なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO@とんこつ月間

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.810点
最終レビュー日 2019年6月17日
2,327 1,243 3 6,615
レビュー 店舗 スキ いいね

「大分つけ麺」@おめでたいの写真九州は豚骨文化の発展が著しいが、それはあくまでラーメンの話。季節外れの熱気と湿度に苛まれて注文したつけ麺となると、話は全く別だ。
BIGな湯飲み風容器で登場した、濃厚なカプチーノのような液体。そう、これがスープだ。元々豚骨の濃度とパワーと臭さが凄まじい暖簾のため、湯面に盛られた多量の魚粉は瞬時にして脇役と化す。やはり完成度は磐石のひと言、垂涎しつつ箸を弾く。
しかし、極太麺と粘度のないスープがまるで絡まない。束で掴むと麺の圧勝は目に見えているため、少量ずつ摘み、たっぷり浸けて食べ進めるのが正解だろう。そもそも、何故麺が極太なのか。中麺程度の方が圧倒的にバランスが保たれるだろうに。
全てのパーツが高い完成度なのに、それが全く相容れぬ歯痒さに心がいたたまれなくなるメニュー。割る事なくスープ完飲を果たしたが、何とも勿体ない一杯だ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「こがしブラックラーメン+味玉」@ラーメン工房 ふくやの写真うわ、くっさ。
臭い。骨髄まで溶かし尽くしたかのような、野生的で力のあるスープ。その蛮威的な野趣あばれる君なニオイには、思わず躊躇する方もいる事だろう。しかし、重量感は予想外に控えめで、口当たりも悪くない。次第に薄れて行く警戒感。
湯面はマー油(焦がしにんにく油)で覆われており、漆黒のビジュアルとなっている。豚骨のタフさ、油、諸他雑味のバランスが良く、熱々状態のため味の濃さもあまり気にならない。諸元はやはり、濃厚な久留米系なのだろうか。
ストレート細麺は、細さの割りに歯応えに粘り腰があり、食感の充実から満足感は高めだ。但しスープが重厚なため、麺自体の香りはまるで分からない。他店舗展開する資本系の暖簾と聞いていたが、営利主義的な印象を抱く事は一切なかった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉ラーメン(大盛)」@おめでたいの写真臭い。だが、それがいい。
この豚のワイルドさ。飼い慣らされた豚ではない。無尽の荒野を自在に駆け巡る、獰猛な野生の性。そんな禿しい野趣が暴れ回る豚骨に、タフな油が絡み、尖った醤油だれで味を締め上げる。これ程に蛮威貫く味の組み立ては、他で出会える質のものではない。
極細麺は「博多だるま」に匹敵する細さだが、茹で加減を指定する迄もなく若干硬麺での提供となった。直線的な形状としなやかなフォルムに対し、滑らかに唇を通過する心地良さ。品の良い甘さが仄かに漂い、直ちにスープの暴威が殺到して来る展開。
麺のコシを「硬質感」に求める人も多いだろうが、個人的にはそこに「粘り」が必要だと感じてならない。「粘り腰」とでも表現しようか。この麺、コシが素晴らしい。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン」@宝来軒 中央町店の写真一見して、街の台所たる風格。永らく地域に愛されて来ているのだろう。続々と訪れる軽装の客。客層は実に多彩だ。こういう店では、得てして「地の物」が楽しめる場合が多い。
啜り上げた細麺は、しなやかに唇をかすめながら、スープの風味を損なう事なく鼻先へと抜けて行く。香りの良さと、コシのある確かな歯応え。一本筋の通った存在感だ。
最初は濃厚に感じる豚骨を軸としたスープは、ひと口めでは濃厚な風味こそが持ち味に感じられるだろう。でも、食事進捗に比例して、ジワジワと小慣れて適切な濃度に感じ始める。そこで際立ってくるコクの深さ。そして、口当りの柔らかさに蓮華が進む。
最終的な印象は、バランスの卓抜ぶりに支配されていた。何とも不思議なラーメンだね。豚骨ならではの臭みも控えめであり、老若男女を選らばぬ人気ぶりも得心だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件