なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.798点
最終レビュー日 2019年10月22日
2,430 1,286 3 7,342
レビュー 店舗 スキ いいね

「ネギラーメン+味付玉子」@ラーメンショップ幸手 金田亭の写真大人の散歩で訪れた午後、朝のスープよりも豚の蛮性は感じないが、逞しいぶ厚さを纏ったダイナミズムには全く翳りが見当たらない。背脂が適度に散らされ、そもそも微乳化のスープはひたすらタフ。濃い目の醤油だれが実に合う。
挨拶代わりにニンニクと胡椒を放り込み、まず頬張るのはネギだ。臭い。これわ、キマる。辛味と酸味が濃口の醤油、胡麻油、調味料で満遍なく和えられ、口当たり云々を語るのが馬鹿らしくなるくらいに攻撃的な味、完全にキマる。
ストレート中麺は粘り腰が魅惑的で、甘い香りの漂いがスープとのシナジーを無限大に膨らませる。美味しいではなく、旨い。分かるだろうかこの感覚が。
と、全体的に突進パワー型な一杯に思わせておいて何だが、メンマは柔らかくバラチャーシュの肉質は大変贅沢。具の細部まで手を凝らした逸品だ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

「ネギラーメン」@ラーメンショップ 深谷川本店の写真拳骨に加え、豚頭も使っているのではと思うくらいに、落ち着いた口当たりの豚骨スープ。醤油だれと旨味調味料が味を牽引しており、非乳化のあっさり感から千葉のラーショに近い朴訥さを感じたが、奥底に野趣が息を潜めている。
最大の特徴は、背脂だ。湯掻いて余分な油と雑味を取り除き、どっしりとした迫力を醸しながら、スープ全体に奥行きとダイナミズムを与えている。
ストレート細麺の粘り腰は、咀嚼が楽しく箸の動きが実に捗る。香りの高い麺ながら、スープが大変良く絡むため、双方の渾然一体感は申し分ない。
ネギは湯煎で温めてあり、胡麻油と醤油だれが満遍なく絡む中、酸味辛味が実力を余さず発揮、完璧にキマるネギ臭さが印象深い。ジワジワと繊維が柔らぐ食感の変化。チャーシューも多めだ。ニンニクを投じ、無心で頬張り続けた。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン」@ラーメンショップ ニューシャトル東宮原駅前店の写真拳骨を中心に、時間を掛けて豚骨を煮込んだスープは、口当たりこそあっさり感を醸しているものの、芯にはどっしりとした底力が秘めらている。
香味野菜も結構な量を使っているのだろう、複雑で広がりのある旨味は個性的だ。旨味調味料もしっかり使っているだろうが、油に依存せず、あくまで食材からのだしに味の主体を委ねるスタイル、丁寧な仕込みが伺える。
ネギは下処理万端で酸味や辛味が相当排他されており、胡麻油や醤油だれの調味も控えめだ。故にキメる事を主眼に据えると少々物足りないかも知れないが、ネギが豊富に載った豚骨醤油ラーメンと思えば完成度は大変高い。
張りのある歯触りと程良い腰、そして喉越しの滑らかさが光るストレート中麺。スープが下世話の一歩手前の調整なので、小麦の風味まで堪能出来た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン」@ラーメンショップ 椿 上彦川戸店の写真朝から、キメる。ネギを、キメる。
宿願を叶えるには十分過ぎる、ワイルドなネギ。酸味、臭み、辛みが三位一体となったネギには、醤油だれと旨味調味料が胡麻油を介して満遍なく絡む。
醤油豚骨のスープには、良く背脂が溶けて乳化の一歩手前で落ち着いた状態。醤油だれはラーショ特有の、塩味が効きながらも微妙な甘さが口当たり良さを醸すバランス。起き掛けでも、胃腸が驚かない絶妙な塩梅だ。
ストレート中麺はねっとり歯応えで、この粘り腰が小麦の颯爽とした風味を芳醇に感じさせる。絡むスープ、共に頬張るネギ。次第に侵食するネギの調味がスープに重量感を与え、味もジワジワと濃くなって行く。悪い味の完成だ。
この味を、更に劣悪にする方法は。目の前に、ニンニクボトルを発見した。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン(小)」@ラーメン青木亭 戸田店の写真拳骨を強火で炊いて、あっさりの中に旨味が躍動する、口当たりの良い豚がらスープが完成する。醤油だれは、強めな塩味の中に仄かな甘みが漂い、多めの背脂で迫力とコクを補完。スタンダードな、東京の豚骨醤油スープ。
そこに合わせるのは、中太のストレート麺。香りが高い癖のない風味が魅力で、歯応えの粘り腰を噛み締めるたび、力のある香りが鼻先へと抜けて行く。
味が濃い目でワイルドな仕上がりは、山と盛られたネギが加わる事で完成を果たす。少し湯煎しているのだろうか、辛味酸味は抑えめだが、隙のないネギ臭さと、それを彩る塩味、旨味調味料、胡麻油。キマる、完璧にキマる。
倉庫が多い立地で作業服姿が目立つ中、家族連れも散見される独特の客層。少年時代にこの味の英才教育、将来はネギ・エグゼクティヴ間違いなしか。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン」@ラーメンショップ 朝霞店の写真ネギをキメるために訪問した暖簾で、ビシッとネギがキマる快感。恍惚だ、臭く、辛く、酸味も十分。胡麻油は申し分なくネギの表面に茶濁した艶を与え、旨味調味料や調味だれとネギを確実に繋ぐ。何と完璧な仕上がりなのか。
この隙がないネギを迎え撃つのは、うまくてチープな醤油豚骨のスープだ。豚がらだけに旨味を委ねず、旨味調味料、背脂などによるドーピングも忘れない。醤油だれもやや濃いめで、輪郭がバチっと見える素敵な味。
粘り腰が光るストレート中麺は、ねっとりとした歯応えのたびに、素朴で颯爽とした甘みが鼻先を賑わせる。それも束の間、絡むネギが全てを受け止め、ネギラーメンとしての誇り高さを担保するストーリー、悪い味に酔い痴れる。
ニンニクと黒胡椒は、この一杯最大の友。遠慮なく、たっぷりぶち込んだ。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「ぬるいネギラーメン+味付け玉子」@ラーメンショップ幸手 金田亭の写真正確には「ぬるいラーメン+あえネギ」だが、まあ細かい事はよかろうもん。
湯温60度くらいで提供されるのが、ぬるいラーメン。その影響で普通のラーメンとは異なり、旨味の構成要素を楽しむには最適な逸品だ。豚は力強く、逞しい。鶏がらも使っているだろう、味の濃さに反し、少し柔らかさを覚える。
スープに起伏と奥行きを加える旨味調味料。通常よりも背脂は控えめだろうか、その分ネギに絡む胡麻油やたれの影響を強く感じる事が可能だ。渾然一体が進めば、ジャンク感は自ずと頂点に到達、ニンニクと胡椒で天下無双。
やや硬めの中麺は、このクセしかない陣容を懐深く受け止め、シナジーに拍車を掛ける。クライマックスは、ネギと共に頬張りキマった瞬間だろう。粘りのある歯応えと、繊維が断裂する食感のハーモニー。完璧に、ネギをキメた。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「しおそば+味つけ玉子」@中華蕎麦 瑞山(ZUIZAN)の写真「これくらいで、どう?」そんな問い掛けを感じる一杯だ。
もっと鶏を強く。もっと旨味を濃く。もっと塩味を。そんな過剰濃厚傾倒へのサバイバルレースに終止符を打つ。スープの底に沈む挽肉と小海老の干物。重ね味の魔法が奏でる起伏に溢れた旨味は、素材の相乗効果の賜物だ。
明鏡止水の黄金色に食欲を刺激され、芳醇な風味のスープに魅了される。ストレート細麺のしなやかなフォルムが煌めきを放ちながら湯面から引き揚げられ、束の張力で絡むスープごと一気に啜り込む瞬間。華やかな香りの舞い。
中華の技術を活かし、店主以外が調理しても遜色なく提供可能なレシピを創生。原価面でもしっかり算盤を弾きつつ、コストと味を高次元で折り合わせる。間違いなくプロの所業だ。当然だが、スープはほぼ全て飲み干した。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン」@もっちゃんラーメンの写真八潮市内2軒のラーショに休日変更や廃業により嫌われ、10km超のお散歩を強いられ到着した暖簾。そんな事もあるものだ。営業している事が最大の魅力。
獣臭さの残るスープから、紛いなき豚骨の躍動感が感じられる。しかしながら重さはなく、軽快な口当たりに蓮華の動きは大変忙しない。旨味調味料とのバランスが良く、そこに馴染む葱の胡麻油、そして醤油だれの塩味。
やや縮れた中麺は腰に粘りのがあり、常にスープより少し前に出るバランスが図られている。早朝からの営業ゆえ、全時間帯で安心して食べられる味を標榜しているのだろう。胡椒が抜群に合うが、チャーシューはほぼ無い。
ネギは粗い細切りで癖が排他され、スープの熱で繊維が崩れると共に、独特の甘みが支配力を発揮。麺と共に頬張り、食感の変化を楽しみたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「博多ラーメン」@博多ラーメン 清水屋の写真博多ラーメンを名乗るが、仕上がりは長浜ラーメンの趣きが強い。
ややオイリーでワイルドな豚骨、若干酸化が始まり硫化水素系の匂いが漂っていたが、長浜ラーメンではよくある事なので、左程気にはならない。
野趣も適度に残り躍動感があるため、軽快な口当たりながらジワジワと惹き込まれてしまう印象だ。そして、このスープには最高に胡麻が合う。卓上の胡麻は粗く擂ってあるが、福岡の味に精通した方が関与しているのだろうか。
極細麺は大変歯切れが良い。かなり細いのでスープが良く絡み、自ずと麺とスープとの調和が高い次元で実現している。小麦の香りが強めながら、ワイルドな豚骨と絶妙な掛け合いが実現しているため、箸の動きは実に忙しない。
ネギやキクラゲも品質が高く、現地の味を忠実に踏襲した頼もしい一杯だ。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件