く。スープもそうだが、休暇期間を経るとまた全てが美味しくなる、そんなサイクルが確立されているような気がする。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 48件

「特製中華そば」@中華そば 青葉 錦糸町店の写真どうしてしまったんだろうか。
スープの湯温は、本当に合ってるのだろうか。熱過ぎて魚介の香りが壊滅的に飛んでいる。豚骨のコクも脆弱、まさかセントラルで仕込んだ物を、高温で煮立てたりしていないとは思うが。旨味調味料バリバリな青葉、これは悲しい。
芸術的な薄さのチャーシュー。スライスの技術を披露するのは、別の機会にしていただけまいか。味玉は個体別々の掛け合わせで、黄身部分が少ない事。
救いはストレート中麺で、玉のまま適当にテボへ投下、箸でひと混ぜして放置とは思えぬ茹で加減の良さ。スープや具に見所がないため、張りのある歯触りと喉越しの良さ、素直に広がる甘い香りは余りに大切な蜘蛛の糸が如く。
店ごとに調理場の技量は異なる。栄枯盛衰の影を、深刻に感じる一杯だった。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「もりつけ麺(中)+味付玉子」@ハッスルラーメンホンマ 亀戸本店の写真ハッスルしたい気分の時は、迷わずこの看板を目指すのが亀戸の仕来たりだが、その際何を食べるかでハッスル度が相当に変わって来る。もう10年以上前に食べて以来スルーし続けているつけ麺シリーズ、大変久しぶりの再会だ。
随分古くから採用している浅草開化楼のもちもち縮れ極太麺、腰が強く食べ応えがあり、甘さの膨らみも豊かで、食べていて楽しい。しかし、スープ粘度が低めで絡みがイマイチなのは往年来の懸案事項、未だ解決の糸口は遠い。
そのスープは豚骨魚介。自慢のとんこくスープをベースに魚介だしをブレンドし、節粉で風味を強化する。スープ単体だと高品質で、バランスは絶妙だ。
昔ほどグダグダ感はないが、麺とスープの相乗効果は皆無。ラーメンと比較してウリが見当たらない印象ながら、カレーやハバネロも近日再食してみたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 18件

「味玉らーめん+チャーシュー」@麺屋吉左右の写真ワクワクする期待を抱く機会は、加齢と共に少なくなって来るものだが、この場所を目指す時、常に足取りが忙しなくなってしまう。そんな場所がある些細な幸せ、食券を手に店頭で待つ時間。高揚感。配膳の瞬間が待ち遠しい。
見た目、褐色の重厚感。口当たりで直ちに感じる豚や鶏には癖がなく、直ちに鰹や鯖、煮干などが醸す切れ味鋭い風味が鼻先に広がる。今日のスープは塩味よりも、だしの無縫に指揮を委ねる味の構成。離れの良さに蓮華が捗る。
太麺は張りと粘りに優れた歯応えで、腰を確かめた刹那、芳醇な小麦の甘みが口内から鼻先へと溢れて行く。滑らかな喉越しに、加速する箸の動き。
広がるスープの上品なふくよかさ。続くは無尽の奥行き。麺が全てを引き受け、渾然一体が果たされる。何だ、店主夫妻の雰囲気そのものじゃないか。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 48件
80

「中華そば+味玉」@一道麺屋の写真粘度の高い、オーソドックスな豚骨魚介と言ったらそれまでだが、濃厚だ。乳化した豚がら、鶏がらによる下支えの力強さや逞しさがあってのものだが、それ以上に煮干、鰹節、鯖節を大量に使っている事が伺える。贅沢な味だ。
どっしりスープを受け止めるのは、ストレートの中麺。もちもちとした歯触りと適度な腰が印象的で、小麦の甘い香りが鮮やかに鼻先へと広がる。この香りの漂いとキレのある魚介の相性は抜群、気が付けば箸が躍動する。
ハイライトは恐らくバラチャーシュー。1cmほどの超厚切りだが、豚の旨味が詰まった柔らかい歯応え。炙りが入っているため、香ばしさも楽しめる。
近年、この手の店が目立たない中、丁寧な造りに却(かえ)って新鮮な感覚で食事が進む。温度管理も徹底しているのだろう、癖や臭みも全くなかった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
95

「味玉らーめん+のり」@麺屋吉左右の写真不思議だ。ひと口目を舌先が認識した瞬間、何故かあっさり感を覚えてしまう。しかし直後に感じるのは、だしの重ね味によるどっしりとした濃厚さだ。
豚骨、鶏がらによる骨太さ。香味野菜の柔らかさ。鰹や鯖などの魚介による華やかな切れ。三位一体を果たす事で、複雑かつ奥行きのある重層的な旨味が構成される。塩味も濃口だが、醤油だれや油はあくまで支援の域を出ない。
肌白の太麺は熟成感があり、確かな腰を楽しむ都度、小麦の芳醇な香りが爽やかに舞う。喉越しの滑らかさに放たれる舌鼓。最近は明らかに麺の甘味が増し、美味しくなったと感じているが、その所見は既に確信へと変わっている。
メンマが美味い。スープより少し薄味、親和性の高さと食感の対比で、麺が一層美味しく感じる。脇役だが、作り手の深慮と技術が詰まった逸品だ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 48件

「濃厚味玉つけ麺(大)」@松戸富田麺業の写真麺。この商品の主役は、間違いなく麺だ。正直、大盛は少し多いかと思ったが、極太麺の艶(つや)やかでしなやかなフォルム、これを見れば判断が正しかったと確信出来る。手応えのある重量感、口内にどっしり収まる迫力。
思いのほか、腰に逞しさがない点も見逃せない。滑らかな喉越しに自然と箸が躍動するものだが、落ち着いて欲しい、甘さ芳醇な香りの抜けも楽しもう。
煮干にフロントを託しながらも、豚骨と鶏がらによる奥行き深いコクは力強く、切れ味が一閃する魚介の旨味も所狭しと風味の賑わいを演出。スープの一体感も申し分ない。柚子皮が多めに散らされ、慣熟から来る倦怠とも無縁だ。
麺主導の設計ゆえ、スープとのバランスに左右されない満足度が光る逸品。粘度の割りに重くないため、少し多いかな?と思っても食べきれそうだ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らーめん+チャーシュー」@麺屋吉左右の写真来客の食事を楽しく、充実したものにしたい。そんな心意気を胸に秘め、常にベストを尽くす。想いの詰まった接客と品物は、時代を跨いでも変わるまい。
スープの魅力。どっしりした重厚感のある舌触りに反し、離れ良い後味にはあっさり感すら覚えてしまう。豚骨、鶏がら、鰹や鯖、昆布などの重ね味で、深いコクと後腐れのない切れ味を兼ね添え、その艶と華に自然と頬が綻んだ。
太麺は秀逸、素朴で清爽な甘い香りの膨らみは、口内から鼻先との境界を無縫に跨ぎ、味覚と嗅覚を賑わす瞬間の粋然さは筆舌に難しい。小麦素材の持つ風味を華燭の如く照らし、粘り腰と滑らかな喉越しで食べ手を魅了する。
全体のバランスを徹底して突き詰め、芳醇で優婉閑雅な品物を提供し続ける。寧静に秘めた情熱は、不撓を以って、一層昇華されるような予感がする。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 48件