なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.797点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,429 1,286 3 7,333
レビュー 店舗 スキ いいね

「特製濃厚豚骨魚介らーめん」@心の味製麺の写真心の味製麺。とみ田と言えば、とにかく甘い極太麺が最も印象深いものだが、その流れを忠実に踏襲した品物の迫力。腰が強く粘りのある歯応えの後、爆発的に甘さが膨らみ、咀嚼時間の長さに比例してその滞在時間が大変長い。
このタフな麺と轡を並べる褐色のスープは、大量の豚骨と鶏がらを徹底して煮込んで詰める事で濃度を追う中、鶏モミジが多いからか甘さが大変目立つ。砂糖でも使っているのかと思うくらいに甘く、更には劇的に塩っぱい。
魚介は鯖と煮干を若干余分に煮る事で尖らせ、鰹で底上げを図る設計だろうか。先の動物系と同様ストロングスタイルなため、麺に負けない力強さがあるが、何故かスープ単体だと魚粉のざらつきや塩味ばかりが目立ってしまう。
重く濃い味のため、ファストフード店が好きな人は特に嵌りそうだ。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 3件
75

「広島中華そば」@tomoruの写真太刀魚が調達上の都合で販売停止中ながら、こんな東京の舌に寄せる気ゼロな、魅力的なラーメンを代替品に据えているだなんて。広島の中華そば独特の甘味を立たせながらも、小鳥系で良くある特有の酸味は全く感じられない。
コク深いのに、すっきり感も兼備する。相反する要素を、自然体で表現する醤油豚骨。じっくり煮込んだ豚の旨味は重層的、余り油分に頼らない構成ゆえに味の離れは大変良好。小鳥系風な味の設計を、実直な仕込みで具現化する。
中細麺は粘り腰のある品質で、束の張力によりスープをたっぷり摑んでくれる。芳醇な小麦の香りは、スープの風味と肩を寄せ合い渾然一体感を実現。
粘りのある歯応えは、葱やもやしとの食感差と相性抜群。完成度の高いトラディショナルな仕上がりに、思わず頬が緩んでしまう。当然、完飲完食だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「豚骨SP」@横浜家系らーめん 春樹 青物横丁店の写真春樹でしょ?と、諦めに近い感情を胸に訪問したところ、予想を遥かに超越した旨さに驚嘆してしまった。暗愚の極み、何と失礼な思い込みだろうか。
臭みや癖が排他されたスープには、豚骨らしい力強さが適度に躍動。どっしり手応えのある口当たりで、コク深さも侮れない。鶏油が気持ち多めに感じられたが、豚の重量感を隠蔽して飲み口を軽快に、麺との繋ぎとしても機能する。
太麺はやや平打ちで、芯に逞しさの残っており、甘い香りの膨らみも良好だ。決して個性の強い麺ではないが、スープとの高い一体感が食事への集中を加速させる。海苔の等級は結構低めだが、却(かえ)って両者を邪魔しない。
ほうれん草は冷凍で青さがないため食べ易く、炙ったチャーシューは脂の臭みが飛び香ばしく魅力的だ。卓上の玉葱は入れ放題、適量を放り込もう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
85

「得製らーめん」@風雲児の写真2016年秋以来となる得製オーダー、何とチャーシューがバラロールとつけ麺に入るサイコロタイプのコラボになっている。いつの間にと訊いたところ、結構前からとのご回答…一番得なメニューなのに、何でスルーし続けてたの。
柔らかな鶏の白湯。しっとり滑らかで粘度もあるが、喉元に掛かったり、鶏特有の臭みが残ったりなんて事は一切ない。じっくり時間を掛けて、丁寧に。
交わる切れの良い魚介だしは、抜けの良いいりこ、膨らみとコクに優れる鯖節などでバランスを図る。昆布や香味野菜も効いていて、癖がない仕上がりだ。
太麺は硬めで芯のアルデンテが楽しめる茹で加減のため、小麦の香りが濃厚で、スープの力強さと足並みが揃い、自ずと渾然一体が果たされている。もう少し柔らかめの方が実は好きなので、次回はダメモトでお願いしてみよう。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 15件
60

「味玉中華そば」@つけめん玉 品達店の写真紙エプロン必須。必ずだ、めちゃくちゃ跳ねる。知らないうちに跳ねる。
そんなスープは豚骨魚介のはずだが、鶏がベースなの?と感じるくらいのあっさり仕様。粘度が全くないため、軽快さすら感じる程だ。鯖や鰹、煮干の風味豊かで香りの抜けは実に華やか。切れの良さは、味の離れ良さに直結する。
幅広平太麺の食感が面白い。もちもちで、うどんのような腰もあり、歯応えは申し分ない。喉越しも滑らかで、小麦の香りの抜けに至るまでもがうどんに近い。量が相当多めなため、不惑オーバーのオサーンは大盛と誤認してしまった。
常に麺が主導権を握り続け、バランスが良いとはお世辞にも言えない。麺とスープのシナジーは貧弱、玉系列はラーメンを作るのも卓抜した印象だったのだが。智慧と技術の極みを尽くすプロセスは、一切感じられない一杯だった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌つけ麺」@らーめん 黒兵衛の写真商品名は味噌だが、敢えて担々麺のカテゴリに含める。確かに味噌もしっかり入り、ゲンコツベースのスープにジャンクな熟成感を吹き込むが、その支配者は間違いなく自家製の麻辣感、最初から最後まで麻辣が味覚を魅了し続ける。
味噌の風味も元気だ。にんにく、生姜、揚げ葱など、香味鮮烈な素材を贅沢に使用、胡麻の甘さも立っており、辣一辺倒の展開を全力で防いでくれる。
中太麺は、恐らくいつもの奴だろう。コシがほど良く残る、素朴な香りが颯爽と鼻先へと抜ける。目立ちたがり屋さんではないため、スープの個性を余さず預かってくれる品質は大変頼もしい。量はつけ麺的には若干少なめだ。
具が寂しいので、スタッフズなどで補完するのが良いだろう。接客は投げやりかと思いきや丁寧な場合もあり翻弄されるが、まあ昔からそういうお店だ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「しょうゆ味玉ラーメン+切り落しチャーシュー(玉ねぎ、背脂)」@喜多方食堂 麺や玄の写真どうした事か。何と言うか、味に厚みが無い。豚がらに元気がない事が要因か。熱々のスープからは、魚介の風味が仄かに感じられるが、換気扇から輩出(≠排出)される焼きあご(トビウオ)の贅沢な香りは何処へ行った。
とは言え、背脂によるドーピングが機能し、口当たりに適度な迫力が醸されているのは流石だ。醤油だれに余り依存しない設計のため、今日の主役は背脂。
スランプはスープだけにして欲しいものだが、麺がだまになっている部分が多く、実に食べにくい仕上がりだったのも残念だ。もっちり縮れ平太麺の部分は最高、だご汁の具風な部分は当然イマイチ。麺は、出来れば啜りたい。
恐らく自主的に席を譲ったためだろう、チャーシューが一枚多めだ。ありがたいが、切り落し含め硬めで味の染みも微妙。どうしちゃったの、今朝は。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 6件

「ラーメン+味玉」@ホープ軒 千駄ヶ谷本店の写真臭っさ。このスープの臭さ、休日朝7時に提供される品物としては少々ご挨拶が過ぎる印象も否めないが、不思議とテンションは青天井。背脂もダイナミック、ワイルドに湯面を賑わす。荒ぶる豚の息吹、情熱的にして超タフ。
箸を手にする前に、幾度蓮華の往来を楽しんだ事か。葱の投入を失念する程に愛おしい。我に返り、葱とニンニク、黒胡椒を大量投入し更にコンディションを整える。最高だ、今日はもう誰とも会わない、いや、妻が家にいるか。
まあ良い、この茹で加減ベストな太麺の煌めきを見よ。眩い東日、建設中の新国立競技場をバックに臭いラーメンを貪り食う。当然、もやしも超旨い。
自宅からチャリで13km、20インチの折り畳みなのでそこそこ時間も掛かったが、疲労が吹き飛ぶ完璧な背脂豚骨醤油。いやあ、最高の朝食を堪能した。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 10件

「中華そば(並)+味玉」@大勝軒next 上野店の写真何がnextなのかは全く分からないが、東池袋大勝軒に期待する2大要素、もちもちの太麺と切れの良い魚介が効いた豚骨スープが余す事なく楽しめる。
スープは油が繋ぎになって成立しているため、豚骨、鶏がら、香味野菜と言ったベースは基い、鰹や鯖、煮干と言った各自食材の元気さは左程感じられないが、一体感は十分に醸されている。油に絡んだ強めの塩味が少々残念だ。
太麺は店で打っている訳ではなさそうだが、喉越しが良く、香りの膨らみに優れているため、スープが多少乱暴な設計でもお構いなしで受け止めてくれる。量も多めで、これぞ大勝軒と言った風体。食べ飽きる未来が見えない。
具材の輝きは全体的に鈍いが、そもそも東池袋大勝軒とは安価な素材を油と調味料で補いつつ、物量で魅了する暖簾だった。この味はある意味、忠実だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩そば+味玉」@中華そば 和渦 TOKYOの写真讃岐うどんのような、しなやかさと腰があるストレート中麺。香りは爽やか、その膨らみは際限がない。小麦の朴訥な甘さをダイレクトに楽しめる、穏かだが芯の通った風味の充実。麺に塩だけでも料理として成立しそうな品質だ。
そして、スープ。食材の元気を総動員、丸鶏とがらの柔らかな旨味を出すため、丁寧に、じっくりと。貝や魚介も使っているように思えるが、あくまで鶏の風味を味覚嗅覚へ紳士的かつ確実にお届けするための支援役に過ぎない。
ラーメン故に、癖になる要素も肝要だ。油を恐れず、しかしながら綺麗な油を適切に使う。静かな迫力を余さず満喫しよう。チャーシュー、葱、メンマ、柚子皮、どのタレントもこの一杯には必須、特製が売れているのも納得だ。
板前然とした味の設計、その真骨頂は味玉だ。余りに濃厚、余りに美味しい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件