なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

たく☆(摂生中)

埼玉県

美味しいラーメンが大好きです(*^-^)ニコでも、そんなに量は食べれません…。小食なもンでw

平均点 78.832点
最終レビュー日 2019年6月17日
2,738 1,278 0 32,539
レビュー 店舗 スキ いいね

「TKM ¥650」@ゴールデンタイガーの写真熊谷の『ゴールデンタイガー』さんに訪問です。

先日『UNDERGROUND RAMEN』さんで、
インスパの“TKM”を頂きましたので、
やはり本家の一杯も頂いとかなきゃイケませんからね!

12時ちょい過ぎに到着すると、外待ちが6名ですよ。

並びに接続する前に、先に食券を購入しときましょう~。

券売機で“TKM”のボタンを探していると、
ホワイトボードにある“ダルシム(1000円)”って限定メニューを発見しちゃいましたよ。

よく見ると、“ダルシム”はカレーつけ麺って書いてありますわ!

カレーですか!?
かなり激しく惹かれましたが、先日『UNDERGROUND RAMEN』さんで食べた“TKM”と比較をしたいってのもありましたし、
ストⅡでは個人的にバルログ派だったってのもあって、“ダルシム”ではなく“TKM”をポチッとしちゃいましたw


食券を握り締め、外待ちの列に接続すると、
すぐに店員さんが食券を回収しに来られましたよ。

その際に店員さんから、レモンか鰹節かを確認されましたので、「レモンで!」と即答します。

で、13分ほどで店内に通されます。
ちなみに、後客は7名でした。。

カウンター席に座ると、3分ほどでご対麺です。

では頂きまーす!
麺はストレートタイプの太麺です。
ツルプリっとしてますが、コシはそんなに強くありませんね。

タレは底に溜まってますよ。
まったりとした醤油感で、甘味が結構強めにキますねぇ。
生卵をマゼマゼすると、タレのノッペリとした甘さもあり、
なんか冷たい釜玉うどんを食べてるような印象でしたね。

中盤からレモンを絞り入れると、酸味により甘味が少し緩和されましたよ。
個人的にはレモン投入後の方が好きな感じですわ~。


麺を完食すると、丼の底にはタレが多めに残りましたが、
なんか飯割したい気分にはならなかったので、そのままフィニッシュです。


美味しかったです。

でも、ちょっと甘味が強いですかねぇ。。
まぁ好みの問題もあるでしょうけど…。

あと、麺量200gで、具材は生卵とカットレモン。
コレで650円は高いでしょ!w

先日の『UNDERGROUND RAMEN』さんで食べたヤツは250gで600円ですし、
そういう点でも、当然満足度は下がっちゃいますな…。


あ゛~、ダルシム食べたい!w

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】TKM ¥600」@UNDERGROUND RAMENの写真川越の『UNDERGROUND RAMEN』さんに訪問です。

12時40分くらいに到着すると、先客は7名です。
ちなみに後客はゼロでした。。

券売機でメニューを選びますが、お目当ては限定の“TKM”でしたので、
迷わずソレをポチっとしちゃいます。

“TKM”は熊谷の『ゴールデンタイガー』さんで提供されてるメニューですが、
コチラで提供されてる“TKM”は公認のインスパメニューなンですって。

ちなみに“TKM”は、卵かけ麺との事ですよ。


で、注文後は約12分でご対麺です。
とってもシンプルなビジュアルですね~。

では頂きまーす!
麺は平打ちタイプの太ストレート。
流水でシッカリと〆てあり、ブリモチっとした弾力がありますよ。
ツルリとした麺肌で、噛むほどに甘味の広がる美味しい麺ですね~。
ちなみに麺量は250gですって。

タレは醤油ダレで、鶏油が加えられてますよ。
芳醇さのある醤油感で、シッカリと主張してきますが、ショッパさなどはありませんね。
鶏油は少量ですが、味の厚みに一役買ってますよ。

具材は卵黄のみ。
あとは味変用のカットレモンが付いてきます。

卵黄は那須の御養卵ですって。
麺を3分の1くらい食べ進めたところで、軽く混ぜ合わせましたが、
黄身の濃い味わいとコクが、麺に絡み付いてメチャウマでしたね~♪
当然ながら醤油ダレとの相性もバッチリですよ。

終盤になり、カットレモンを絞り入れます。
レモンの爽やかな刺激が食欲を掻き立てますね。


美味しかったです。

麺やタレ、卵黄の旨さがダイレクトに伝わる一杯でしたね~♪

欲を言えばこのビジュアルですし、500円台で収めて欲しいところですが、まぁギリ許容範囲内かなw

っていうか、卵黄を纏った醤油ダレが結構残ったので、
ひと口サイズのご飯なんかが付いてくると嬉しいかも!
絶対ご飯もハマるはずですし!w


さて、今度は熊谷の『ゴールデンタイガー』さんで食べてくるかなぁ~。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 7件

「ねぎ油そば+焼豚+キリンクラシックラガー(小瓶)=¥1410」@中華そば 六感堂の写真池袋の『中華そば 六感堂』さんに訪問です。

到着すると、先客は4名です。
ちなみに後客は5名でした。。

券売機で、まずは“ねぎ油そば(680円)”をポチッとます。

暑かったので“キリンクラシックラガー小瓶(430円)”をポチっとして、
“焼豚(300円)”もポチっとしちゃいます。


食券を3枚を高台に置き「焼豚はツマミにしたいので、先にお願いします!」と伝え、了承を得ます。

で、細麺か手揉み麺かを確認されましたので、
特に考えることなく「手揉み麺で!」と答えます。

注文後はすぐにビールが届けられ、喉を潤していると焼豚が登場しましたよ。
焼豚はツマミ用でお願いしたからなのか、メンマも付いてて嬉しくなっちゃいましたね~♪

で、ツマミが無くなるタイミングでご対麺です。
一緒に酢が提供されましたよ。

では頂きまーす!
麺は平べったさのある太麺で、ランダムな縮れがありますよ。
プリっとした弾力と、適度なモッチリさが油そばにハマってますね。

タレはやや濃いめの醤油感ですが、芳醇さがありますよ。
底の方から念入りにマゼマゼすると、ネギ油と相まって、
芳醇さにほんのりとした香ばしさのあるの風味がプラスされますね。
まったりと旨味が広がり、シンプルですが後を引きますよ。

一緒に提供された酢は、レモン酢でしょうかね。
爽やかな酸味と強めの主張で、味変にはピッタリなンですが、
元々のタレや油が旨いので個人的には入れなくてもイイかな~と。。

具材は、チャーシュー・メンマ・ネギ・カイワレ・ナルトです。

チャーシューは少し厚めにカットされてます。
提供前に炙ってありますので、ヤワホロ状態になってますよ。
メンマは細切りタイプで、軽めにコリコリっとしてます。
ネギはザクザク感がアクセントになりましたね。


美味しかったです。

シンプルな一杯ですが、奥深さがあり後を引きましたね~♪

この一杯には卵黄が合うと思いますので、
有料で構わないですから、卵黄もメニューに入れておいて欲しいですな!w


“煮干し油そば(680円)”ってメニューもありますし、
油そばは背脂入りのver.もありますし、こりゃまた来なきゃイケませんね~。

ご馳走さまでした。



あっ、そうだ!
“冷やし中華(850円)”ってメニューがありましたよ!

冷やし旅をしてるパパさん、是非レビュをお願いしまーす♪

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】海老味噌まぜそば ¥1200」@niboの写真新河岸の『nibo』さんに訪問です。

12時30分くらいに到着すると、先客は3名です。
ちなみに後客は7名でした。。

券売機でお目当ての“海老味噌まぜそば”をポチっとします。
ちなみに価格は1200円ですよ。

カウンター席に座ると、11分ほどでご対麺です。

では頂きまーす!

麺は平べったさのある太麺で、ランダムなウネリがありますよ。
ムチムギュっとした弾力と、ウネリにより啜るたびに暴れる感じもイイですね。

マゼマゼすると、濃いめの味噌が前方にキますね。
香ばしさのある海老の風味は、後方からホンノリと現れますよ。
全体的にはショッパめな味わいなので、まずは別で提供された煮干スープを使ってみます。
つけ麺スタイルで頂いてみると、ショッパさが少し緩和されましたね。
まだ味噌が強めですが、ニボ味噌ってな感じでイケますよ。

で、次に温玉を加えてみます。
麺量が半分くらいになってた事もあってか、温玉投入で一気にマイルドになりコクもアップしましたよ。
かなり食べやすくなりましたし、温玉投入はなかなか良かったですね~。

具材は、豚チャー・鶏チャー・白髪ネギ・刻みタマネギ・アーリーレッド・水菜・海老揚玉・海老粉・味噌です。
あと、温玉・煮干スープ・ライスが提供されましたよ。

豚チャーは2枚入ってます。
大きめなのはイイですが、まぜそばなので食べやすい大きさにカットされてあると嬉しいかも。
鶏チャーは4枚入っておりシットリとしてます。
タマネギや水菜のシャキ感や、海老揚玉のサクリとした食感はアクセントになりましたね。

で、最後はライスを投入し、飯割しちゃいます。
スープを加えてニボ感をプラスし、お茶漬けスタイルで頂きましたが、
サラサラっと食べれますし、この感じがイイですね~。


美味しかったです。

まぜそば→つけそば→温玉プラスのまぜそば→ライス投入 と色々楽しめて、
面白い一杯に仕上がってましたね~♪

ただ、、
1200円って価格は、ちょいとお高めかなぁ。。

1000円ちょうどなら、グッと満足度は上がったかも~w


また来まーす!

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 5件

「小ラーメン¥750+汁なし¥80=¥830」@ラーメン二郎 川越店の写真『ラーメン二郎 川越店』さんに訪問です。

閉店時間の5分ほど前に到着すると、先客は5名です。
ちなみに、後客は3名でした。。

券売機で“小ラーメン”をポチッとして、
あと“汁なし”もポチッとしちゃいます。

プラ券を高台に置き、「麺少なめで!」と伝えます。


で、9分ほどでコールタイムでしたので、
ニンニクのみをお願いし、ご対麺です。

っていうか、丼がめっちゃベタベタでしたねぇ…。
高台から下ろすのに滑って落としそうになっちゃいましたわw

では頂きまーす!
麺は平打ちタイプの太麺です。
プリっとさのある気持ちヤワめな食感ですね。

タレは豚骨醤油で、やや濃いめの醤油感ですね。
シッカリ混ぜ合わせたいのですが、丼に麺と具材がギッシリと入っていますので、
全然上手く混ざらないンですわw
とりあえず下から麺をほじくり出して、ちょっと空いた隙間にヤサイを突っ込んでタレと絡めていきます。
4分の1くらい食べ進めるて、やっとマゼマゼする事ができましたねw
で、底の方から念入りにマゼマゼすると、急にBPが顔を出してきましたよ。
ニンニクのパンチとBPの刺激で、一気にウマウマな感じになりましたね~♪

具材は、豚さん・モヤシ・キャベツ・フライドオニオン・ニンニク・卵黄です。

豚さんは3切れ入ってましたよ。
大きさはまちまちでしたが、どれもヤワホロな仕上がりでしたね~。
モヤシは適度にシャキっとしてますよ。
キャベ率もちょうどイイですし、フライドオニオンのザクザク感もアクセントになりますね。


美味しかったです。

ただ、麺少なめでも多かったですよw
次回は麺半分にしなきゃなぁ~。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】トマトまぜそば ¥850」@まるふじ食堂の写真小手指の『まるふじ食堂』さんに訪問です。

11時ちょい過ぎに到着すると、先客は4名です。
ちなみに後客は1名でした。。

カウンター席に座り、限定の“トマトまぜそば”を口頭をお願い致します。

で、注文後は15分ほどでご対麺です。
マゼマゼする前に具材の確認をしときましょう~。

具材は、ボロネーゼソース・キャベツ・タマネギ・アスパラ・ミニトマト・モッツァレラチーズ・粉チーズ・バジルバターです。

では頂きまーす!
麺は中太で緩くウェーブしてますよ。
ちょいヤワめの茹で加減で、モッチリとした食感になってますよ。

タレはシャバ系でサラリとしており、結構多めに入ってますが、
マゼマゼ後でボロネーゼソースにより、トマトの風味や酸味が前方にキちゃってるもンですから、
何ベースなのかは分かりませんでしたよ。。

粉チーズの風味や、バジルバターのコクがトマトの風味と合ってましたね~。
モッチリさのある麺もあって、パスタチックな感じになってましたよ。


で、麺量がそんなに多くないので、あっという間に食べ終わっちゃいます。。

物足りないので、チーズ追い飯(150円)ってのを頼もうかと思いましたが、
ソレを頼むと会計が1000円になっちゃうので、ヤメときましたわw


美味しかったです。

ただ、、
ちょっとボリュームに欠けますかねぇ…。
あと、バジルの風味はもうちょっと強めでもイイかも。

まぁ好みの問題ですけどね~。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「和豚もち豚の油そば(追い飯付き)¥850+カレーがけ¥100」@ソラノイロ食堂の写真池袋の『ソラノイロ食堂』さんに訪問です。

19時30分くらいに到着すると、先客は4名です。
ちなみに後客は6名でした。。

券売機でまずは“瓶ビール大ビン(680円)”をポチっとします。

続けて“餃子(4個・300円)”、“唐揚げ(3個・300円)”もポチポチっとしちゃいます。

瓶ビールにはコロチャーのアテが付いてきますよ。
店内のBGMは90年代のヒット曲ばかり。
いや~、懐かしいですね~♪

で、瓶ビールが無くなり色々他のメニューを追加して、
最後に“和豚もち豚の油そば(追い飯付き)”をポチっとします。
あと、なんとなーく気になってた“カレーがけ”もポチっとしちゃいましたよw

食券を手渡すと『大盛無料ですが?』と確認されましたが、
「普通でお願いします。」と答えます。

で、そんなに待たずにご対麺です。

では頂きまーす!
麺はストレートタイプの細麺です。
油そばでは珍しいですね。
やや硬めの茹で加減で、細めですがブリっとした弾力がありますよ。

タレは醤油で、少し豚も加えられてる感じですね。
オイリーさはありませんが、醤油が強めなのでショッパーに感じられますよ。
マゼマゼすると背脂のコクや甘味、ソレに全卵の生卵により滑らかさのある口当たりと、
マイルドさが出てきますが、ソレでもまだちょっとショッパめですな。。

具材は、チャーシュー・ネギ・刻みタマネギ・モヤシ・ナルト・生卵です。
あと追い飯と、酢とラー油が提供されましたよ。

チャーシューは吊るし焼きで、角切りにされてますよ。
そんなに大きくはありませんが、9個ほど入っており満足感がありますね。
モヤシは適度にシャキッと。
刻みタマネギは辛味があって、逆にアクセントになりましたよ。
ナルトはピンク色が鮮やかで、存在感がありますね。

で、追加でお願いした“カレーがけ”ですよ。
とりあえず、まずは少量をご飯に掛けてみますw
辛さは無く万人受けするカレーですので、ご飯にもバッチリとハマリますね!

そして、麺の上から一気に掛けちゃいます。
ちょいとカレーが勝ち過ぎる感じでしたが、なんとなくショッパーさが緩和され食べやすいチューニングになりましたよ。
“カレーがけ”追加もアリですな。


美味しかったです。

極細の麺で個性的な油そばになってましたが、
やはりこのテの一杯は太めの麺の方がイイですかね~。

次回は“花びらチャーシューメン”食べてみよっと♪

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「【春季限定】博多汁なし担担麺(並)¥853」@RAMEN EXPRESS 博多一風堂 三井アウトレットモール入間店の写真『RAMEN EXPRESS 博多一風堂 三井アウトレットモール入間店』さんに訪問です。

12時40分くらいに訪問しましたが、
並びはなく、すんなりとレジ前まで行けましたよ。

レジ前のメニュー表を見て、何にするか選んでいると、
“博多汁なし担担麺(並)”ってのを発見しちゃいましたよ!

4月3日~5月26日までの春季限定って事ですし、ソレにしちゃいますかね~。

で、注文後は3分ほどでベルが鳴りましたよ。
なんか寂しいビジュアルですねぇ…。(後述しますが、この時に気付いときゃ良かったンです…。。)

では頂きまーす!
麺はストレートタイプの細麺です。
ちゃいヤワめのモッチリとした食感ですね。
麺と麺がくっついて混ぜづらいですねぇ…。
タレもそんなに多くないので、なかなか全体に絡まってくれませんよ。。

タレは豆乳担々胡麻ダレですって。
豆乳は良く分かりませんが、甘味のある胡麻の風味が広がりますよ。
っていうか、ヘタレにはカラシビがそこそこ厳しめですわw
ラー油の辛さと花椒の痺れにより、胡麻の風味や甘みが霞んじゃってます。。

具材は、肉味噌・チンゲン菜・ネギ・豆苗・カットレモン、
あとはご飯が付いてきますよ。

っていうか、卵黄ねーじゃんw

食べ終わる頃に気付いちゃいましたが、メニュー表の写真には中央に卵黄が鎮座してますし、
『卵黄を割って思いっきりかき混ぜてお召し上がりください』って書いてありますし…。

ワタクシの食べたヤツの写真を見てみると、ちょうど中央付近にスペースができてますが、
きっとココに卵黄を載せる予定だったンでしょうね…w
(メニュー表の写真を載せておきましたので、見てみて下さいなw)

卵黄があれば辛さもマイルドになったでしょうし、コクもアップしたでしょう。。
こりゃガッカリですわ…。


で、最後は付属のご飯で飯割りをしたかったンですが、
タレや肉味噌が全く余りませんでしたので、そのまま白飯として食べちゃいましたよw



うーん、、、、

なんか諸々残念な一杯でしたねぇ…。
卵黄があったとしても、この価格は高いですし。。

無難に豚骨にするべきでしたね!w

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件

「油そば ¥780」@赤青(MURASAKI)の写真小金井の『赤青(MURASAKI) 』さんに訪問です。

19時30分くらいに到着すると、先客は2名です。
ちなみに後客は4名でした。。

券売機でまずは“油そば”をポチっとします。
続いて“ビール中瓶(500円)”もポチっと♪

ツマミとして食べてみたかった“炙り焼きちゃーしゅーステーキ(500円)”は×印が点灯してますよ…。
うーん、残念。。

代わりに“水餃子(250円)”と、“チャーシュー(250円)”をポチっとします。

食券を手渡す際に「チャーシューはツマミ用でお願いします!」と伝えて着席すると、
すぐにビールの登場ですよ。 赤星旨いわ~♪

で、チャーシューや水餃子を頂いて、
ちょうどいいタイミングで、“油そば”が登場しましたよ。

では頂きまーす!
麺は平打ちタイプの極太麺です。
ムチモチっとした食感ですよ。
麺量も多めで、食べ応えがありましたね~。

タレは醤油ベースで、鶏油による鶏の旨味とコクがシッカリめに主張してキますね。
ちょいと油分が多めで唇がペトっとしますが、まぁ許容範囲内です。
醤油は濃すぎず、イイ感じで主張してキますね。

具材は、チャーシュー・メンマ・ネギ・紫タマネギ・ベビースター?・刻み海苔、
あと別皿で魚粉が提供されましたよ。

チャーシューは豚と鶏です。
食べやすいようにカットされてるのは好印象でしたね。
バーナーで炙ってあるので、香ばしさもイイ感じでし、量的にも申し分ないですよ。
鶏皮もあって、なんか得した気分でしたわw
メンマはちょい硬めでゴリっとした食感が楽しめるタイプです。
紫タマネギは彩り的にもイイですし、シャキっとした食感もイイですね。
ベビースター?はパリパリッとした食感がアクセントになりましたよ。

終盤から味変用の魚粉を投入します。
悪くないですが、個人的には入れない方が好きですわ~。


美味しかったです。

後客さんが食べてた汁ソバも旨そうでしたし、
×印が点灯してた“炙り焼きちゃーしゅーステーキ”も食べてみたいですし、
また訪問してみたいですね~♪

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば ¥800」@麺や 笑 ~Sho~の写真『麺や 笑 ~sho~』さんに訪問です。

11時05分くらいに到着すると先客は3名ですよ。
まだ開店したばかりですが、皆さんもう食べ終わりそうな感じですね。

ん? あれ!?
食べてるのはBさんじゃないですか!w

こんにちわ~♪
挨拶してから券売機に向かいます。

特に悩むことなく“まぜそば”をポチッとして、
カウンター席に座ると7分ほどでご対麺です。

最初に具材の確認をしときましょう~。

具材は、チャーシュー・メンマ・刻みタマネギ・水菜・カイワレ・削り節・卵黄・刻み海苔、
あと丼の縁におろしニンニクと辛味噌です。

では頂きまーす!
麺は中太で緩くウェーブしており、少し平べったさがありますね。
モッチリとしながらも、ほどよい弾力も楽しめますよ。
ちなみにデフォの麺量は220gとの事で、今回は少なめでお願いしてます。。

タレは醤油ベースで鶏も少し加えられてるンでしょうか。
ちょいとトロンとしており、麺や具材との絡みも良好ですよ。
角のない醤油感に煮干が効いてますので、和風感のある味わいになってますが、
丼の縁にあるニンニクを加えると、一気にパンチアップしましたね。
その後、辛味も加えるとまた印象が変わりましたよ。


美味しかったです。

Bさんの情報によりますと、朝霞台からバスで行きやすいみたいですので、
今度は夜に飲みに来ようと思いまーす!

っていうか、Bさん一緒に行きましょう~♪

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 2件