なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

たく☆(摂生中)

埼玉県

美味しいラーメンが大好きです(*^-^)ニコでも、そんなに量は食べれません…。小食なもンでw

平均点 78.837点
最終レビュー日 2019年6月26日
2,743 1,280 0 32,631
レビュー 店舗 スキ いいね

「魚介香る担々麺 ¥810」@らーめん芝浜の写真『らーめん芝浜』さんに訪問です。

9時30分くらいに到着すると、先客は8名です。
ちなみに後客5名でした。。

カウンター席に座り、メニューを眺めます。
結構悩みましたが、決めたのは“魚介香る担々麺”ですよ。

口頭でソレをお願いすると、3分ほどでご対麺です。
早いッスね~。

では頂きまーす!
麺はストレートタイプの極細麺です。
しなやかさと軽めのポキ感がイイ感じですね~。
ツルリとした麺肌で啜りやすさもありますよ。

スープからは胡麻のイイ香りがしてキますよ。
芝麻醤由来の胡麻の甘みや風味に、強すぎないカラシビ感が味を引き締めてくれます。
メニュー名にある魚介はバカ舌なのでよく分かりませんでしたが、きっと下支えで貢献してるンでしょうねw

具材は、肉味噌とネギです。

肉味噌は甘味のある味付けです。
美味しいのでもっとタップリ入れて欲しいッス!w
ネギの緑色が朱色のスープに映えますね~。


美味しかったです。

この一杯が朝7時から食べられるってのはイイですね~♪

隣の方が食べてた“和牛ハンバーグ丼”がめっちゃ旨そうでしたので、
再訪時はソレを食べてみたいです!!

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 2件

「【春季限定】博多汁なし担担麺(並)¥853」@RAMEN EXPRESS 博多一風堂 三井アウトレットモール入間店の写真『RAMEN EXPRESS 博多一風堂 三井アウトレットモール入間店』さんに訪問です。

12時40分くらいに訪問しましたが、
並びはなく、すんなりとレジ前まで行けましたよ。

レジ前のメニュー表を見て、何にするか選んでいると、
“博多汁なし担担麺(並)”ってのを発見しちゃいましたよ!

4月3日~5月26日までの春季限定って事ですし、ソレにしちゃいますかね~。

で、注文後は3分ほどでベルが鳴りましたよ。
なんか寂しいビジュアルですねぇ…。(後述しますが、この時に気付いときゃ良かったンです…。。)

では頂きまーす!
麺はストレートタイプの細麺です。
ちゃいヤワめのモッチリとした食感ですね。
麺と麺がくっついて混ぜづらいですねぇ…。
タレもそんなに多くないので、なかなか全体に絡まってくれませんよ。。

タレは豆乳担々胡麻ダレですって。
豆乳は良く分かりませんが、甘味のある胡麻の風味が広がりますよ。
っていうか、ヘタレにはカラシビがそこそこ厳しめですわw
ラー油の辛さと花椒の痺れにより、胡麻の風味や甘みが霞んじゃってます。。

具材は、肉味噌・チンゲン菜・ネギ・豆苗・カットレモン、
あとはご飯が付いてきますよ。

っていうか、卵黄ねーじゃんw

食べ終わる頃に気付いちゃいましたが、メニュー表の写真には中央に卵黄が鎮座してますし、
『卵黄を割って思いっきりかき混ぜてお召し上がりください』って書いてありますし…。

ワタクシの食べたヤツの写真を見てみると、ちょうど中央付近にスペースができてますが、
きっとココに卵黄を載せる予定だったンでしょうね…w
(メニュー表の写真を載せておきましたので、見てみて下さいなw)

卵黄があれば辛さもマイルドになったでしょうし、コクもアップしたでしょう。。
こりゃガッカリですわ…。


で、最後は付属のご飯で飯割りをしたかったンですが、
タレや肉味噌が全く余りませんでしたので、そのまま白飯として食べちゃいましたよw



うーん、、、、

なんか諸々残念な一杯でしたねぇ…。
卵黄があったとしても、この価格は高いですし。。

無難に豚骨にするべきでしたね!w

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件

「じゃが芋坦々麺 ¥900」@めんや 正明の写真志木の『めんや 正明』さんに訪問です。

20時くらいに到着すると、先客は5名です。
ちなみに後客は8名でした。。

券売機で、まずは“瓶ビール(550円)”をポチっとします。

昼飯を食べそこねてしまい、お腹ペコペコ状態でしたので、
“餃焼子(400円)”、“鰤お刺身(550円)”、“おつまみ3点盛り(350円)”もポチポチポチっと連打しちゃいましたよw


カウンター席に座ると、すぐにビールの登場ですよ。
空きっ腹にビールが沁みますわ~w

鰤のお刺身やおつまみを頂いてると、あっという間にビールが無くなっちゃいましたので、
ビールと“海老ワンタン(220円)”を追加しちゃいます♪

で、、
〆に選んだのは“じゃが芋坦々麺”ですよ。
ビールにも合いそうな一杯ですし、更にビールを追加しちゃいましたわw

食券を手渡す際に「辛いですか?」と聞いてみると、
『辛さ控えめもできますよ~。』との事でしたので、辛さ控えめでお願いしますw

で、そんなに待たずにご対麺です。

では頂きまーす!
スープは熱々ですね~。
ジャガイモという事でトロンとしているのかと思いきや、粘度なくサラリとしてますよ。
ベースは鶏でしょうか、優しい味わいにジャガイモの風味が広がります。
上から掛けられたラー油の辛味や、山椒の刺激により、担々麺な仕上がりになってますね。
辛さ控えめなので、強過ぎない辛さですし、挽肉からの甘みなんかも加わりますので、
ワタクシみたいなヘタレにはちょうどいいバランスになってましたよ。

麺はストレートタイプの細麺です。
極細とまではいきませんが、かなり細めですね。
茹で加減は硬めで、軽くコキ感がありますよ。
スープの温度により徐々に柔らかくなってきますが、ダレるって感じではありませんでしたね。

具材は、挽肉・メンマ・ネギ・モヤシ・ジャガイモ・ハーフ味玉です。

挽肉は玉葱と一緒に炒めてありましたね。
メンマは短冊状で適度にコリっと。
飴色になった玉葱は甘味があって旨し~。
ネギは2種類です。白と緑で見た目もイイですね。
ジャガイモはホクっとしてます。
ハーフ味玉はトロンとした黄身で甘みもありましたね。


美味しかったです。

コレはビールと合いましたね~♪
残ったスープにライスもハマりそうでしたが、お腹イッパイで無理でしたわw

っていうか、アルコールメニューを増やしてもらえませんかね~??
ビール以外のアルコールも飲みたいですし!w

お酒の種類が増えたら、訪問頻度もきっと上がりますわ~w
是非、ご検討下さーいm(_ _)m

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定?】担々麺もどき(麺少なめ)¥750」@自家製麺ラーメンKの写真みずほ台の『自家製麺ラーメンK』さんに訪問です。

11時50分くらいに到着すると、先客は6名です。
ちなみに後客は1名でした。。

入店し券売機を眺めますが、特に限定の記載はありませんね。。

しばしボーっと眺めていると、厨房内の店主さんから、
『担々麺もどきみたいなのだったら出来ますよ~。』と言われましたよ。

久しぶりに訪問しましたが、限定狙いだってのがバレましたかね~?w

まぁ、そういうメニューがあるなら、
ソレにしなきゃイケませんね!w

担々麺もどきの値段を確認すると、800円との事でしたので、
同額の食券を購入し、カウンター席に座ります。

食券を手渡す際に、麺少なめでお願いすると50円がバックされますよ。
こういうサービスは嬉しいですよね~♪

で、注文後は10分ほどでご対麺です。

では頂きまーす!
スープはトロ~ンとした粘度がありますよ。
胡麻の甘味が中心となってますが、後口にラー油のピリッとした辛さが残りますね。
徐々に花椒の風味も加わってキますので、軽い痺れも感じられますね~。
胡麻の甘さとカラシビ具合が、ヘタレにはちょうどいい感じのチューニングになっており後を引きますよ。

麺は中太で縮れのあるタイプです。
平べったさがありますので、軽いピロ感が楽しめますね。

具材は、チャーシュー・穂先メンマ・ネギ・キャベツ・水菜です。

チャーシューは2種類入ってます。
どちらもシットリタイプで美味しいですが、鶏の方がこのスープには合ってるかも。
穂先メンマはヤワコリっとしてます。
味付けも良く、ビールと一緒に頂きたくなりますねw
キャベツや水菜のシャキ感はアクセントになってイイですね~。


食後、店主さんに「コレのメニュー名は担々麺ですか?」と聞いてみると、
『挽肉も無いし、担々麺じゃないでしょ~(笑)』との事でしたよw

ちょっと前まで担々麺が提供されてたそうですが、牛挽肉が無くなったので終了したンですって。
で、担々麺に使用してた胡麻が残ってたので、今回のメニューを作ってくれたそうですわ。

メニュー名に関してはよく分からんって感じでしたので、
最初に言われた“担々麺もどき”ってのを勝手にメニュー名にしちゃいましたよw
悪しからず~。


担々麺もどきな一杯も、美味しかったですよ~♪

また来まーす!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 4件

「【限定】冷やし豆乳担々麺 ¥750」@アワトロ龍宮の写真蓮田の『アワトロ龍宮』さんに訪問です。

開店の2分くらい前に到着すると、待ちが1名ですよ。
接続し、しばしボーっと待ちます。。

で、定刻を少し過ぎたところでオープンですよ。
ちなみに開店待ちはワタクシを含めて3名で、
その後のお客さんは6名でした。。

着席し、メニューを眺めます。

ついさっきまでは“アワトロラーメン(750円)”にしようと思ってましたが、
並んでる間に『冷やし豆乳担々麺あります!』って呟きを発見しちゃったンですよね~。

ソレがかなり気になりましたので、店主さんに「辛いですか?w」と聞いてみると、
『そんなに辛くないですよ♪』との回答でしたので、“冷やし豆乳担々麺”をお願いしちゃいます。

で、注文後は10分弱でご対麺です。

では頂きまーす!
スープはクリーミーで、滑らかさのある口当たりですね。
胡麻の風味とスパイスの香りが食欲を掻き立てますよ。
スパイスは個人的には八角がやや前方にキてるように感じられましたね。
上から掛けられたラー油がヤバそうな色合いでしたので、ちょいとビビっちゃいましたが、
濃厚な胡麻の甘みや豆乳のコク、ソレにスープや麺の冷たさもありましたので、
ヘタレでもちょうどイイ感じの刺激と、マイルドな辛さになってましたね~。

麺は平打ちタイプの太ストレートです。
シッカリと〆られており、ムチシコっとした弾力が楽しめましたね。
軽くウェーブしてますので、スープの拾いも良好でしたよ。

具材は、鶏そぼろ・ネギ・チンゲン菜・ハーフ味玉です。

鶏そぼろは少し温かさがあり、冷たいスープの中でも存在感がありましたよ。
多めに入ったネギのザクザクっとした食感は、とってもいいアクセントになりましたね~。
チンゲン菜は見たまんま~。
ハーフ味玉はネットリとしたゼリー状の黄身ですよ。


美味しかったです。

飯割りしたくなりましたが、店主さんお一人で忙しそうだったので、
なんか頼めずに終了しちゃいましたよ。。

注文・調理・会計・片付けを一人でやるんじゃ、大変ですよねぇ~。
せめて券売機でもあると良さそうですが…。

さて、次回はアワトロラーメンかなぁ~。
でも、デフォの担々麺も食べてみたいですし、かなり悩みそうですわ!w

また来まーす♪

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】タンタンつけ麺 ¥800」@麺屋 鶏口の写真上福岡の『鶏口』さんに訪問です。

12時30分くらいに到着すると、先客は5名です。
ちなみに後客は3名でした。。

狙いは限定の“タンタンつけ麺”ですよ!
注文の前に一応確認しときますかね~、「辛いですか?」とw

すると店主さん、『そんなに辛くないですけど、調整できますよ~♪』との事ですわ。

まぁ大丈夫だと思いますが、念のため「辛さ控えめで!」と伝えますw
麺量は300gなので、少なめでお願いしちゃいます。。

で、注文後は15分ほどでご対麺です。

では頂きまーす!
麺はストレートタイプの太麺です。
ムチムギュっとした弾力と、ツルリとした滑りの良さがイイ感じですよ。

つけ汁は酸味と辛味、ソレに胡麻のコクが中心となってますが、
ベースの鶏スープの旨味もありますので、味に深みが出てますね。
辛さ控えめでお願いしましたので、ワタクシ的にはちょうどイイ具合の辛さになっており、
酸味や胡麻の風味をちゃんと楽しむ事ができましたよ。

具材は麺側に、チンゲン菜・ネギ・糸唐辛子・刻み海苔・味玉で、
つけ汁内には、鶏そぼろ・ネギ・ザーサイです。

鶏そぼろは、かなりタップリと入ってましたので、
食べても食べてもなかなか減らないッスw
ネギは麺側とつけ汁側にありましたが、斜め切りされたものと、
小口切りにされたものの2種類ですので、食感の違いが楽しめましたね~。
ザーサイは細切りにされており、サクリとした食感。
味玉はネットリとした黄身で、甘味があって旨し~。

で、、
麺を食べ終えると、つけ汁内にはまだ鶏そぼろが沢山沈んでますよ。

ちょっと悩みましたが、ライスをほんの少しだけ頂いちゃいました~。

レンゲで鶏そぼろを一生懸命掬って、ライスに掛けて頂きましたが、
「こりゃライスで〆るヤツだ!」って思っちゃいましたよw

皆さん、コレにはライス必須ですよ~♪


美味しかったです。

担々系ってあまり食べないンですが、コレはハマりそうな一杯でしたね~♪

酸味をもうちょっとだけ抑えめにしてもらったら、
もっとワタクシ好みになりそうですw


また来まーす!

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 27件

「【昼限定】濃厚担担つけめん ¥880」@つけめん102 大宮店の写真大宮の『つけめん102』さんに訪問です。

12時ちょい前に到着すると、外待ちが3名ですよ。
接続する前に食券を購入しときましょう~。

店頭の看板に『限定 汁なし担々麺』とありましたので、
ソレにしてみようと思ってたンですが、券売機を見ると昼限定との事で、
“濃厚担担つけめん”ってボタンがあるじゃないですか!

暑かったので、なんとなくつけ麺の気分になってしまい、
“濃厚担担つけめん”をポチっとしちゃいます。

最後尾に接続し、しばし外で待ちます。。

ボーっと待ってる間に、前回の訪問がいつだったのかを確認してみると、
約4年8ヶ月ぶりでしたわw

そんなに前だったンだ~、なんて思っていると7分ほどで店内に通されましたよ。
ちなみに後客は15名ほどでした。。

で、着席後は約8分でご対麺です。

では頂きまーす!
麺はストレートタイプの太麺です。
ツルプリっとした食感と、ムギュっとした弾力、
ほんのりとした甘みもあって、イイ感じの麺でしたね~。

つけ汁は少し粘度がありますよ。
芝麻醤由来の胡麻の風味が強めで、口当たりは濃厚です。
辛さはピリ辛程度で全く問題ないンですが、塩気が強く結構なショッパさでしたねぇ…。
麺をドップリ浸けるとショッパ過ぎるので、3分の1くらい浸けるスタイルで食べ進めちゃいましたし。。
で、中盤からは卓上にあったポットの鰹だしを投入してみちゃいます。
ショッパさは和らいで食べやすくなりましたが、胡麻の風味は遠くいってしまい、
なんか担々っぽさが無くなっちゃいましたわ。。

具材は、挽肉・メンマ・ネギ・カイワレです。

挽肉はそんなに多く入ってません。
麺に絡んでくる事も殆どありませんので、最後にレンゲで掬って一気に食べちゃいましたw
メンマは細かくカットされており、コチラも挽肉同様で箸ではなかなか取りづらいですな。


うーん、、
麺は美味しかったンですが、
つけ汁がワタクシにはショッパ過ぎでしたねぇ…。

具材も乏しいですし、880円はちょっと高めに思えちゃいましたし。。


ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 6件

「汁のない担々麺 ¥800」@湯麺 破天荒の写真この日も板橋散策。

板橋区役所周辺をフラフラしちゃいますw

で、入店したのが『湯麺 破天荒』さん。

12時ちょい前に訪問すると先客は4名です。
ちなみに後客も4名でした。。

カウンター席に座り、メニューを眺めます。

決めたのは“汁のない担々麺”ですよ。
黒ゴマ主体のようですし、ヘタレでもイケそうでしたから、
迷わずソレにしちゃいましたわw

で、注文後は5分ほどでご対麺です。

では頂きまーす!
麺は中細で縮れのあるタイプです。
ややヤワめの茹で加減で、モッチリしてますよ。

マゼマゼしてみると、上から掛けられた擂った黒ゴマの風味と、
芝麻醤由来の風味も感じられますが、
ソレよりもラー油系の辛さと、花椒由来の痺れがかなり強めに主張してキますよ。
輪切りにされた鷹の爪も多めに入っており、
ヘタレにはかなり厳しめのカラシビ感になってますわ。。
ゴマの甘味を期待してましたが、かなり弱めでホント想定外でしたw

具座、挽肉・モヤシ・キャベツ・フライドオニオン・鷹の爪・黒ゴマです。

挽肉は甘味がありますので、オアシス的な存在になりましたよ。
モヤシやキャベツも同様ですわw
時折感じられるフライドオニオンのサクサク感はアクセントになってましたね。


辛かったですが、なんとか頑張って食べきり額の汗をふきふき水を飲んでいると、
後客さんが『汁のない担々麺と、サービスのライス!』って注文してますよ。

サービスのライス??

メニューを見ると下の方に『平日昼は麺類に小ライスサービスです。注文時におっしゃって下さい。』って記載がありましたが小さめの文字なので、気付きませんでしたわ。

ライスがあれば、もっとペースが上がったのに~。

注文時にアナウンスが欲しいっス!w


で、、
個人的にはカラシビをもっと控えめにしてほしいかなぁ~と。
せっかくのゴマの風味が分かりづらくなっちゃってますし。。
まぁ辛いのが好きな人が食べたら、きっと違う感想になるンでしょうけどねw

あと、擂りゴマの粉っぽさが軽減されるとイイですな!

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】もち豚の肉味噌坦々麺 ¥1100」@生粋 花のれんの写真2400~♪

茗荷谷の『花のれん』さんに訪問です。

限定の坦々麺が食べたくて来ちゃいましたよ!

20時ちょい前に到着すると先客は7名です。
ちなみに後客は10名でした。。

入店し、券売機でお目当ての“もち豚の肉味噌坦々麺”をポチっとします。
一緒に頼みたかった追い飯用の“もち豚のそぼろご飯(250円)”は、なんと売り切れ表示…。

残念です。。

代わりに“エビスビール(400円)”、“もち豚チャーシュー2種盛り(300円)”、
“福岡産刻み竹の子(150円)”、“季節の温野菜(200円)”をポチポチポチポチっとしちゃいましたわw

で、券売機をよく見ると【限定5食】の“自家製クレームブリュレ(150円)”が点灯してるじゃないですか!

コレは逃しちゃイケないヤツとの情報を得てますので、迷う事なくソレもポチっとしちゃいましたよ。
いや~、残っててラッキーでしたね~。

追い飯が売り切れてて、ちょいとテンションが下がったンですが、
コレでまた一気にテンションが上がりましたわw

食券を手渡し、カウンター席に座ると、
すぐにビールやツマミの登場です。

で、気になってた坦々麺の辛さについて伺ってみると、
『カレーの中辛が食べられるなら、大丈夫ですよ~♪』とのお言葉を頂きましたよ。

そんなに辛くなさそうなので、辛さ控えめコールをする事なく、
デフォの辛さのままでお願いしちゃいます。

で、ちょうど良い頃合になりましたので、
坦々麺をお願いすると、6分ほどでご対麺です。

では頂きまーす!
スープを啜ってみると、まずはふんわりと胡麻の風味が広がりますよ。
次いでラー油由来の辛味がキますが、なんか上品な辛さなンですよね。
優しい酸味と、花椒由来のヒリっとしたシビレも感じられますが、
コチラもラー油の辛味同様、品があってスッと引いていくンですわ。
ベースの鶏スープにより、濃厚一辺倒にならずスッキリさも兼ね備えた深みのある味わいになってますね~。
具材の肉味噌を一緒に頬張ると、肉味噌由来の甘味も加わって、
また一段と旨さがアップしますよ。
こりゃ旨いですわ♪

麺はストレートタイプの細麺です。
坦々麺にしてはちょいと細めに思えましたが、濃厚スープに負けておらず意外に存在感がありましたよ。
程よい弾力と啜りやすさがまたイイ感じでしたね~。

具材は、肉味噌・メンマ・ネギ・カシューナッツ・味玉です。
※本来は柚子皮も入りますが、抜いてもらってます。。

肉味噌は前述したように甘味がアクセントになり、
粗めに挽いてありますので、シッカリめの肉感が楽しめましたね。
メンマは食べやすい大きさにカットされており、シャクっとした食感。
砕いたカシューナッツの食感もアクセントになりますし、白と緑のネギは彩り的にもイイですね~。
味玉はちょいとネットリとした黄身で、甘味もあって旨いっス♪


いや~美味しかったです!

上品で旨みの詰まった一杯でしたね~♪
最後はライス投入で〆たかったンですが、ご飯類は全て売り切れだったンですよ。。
ホントは専用の“もち豚のそぼろご飯”を試してみたかったですわ~。


で、、
食後のクレームブリュレです!
提供直前にキャラメリゼされてますので、表面は軽くパリっとしてますよ。
濃厚な味わいとフワトロな口当たりでウチャウマです♪
150円ですし、コレはあったら頼まなきゃイケないヤツですわ!w


再訪時もクレームブリュレがあったらイイなぁ~♪

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 9件

「【ふじみ野市産業まつり】汁なしチーズ担々麺 ¥550」@和風らーめん 凪の写真富士見市の『和風らーめん凪』さんに訪問ですが、
先週に引き続き、今週もイベントでの一杯ですよ。

今回は『ふじみ野市産業まつり』というイベントです。
ちなみに、先週のは『富士見市ふるさと祭』というイベントですよ。

ふじみ野市と富士見市で、ちょっと分かりづらいですが、
まぁ隣にある市なンですわw

お昼前に到着すると、4名ほどの並びが発生してますよ。

メニューを確認すると、“とんこつらーめん(550円)”って記載がありますね。

凪さんで豚骨って珍しいなぁ~、なんて思いながらソレをお願いして会計を済ませます。

配膳を待っていると、店主さんより『裏メニューで、“汁なしチーズ担々麺”がありますよ~♪』って言われちゃいましたよ!

イベントでも裏メニューですか!? さすが凪さんですなw
まぁ昨年のイベント時にも裏メニューがありましたからね~。

もちろんソレに変更していまーす♪

で、ちょっと待ってご対麺です。

では頂きまーす!
麺は中太の平打ちのタイプで、強めに縮れがありますよ。
少しヤワめの茹で加減で、モッチリとして食感になってますね。

マゼマゼすると胡麻の甘味とコク、ソレにラー油に辛味がキますよ。
花椒由来の軽くヒリっとした感じが、イイ刺激になりましたね~。
チーズによりマイルドな方向に纏められますので、食べやすい坦々麺になってますな。

具材は、挽肉・ネギ・とろけるチーズ・ハーフ味玉です。

挽肉の上にとろけるチーズを載せて、ソレをバーナーで炙ってましたよ。
挽肉は温かくなってますし、とろけるチーズは香ばしさとネットリ感がありましたし、
バーナーで炙るひと手間は嬉しいですな。
ネギのザクっとした食感はアクセントになりましたね~。
ハーフ味玉は中央で存在感を発揮してますw


美味しかったです。

麺を食べ終えると、少し挽肉が余りましたので、
追い飯したくなっちゃいましたが、さすがにイベントでソレは無いですわなw

今度はお店で頂きたいですね~♪

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 156件