なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.797点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,429 1,286 3 7,335
レビュー 店舗 スキ いいね

「みそラーメン」@ラーメン 和田屋 西駅店の写真かごんまで和田屋と言えば、味噌と相場は決まっている(多分)。普通のラーメンを頼めば、一般的な鹿児島ラーメンのビジュアルに小躍りしたくなるだろうが、そこに深みとジャンクさを兼ね添えた濃厚な味噌が加われば、テンションは一気にMAX。
とは言え、本店では「純みそ」を名乗る中、ここではただの「みそ」。やはり西駅至近ゆえビジネスユースが多いのだろうか、唐辛子や生姜、胡麻油などの風味が活かされつつも、主砲のニンニクはやや影を潜めている印象が否めない。
しかし、ベースの豚骨スープに起伏があるため、決して薄手な仕上がりと言う訳じゃない。もやしの瑞々しさにも怯まず、挽肉の旨味が一体化すれば、キャベツやキクラゲと融合する瞬間は間近だ。それらを全て受け止めるストレート中麺は、癖のない穏やかな歯応えで、粘りのあるコシに箸が進んで仕方ない。調和の図られた一杯だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(中)」@のり一ラーメンの写真まさかの清湯、しかも透き通り杉なビジュアルには、驚嘆の色を隠し切れない。
しかし、一見淡白とも思える見た目とは裏腹に、豚骨や野菜から丹念に採られただしは、大変膨らみに富んでおり、優しくも鋭利、柔らかくも硬骨。適度な塩味を得てふくよかに広がる風味の魔力には、魅せられるれるファンも多い事だろう。
麺は、しなやかで肌白の中細ストレート。プリプリとした歯触りと粘り腰は、正しく鹿児島ラーメンのそれだ。小麦の風味に癖がなく、その穏やかな甘い香りがスープの塩味と同調し、味の相乗効果がいとも簡単に実現している。
麺を食べればスープに和み、スープを啜れば麺の透明感にホッと一息。もやしの瑞々しさと、焦がし葱の甘香ばしさに延々と箸が進む。量を求めていなかったため「中」で留めたが、その麺量は100g程度か。天文館での飲酒後の〆は、これで決まりだろう。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(S)」@ラーメン小金太の写真繁華街の外れと言う立地で、SやSSと言った小盛サイズが充実するメニュー。飲酒の〆を想定しているのだろう。Sは器が小さく、麺も100g程度だろうか。
スープのさっぱりとした口当たりと穏やかな味付けは、テカリのある白湯ぶりからは予想も付かない。丁寧に煮立てた豚骨と鶏がらの旨味は、大変優しく円やかで、立体感に富んでいる。ここに魚介と焦がし葱の風味が加わり、とにかく蓮華が止まらない。
鹿児島らしい、肌白でしなやかなストレート中細麺。弾力のある歯触りと粘り腰のある食感が特徴で、若干柔らかめの茹で加減がまたスープと抜群に合う。豪勢に盛られたモヤシやキャベツを絡めて、スープを巻き上げながら勢い良く啜り込もう。
スープは最後まで熱々。麺も伸びにくい。入れ放題の葱を駆使しつつ、老舗ならではのユルめな雰囲気まで存分に楽しみ尽くしたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
70

「ラーメン」@海乃屋の写真肩の力が抜けまくった老舗の一杯は、自分を含めたファッション的なグルメもどき向けの物ではない。あくまで地元に愛される食堂であり、長渕剛が未だ帰省の度に通い詰めている事実が、それを雄弁に証明しているのではないだろうか。
力強い腿肉チャーシューは歯応えがあり味も濃い目。ストレート中太麺のモチモチ感と、芯の部分を支配する柔らかさ。さり気なく盛られたモヤシとキャベツの瑞々しさが全てを飽和させ、器の中に調和をもたらす見事なバランス。漂う素朴な男らしさ。
甘い醤油だれが効いたスープは、豚や鶏、野菜をコトコト丁寧に煮込んでいるのだろう。熟練の技術と、勘が凝縮した仕上がりに酔う。時が止まったかのような店内の風情も手伝い、気が付けば緩く穏やかな旨味の虜となった。今日も、錦江湾に陽が沈む。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒豚豚骨らーめん+味たまご」@桃源の写真醤油だれが底に沈んでいる、鹿児島ならではの風貌に上がるテンション。麺、具とスープを混ぜ合わせて、全体を馴染ませてからが本番だ。さあ、食うばい。
揚げ葱油や背脂が浮かんでいるのに、何故ここまであっさりさっぱり感が醸し出せるのだろう。店内掲示によれば、スープは豚を軸とし鶏や牛、魚介、野菜をじっくり煮込み、時間と手間を掛け作り込んでいるようだ。嘘偽りがない事は、商品が雄弁に証明している。
硬めに揚げられたストレート中麺は、モチモチ食感の奥に粘りのあるコシが待ち受け、豊かな食感が食欲を禿しく刺激。滑らかな喉越し手伝い、箸が進む事この上ない。
モヤシやキャベツが絡むため、食感は常に変化に富む。鹿児島ラーメン独特の揚げ込みチャーシューも、ジューシーで圧倒的な旨さ。これで満足しなければ嘘だろう。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ざぼんラーメン」@ざぼんラーメン AMU東口店の写真エキナカ観光客向け店舗と侮ってはいけない。トラディショナルな一杯がここにはある。
鹿児島らしいキャベツともやしの下には、口当たりさっぱりながらも風味は豊潤、喉越しあっさりながらも旨味は濃厚な野菜豚骨スープが控えている。野趣がほぼ皆無で、温度も気持ち抑えてあるためか、スープ自身の円やかな美味しさが存分に楽しめるだろう。
器の底に沈む醤油だれ。最初から混ぜてしまうか、食事の進捗に委ねるかは人それぞれだが、焦がしネギとも融合する事で、コクが増し更に風味が豊かになる。
ストレート中麺。しなやかに輝く白色には、思わず見惚れてしまう。滑らかな舌触りを追い掛ける、穏やかな小麦の香り。もやしやキャベツと共に頬張れば、味や食感が趣きを変え次のひと口への渇望を抑える事が出来ない。毎日でも食べられる、優しい一杯だ。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「純みそラーメン+煮玉子」@和田屋 吉野店の写真個人的に、味噌ラーメンには何故かニンニクを求めたくなってしまう性分なのだが、この超ジャンクで濃厚でニンニクが劇的に合う一杯、自然と血沸き肉踊る。
ベースは豚骨。厚みがあり円やかなスープだ。白味噌文化の九州に於いて、赤が引き立った味噌だねは珍しいのではないか。生姜やニンニク、唐辛子、胡麻などの風味が席巻し、漂う香りだけで興奮してしまう。「ご自由にお使い下さい」と、辛い奴と普通の2種ニンニクを提供いただけるため、遠慮なく使わせていただいた。
ストレート中太麺は短めにカットされ、コシがしっかり残り満足感のある食べ応え。味噌スープが骨太なため、麺も個性的な物を選んだのだろう。具も相当多く、野菜や挽肉の旨味もスープに溶け込んでいる印象。メニューも豊富で、足繁く通いたくなる一軒だ。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@くろいわ 本店の写真鹿児島らしい、豚と鶏のブレンドスープ。揚げ葱と、多量の茹で野菜。
肌白の中麺はしなやかなフォルムでコシがあり、スープがしっかり表面に絡む。豊富な野菜と共に頬張れば、様々な味が重なり、豊かな食感が箸を踊るように動かしてくれた。
スープにはややこってり感もあるが、ベースがあっさりしているため大変飲みやすい仕上がりだ。蓮華の動きも軽快で、水位はみるみる下がって行く。
固形物が概ね消え失せると、驚いた事にスープの風味が随分と変化しているような気がした。だしの旨味と、揚げ葱の香りが一体化したのだろうか。思わず大半を飲み干してしまったが、食後に重さを感じる事もない。
味も少々濃いめだが、野菜で見事に中和している。バランスの良さが光る一杯だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(鹿児島黒豚チャーシュー入り)」@ラーメン専門 こむらさき 天文館本店の写真賛否両論な一軒だが、個人的には否に傾く。
湯切りなし。茹で途中で麺を追加。茹でて延々ほったらかしのキャベツ。店員が客を支配する接客。食べ終えた客への「ありがとう」も無い。これが料金を接収して営業している店なのかと、正直目を疑った。近隣のラーメン店と比較して、価格もかなり強気の設定だ。
スープは白濁した豚と鶏のブレンドもので、味付けはやや濃いめ。見た目以上に塩っぱさを感じるのは、チャーシューを名乗る細切れ肉の影響かも知れない。
癖のないストレート中麺は添加物の香りがなく、かん水未使用なのは確かだ。そこにキャベツや椎茸、葱で甘みや香りが追加され、味の濃さが中和されている。
スープ自体はすっきりしているので、食後にもたれたりする事はないだろう。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件