なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO@とんこつ月間

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.801点
最終レビュー日 2019年6月20日
2,329 1,244 3 6,626
レビュー 店舗 スキ いいね

「こってりとんこつ黒」@響 宮崎空港店の写真これは、看板に偽りなし。大変粘度のある濃厚な豚骨で、拉麺 一心不乱 大名本店のこってり黒豚骨に近い印象か。時間を掛けてじっくり煮込み、髄のコラーゲン質まで溶け出し乳化してるような仕上がりのスープ。空港飯で、このレベルは驚異的だ。
「こってり」を名乗っているが、油の重さは感じない。そして、後味で喉元に残るような事もない。スープの性格から考えれば、豚臭さも驚異的に抑え込まれており、重厚な力強さに合わせてだろうか、味付けは若干濃い口に調整されている。
粘り腰のあるストレート中細麺。当然だが、容赦なく絡みまくるスープ。もやしとキクラゲが潤沢に入っているが、麺とスープの渾然一体感の前には、脇役の位置から微動だにしない。胡麻共々巻き上げて、啜り上げる音を店内所狭しと響かせる。
替玉も良いが、濃厚スープにはライスが合う。不足を感じた時は、迷わず注文だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「あっさりとんこつ赤」@響 宮崎空港店の写真「赤はあっさり、黒はこってり」のキャッチコピーから、てっきり赤が普通の宮崎ラーメンで、黒がラード入りの宮崎ラーメンと予想していたのだが。
もっさり盛られた細もやしの山。しっかり水で臭みを抜き、サックリした瑞々しい食感を活かす茹で加減。特に味付けをしなくても、これだけで食べ続けられる仄かな甘みは、宮崎ならではのものだろう。ジューシーなチャーシューとも抜群に合う。
ライトなコンソメ風のスープ。湯面を適度な調味ラードで覆い、豊かな風味と奥深いコクを成立させている。塩かと思うくらいの薄口な味付けから伺えるのは、バランスの良い味の組み立てへの絶対的な自信。ウェーブの掛かった中細麺との相性は言うまでもない。
モサッとした食感に絡むスープとモヤシ。「空港グルメでしょ」と侮ってはいけないよ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「みそらーめん」@わらじの写真細い階段を上がりきると、経年の美観漂う店内に足を踏み入れる。床からテーブル、厨房の壁面に至るまで行き届いた清掃。これで旨くなかったら絶対に嘘だ。
みそらーめん。だしの諸元は豚が主力だろうが、ひと言では片付けられぬ複雑な風味が渾然一体となって広がって行く。あたかも、食材の旨味が全て溶け出した鍋物のような、滋味深く芳醇な仕上がり。白赤ブレンドの味噌だねもスープの風味を活かす事が目的なのだろう、大変あっさりとした口当たりで、後味の颯爽そのものだ。
やや波打った中麺はコシを気持ち残した茹で加減で、しなやかなフォルムに魅力が集まる。細もやしは水で臭みを抜きサッと茹でる等、具に至るまで丁寧な工程が伺える一杯。湯温を抑えめにしている理由は、だしの風味を最大限に楽しませたいと言う狙いだろう。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「宮崎一番骨らぁめん」@らぁめん 一番骨の写真ラードが掛かった栄養軒寄りのビジュアルだが、完全に別物だ。
野趣がなく喉越し滑らかで、宮崎豚骨ならではの豊潤な豚の旨味に溢れるスープ。ラードには滾る灼熱を警戒していたが、適温が保たれているため食べやすく、風味には深みを、香りには香ばしさを授けてくれる。
ラードは油そのものだが、油を足してもこってり感が出ない。豚骨スープ自体の粗野さを徹底して排除しているからだろう、箸が勝手に躍動して仕方ない。
宮崎ならではの細もやしも、物量たっぷり。ストレート中細麺は適度にコシが残った絶妙な茹で加減で、もやしと共に頬張れば、歯応えのコントラストが楽しめる。硬さ指定は店に一任するのが良いだろう。スープの一滴に至るまで、飽きる事なく完食してしまった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@一休ラーメンの写真宮崎ラーメンの老舗を宮崎の方に聞くと、嬉々として色々な店を教えていただける。その中でも、都市部のオススメとして幾度も名の挙がる一軒だ。
見た目からして、宮崎感満載なビジュアル。細めの豆もやしと澄やかな白湯が、ここが宮崎である事を禿しくアピールしている。チャーシューも肉厚で大変旨い。
個性を挙げるならば、最初から白胡椒がガッツリ掛かっている点だろう。スープの穏やかさと控えめな味付けに対して、文字通り最適かつ最高のスパイスだ。
ストレート中細麺は、しなやかなフォルムと肌白な美しさに目を奪われてしまう。小麦の甘い風味が素朴に漂い、油分控えめのあっさりスープとは抜群の相性に思えてならない。
野趣控えめで食べやすく、女性にも受けそうだが、何故か店内はオサーン100%…何で?

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@宝来軒の写真橘通りの向こうにある老舗、ラーメン専門店 宝来と如何なる関係にあるかが気になる暖簾だが、醸し出される圧倒的な老舗っぷりに安心感を覚える事は間違いない。
豚の醍醐味が存分に伝わるスープは、あっさりとした口当たりを感じるや否や、躍動感と奥行きを感じる絶妙な仕上がりだ。味付けは、一瞬「塩か?」と思うくらいに素朴だが、その分スープ自体の豊かな風味が心を揺さぶって仕方ない。穏やかさにグイグイと惹き込まれ、箸と蓮華を無心で交互に動かしてしまう。
ストレート中麺の、滑らかな舌触り。素朴な甘味と、サクッとした歯切れの良さが癖にならないはずがない。細モヤシと一緒に頬張れば、瑞々しさが加わり更に箸が進む。
市街地で何処かホッとするラーメンを食べたければ、この店の暖簾を目指すべきだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「玉子ラーメン」@ラーメン専門店 宝来の写真宮崎市街地でも最高峰と称される老舗だけに、店内に流れる雰囲気からして穏やかさに満ち溢れている。出てくるラーメンの手作り感。白湯スープにそそられる食欲。
ゆったりした店内で楽しむ宮崎豚骨は、豚ならではの旨味が芳醇に漂う落ち着いた風味が素晴らしい。口当たりは柔らかく、多少の野趣を残しながらも、後味のあっさり感が気持ちの高揚を抑えてくれる。旨いラーメンで心まで癒したい時、これ以上に適した一杯があるだろうか。いや、ない(反語)。
細モヤシのシャキシャキした食感と、ストレート中麺が織り成すシナジー。モッチリした歯触りだがコシがあり、唇を通り過ぎる滑らかな感覚。麺量は気持ち少なめだが、咀嚼が増えるためかボリューム感があり、満足度は十分。スープまで飲み干したくなる一杯だ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「玉子ラーメン」@栄養軒の写真宮崎市内で最も有名かつ老舗と言えば、真っ先にこの店の名前が挙がるだろう。
スープは当然、豚骨だ。白湯だが豚臭さは殆どなく、口当たりが大変あっさりしている点は、宮崎ラーメンならではの特徴だろう。ついつい飲み過ぎてしまうタイプのスープで、薄口醤油だれも味を「付ける」と言うより「調える」と言った塩梅に思える。
最大の個性は、何といっても香ばしい焦がしラード。ラードのある部分とない部分で、スープを飲み比べてみると良い。味と香りの違いは歴然だ。
自家製のストレート中麺は、パツパツした歯切れの良さに魅力が集まる。典型的な宮崎ラーメンよりもやや太めとの話だが、もやしやメンマの個性的な食感とも相性が良く、ラードにも負けない逞しさは見事なもの。量がやや少なめなので、メンデラ(大盛)もお勧めだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「あっさりとんこつ」@拉麺男の写真このラーメン、朝の時間帯(6時~11時)だと、何とたったの410円。この価格設定が異常である事は、食べれ直ちに理解出来るはずだ。
優しく、そして滋味深く。五臓六腑に染みて行くような穏やかさと、複雑に折り重なった旨味の豊潤さ。「豚骨」と謳ってこそいるが、見た目通り鹿児島ラーメンに近い印象で、鶏がらや昆布などの素材も駆使して、旨味のバランスを図っているのは間違いない。
細もやしやキャベツは、食感を活かしながらも野菜ならではの甘みが広がる絶妙の茹で加減。しなやかなストレート中細麺は茹で加減を「普通」でお願いしたが、素材本来の仄かな甘みが、潔い食感の度に鼻先を抜けて行く。
思うが侭に頬張り、幸福な満腹感に支配される。朝から大変、格別な気分だ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件