なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

たく☆(摂生中)

埼玉県

美味しいラーメンが大好きです(*^-^)ニコでも、そんなに量は食べれません…。小食なもンでw

平均点 78.837点
最終レビュー日 2019年6月26日
2,743 1,280 0 32,631
レビュー 店舗 スキ いいね

「特製三位一体(アワビの肝×サザエ×真鯛)¥1100」@中華そば 和渦 TOKYOの写真品川の『中華そば 和渦 TOKYO』さんに訪問です。

到着すると先客は10名ですよ。

券売機でメニューを選びますが、“三位一体(900円)”が点灯しましたので、
ソレの特製をポチっとしちゃいます。
ちなみに、この日の三位一体は『アワビの肝×サザエ×真鯛』ですって。

あと、“店主気まぐれビール(600円)”と、
“チャーシュー(300円)”をポチポチっとして、食券を手渡す際に「チャーシューはツマミ用にして下さい!」と伝えます。

着席すると、すぐにビールが届けられましたよ。
店主気まぐれビールはドイツの“ビットブルガープレミアム”でしたね~。
一緒に提供されたアテの刻みチャーシューがピリ辛でビールと相性抜群でしたよ。

で、ビールは330mlなのであっという間に飲み干しちゃいました。。

ツマミ用に頼んだチャーシューはまだ出てきてませんので、
“プレミアムモルツ(小瓶)400円”を追加しちゃいますw

プレモルとチャーシューは一緒に届けられましたよ。
アテのピリ辛チャーシューも旨かったですが、このチャーシューもイケますね。

で、もうちょっとで無くなりそうなタイミングで、
「麺はそろそろお作りしてよろしいですか?」と確認されましたよ。

こういう声掛けは嬉しいですね~♪
「お願いします!」と答えます。

で、ご対麺です。

おっと、柚子発見!!
最初にサヨナラしちゃいましょう~w

では頂きまーす!
スープはかなり濃いめの色合いでしたので、エグさとかがあるのかなぁ~なんて思っちゃいましたが、
そういうのはありませんでしたね。
ややサザエが前方でしょうか、磯の香りと共に風味が広がってキますよ。
少し芳ばしさがあり、香味油はネギ油を使ってるような感じでしたね。
サザエとアワビの肝は、特に変なクセなどは無いですよ。
醤油とのバランスもイイですが、真鯛はあまりよく分かりませんでしたね。。

麺は中太でプリモチっとした食感ですよ。
軽く縮れがありますので、スープの持ち上げも良好ですね。

具材は、チャーシュー・ワンタン・メンマ・ネギ・三つ葉・ミョウガ・柚子皮・バター・ハーフ味玉です。

チャーシューはバラとロース系で、全部で4枚入ってますよ。
ワンタンは2個入っており、豚と鶏ですって。
チュルリとした皮で、豚の方は生姜が効いてましたね。
メンマは適度にコリ感があって、味付けもイイですよ。
バターは徐々にスープに溶け込んでいきましたが、味にコクと深みがプラスされ、なかなか良かったですね。
味玉は濃いオレンジ色のネットリとした黄身ですよ。


美味しかったです。

このスープの感じも良かったですが、
もうちょっと真鯛の主張が強くても面白そうですけどね~。

次回はデフォのメニューを頂いてみよっと♪

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「ねぎ油そば+焼豚+キリンクラシックラガー(小瓶)=¥1410」@中華そば 六感堂の写真池袋の『中華そば 六感堂』さんに訪問です。

到着すると、先客は4名です。
ちなみに後客は5名でした。。

券売機で、まずは“ねぎ油そば(680円)”をポチッとます。

暑かったので“キリンクラシックラガー小瓶(430円)”をポチっとして、
“焼豚(300円)”もポチっとしちゃいます。


食券を3枚を高台に置き「焼豚はツマミにしたいので、先にお願いします!」と伝え、了承を得ます。

で、細麺か手揉み麺かを確認されましたので、
特に考えることなく「手揉み麺で!」と答えます。

注文後はすぐにビールが届けられ、喉を潤していると焼豚が登場しましたよ。
焼豚はツマミ用でお願いしたからなのか、メンマも付いてて嬉しくなっちゃいましたね~♪

で、ツマミが無くなるタイミングでご対麺です。
一緒に酢が提供されましたよ。

では頂きまーす!
麺は平べったさのある太麺で、ランダムな縮れがありますよ。
プリっとした弾力と、適度なモッチリさが油そばにハマってますね。

タレはやや濃いめの醤油感ですが、芳醇さがありますよ。
底の方から念入りにマゼマゼすると、ネギ油と相まって、
芳醇さにほんのりとした香ばしさのあるの風味がプラスされますね。
まったりと旨味が広がり、シンプルですが後を引きますよ。

一緒に提供された酢は、レモン酢でしょうかね。
爽やかな酸味と強めの主張で、味変にはピッタリなンですが、
元々のタレや油が旨いので個人的には入れなくてもイイかな~と。。

具材は、チャーシュー・メンマ・ネギ・カイワレ・ナルトです。

チャーシューは少し厚めにカットされてます。
提供前に炙ってありますので、ヤワホロ状態になってますよ。
メンマは細切りタイプで、軽めにコリコリっとしてます。
ネギはザクザク感がアクセントになりましたね。


美味しかったです。

シンプルな一杯ですが、奥深さがあり後を引きましたね~♪

この一杯には卵黄が合うと思いますので、
有料で構わないですから、卵黄もメニューに入れておいて欲しいですな!w


“煮干し油そば(680円)”ってメニューもありますし、
油そばは背脂入りのver.もありますし、こりゃまた来なきゃイケませんね~。

ご馳走さまでした。



あっ、そうだ!
“冷やし中華(850円)”ってメニューがありましたよ!

冷やし旅をしてるパパさん、是非レビュをお願いしまーす♪

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ワンタン麺¥850+チャーシュー¥200=¥1050」@中華そば さわの写真中板橋の『中華そば さわ』さんに訪問です。

12時30分くらいに到着すると、先客は4名です。
ちなみに後客は6名でした。。

入店し、券売機でメニューを選びます。
特製も気になりましたが、なんとなく“塩ワンタン麺”をポチっとちゃいます。
あと、これまたなんとなく“チャーシュー”もポチっとしちゃいましたよ。

カウンター席に座ると、5分ほどでご対麺です。

では頂きまーす!
スープを啜ると、まずは鶏の旨みがキますよ。
多めに加えられている鶏油の影響が大きいのか、結構ドッシリとした鶏の旨みですね。
塩気は円やかで、ふくよかさがあり、食べ進めると後方から乾物系の旨みなんかが広がってくるのが分かりますよ。

麺は中細のストレートタイプです。
ツルリとした滑らかさのある麺肌で、プリっとした弾力がありますね。

具材は、チャーシュー・メンマ・ワンタン・ネギです。

チャーシューはエロピンクなヤツが4枚入ってます。
厚めにカットされてますが、柔らかさと適度な噛み応えがありますよ。
ワンタン5個入ってますので、結構なボリュームになってましたね~。
チュルンとした皮にプリっとした餡が入っており、シッカリめに生姜が効かせてありますよ。
メンマは材木状でゴリゴリっとしたイカツめの食感ですが、中心部は柔らかくスッと噛み切れます。


美味しかったです。

隣の人が食べてたチャーシューご飯も旨そうでしたし、
醤油も気になりますし、こりゃまた再訪しなきゃイケませんね~♪

その際はビールとセットで頂きたいッス!w

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「ちゃーしゅー麺 ¥900」@中華そば 竹千代の写真『中華そば 竹千代』さんに訪問です。

最近コチラのレビュを頻繁に目にするので、
めっちゃ気になってたンですよね~。

なので、早速行って来ました!

尾久駅って初めて下車するので、ちょいと緊張しましたが、
なんとビックリ、ホームでお友達を発見!
まぁ、考える事は一緒ですなw

で、改札を出ると今度は別のお友達を発見!!
またまたビックリしちゃいましたわw

10時46分くらいにワタクシを含めて5名で訪問すると、
すでに4名の方が並んでますよ。

最後尾に接続し、開店を待ちます。
ちなみに後客は退店時の並びを含めて11名でした。。

で、定刻の11時にオープンです。
コチラはカウンター7席のみなので、ワタクシとM'sさんは2巡目。

店頭でM'sさんとお話ししてると、なんと2軒目に登山を予定しているとか。
ビックリですわ~w

で、12分ほどで店内に通されます。

着席し、口頭で“ちゃーしゅー麺”をお願いすると、6分ほどでご対麺です。

では頂きまーす!
スープを啜ってみると、椎茸の風味とともに昆布の旨味が広がりますよ。
和出汁のような優しい味わいに醤油感もジワリとキますね。
重層的な深みがあって、コレは後を引きますよ。

麺はストレートタイプの細麺です。
プリっとした優しめの弾力で、しなやかさがありますね。
ツルリとした滑らかさのある麺肌なので、啜りやすさもありますよ。
結構細めなのでダレるのを心配しちゃいましたが、問題なく食べ進められましたね。

具材は、チャーシュー・メンマ・ネギです。

チャーシューは6枚入ってますよ。
プルンとした脂身の食感と甘味が、とってもイイ感じでしたね~。
で、メンマがまた旨いンですわ!
薄めの味付けも食感も絶妙でしたし、コレは有料でも増して頂きたいですよ!
九条ネギの風味もハマってましたね。


美味しかったです。

シンプルな見た目ですが、奥深さがありましたね~♪
卓上のWPもハマりましたよ。

また機会があれば訪問したいですね。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「和豚もち豚の油そば(追い飯付き)¥850+カレーがけ¥100」@ソラノイロ食堂の写真池袋の『ソラノイロ食堂』さんに訪問です。

19時30分くらいに到着すると、先客は4名です。
ちなみに後客は6名でした。。

券売機でまずは“瓶ビール大ビン(680円)”をポチっとします。

続けて“餃子(4個・300円)”、“唐揚げ(3個・300円)”もポチポチっとしちゃいます。

瓶ビールにはコロチャーのアテが付いてきますよ。
店内のBGMは90年代のヒット曲ばかり。
いや~、懐かしいですね~♪

で、瓶ビールが無くなり色々他のメニューを追加して、
最後に“和豚もち豚の油そば(追い飯付き)”をポチっとします。
あと、なんとなーく気になってた“カレーがけ”もポチっとしちゃいましたよw

食券を手渡すと『大盛無料ですが?』と確認されましたが、
「普通でお願いします。」と答えます。

で、そんなに待たずにご対麺です。

では頂きまーす!
麺はストレートタイプの細麺です。
油そばでは珍しいですね。
やや硬めの茹で加減で、細めですがブリっとした弾力がありますよ。

タレは醤油で、少し豚も加えられてる感じですね。
オイリーさはありませんが、醤油が強めなのでショッパーに感じられますよ。
マゼマゼすると背脂のコクや甘味、ソレに全卵の生卵により滑らかさのある口当たりと、
マイルドさが出てきますが、ソレでもまだちょっとショッパめですな。。

具材は、チャーシュー・ネギ・刻みタマネギ・モヤシ・ナルト・生卵です。
あと追い飯と、酢とラー油が提供されましたよ。

チャーシューは吊るし焼きで、角切りにされてますよ。
そんなに大きくはありませんが、9個ほど入っており満足感がありますね。
モヤシは適度にシャキッと。
刻みタマネギは辛味があって、逆にアクセントになりましたよ。
ナルトはピンク色が鮮やかで、存在感がありますね。

で、追加でお願いした“カレーがけ”ですよ。
とりあえず、まずは少量をご飯に掛けてみますw
辛さは無く万人受けするカレーですので、ご飯にもバッチリとハマリますね!

そして、麺の上から一気に掛けちゃいます。
ちょいとカレーが勝ち過ぎる感じでしたが、なんとなくショッパーさが緩和され食べやすいチューニングになりましたよ。
“カレーがけ”追加もアリですな。


美味しかったです。

極細の麺で個性的な油そばになってましたが、
やはりこのテの一杯は太めの麺の方がイイですかね~。

次回は“花びらチャーシューメン”食べてみよっと♪

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば ¥780」@赤青(MURASAKI)の写真小金井の『赤青(MURASAKI) 』さんに訪問です。

19時30分くらいに到着すると、先客は2名です。
ちなみに後客は4名でした。。

券売機でまずは“油そば”をポチっとします。
続いて“ビール中瓶(500円)”もポチっと♪

ツマミとして食べてみたかった“炙り焼きちゃーしゅーステーキ(500円)”は×印が点灯してますよ…。
うーん、残念。。

代わりに“水餃子(250円)”と、“チャーシュー(250円)”をポチっとします。

食券を手渡す際に「チャーシューはツマミ用でお願いします!」と伝えて着席すると、
すぐにビールの登場ですよ。 赤星旨いわ~♪

で、チャーシューや水餃子を頂いて、
ちょうどいいタイミングで、“油そば”が登場しましたよ。

では頂きまーす!
麺は平打ちタイプの極太麺です。
ムチモチっとした食感ですよ。
麺量も多めで、食べ応えがありましたね~。

タレは醤油ベースで、鶏油による鶏の旨味とコクがシッカリめに主張してキますね。
ちょいと油分が多めで唇がペトっとしますが、まぁ許容範囲内です。
醤油は濃すぎず、イイ感じで主張してキますね。

具材は、チャーシュー・メンマ・ネギ・紫タマネギ・ベビースター?・刻み海苔、
あと別皿で魚粉が提供されましたよ。

チャーシューは豚と鶏です。
食べやすいようにカットされてるのは好印象でしたね。
バーナーで炙ってあるので、香ばしさもイイ感じでし、量的にも申し分ないですよ。
鶏皮もあって、なんか得した気分でしたわw
メンマはちょい硬めでゴリっとした食感が楽しめるタイプです。
紫タマネギは彩り的にもイイですし、シャキっとした食感もイイですね。
ベビースター?はパリパリッとした食感がアクセントになりましたよ。

終盤から味変用の魚粉を投入します。
悪くないですが、個人的には入れない方が好きですわ~。


美味しかったです。

後客さんが食べてた汁ソバも旨そうでしたし、
×印が点灯してた“炙り焼きちゃーしゅーステーキ”も食べてみたいですし、
また訪問してみたいですね~♪

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「鰹昆布出汁醤油つけ麺 ¥850」@迂直の写真荻窪の『迂直』さんに訪問です。

10時45分の到着で、3番手でしたよ。
すぐに後客さんが来られて、店頭の待ち椅子が埋まります。

ちょっとすると、店員さんから『温かいお茶、いかがですか~?』とお声掛け頂きましたが、
「ビールを頼みますので~♪」と丁重にお断りしますw

その後、続々と後客さんが来られますが、
店頭の案内を確認して、離れた場所へと移動してましたよ。
正確な人数は分かりませんが、多分20人くらいでしょうかね。。

で、暖簾が掛けられ定刻通りにオープンです。
日当たりも良く、暖かかったので外待ちも苦になりませんでしたわ~。

入店し、券売機でまずは“鰹昆布出汁醤油つけ麺”をポチっとします。
続けて“ビール(500円)”をポチっとして、“肉増し(180円)”もポチっとしちゃいます♪

食券を手渡す際に「肉増しはツマミでお願いしまーす!」と伝え、了承を得ます。

『ビールはアサヒとハートランド、どちらにしますか?』と確認されましたので、
少し悩んで「ハートランドで!」と答えます。

着席すると、すぐにビールが登場し、
そのちょっと後にツマミ用のチャーシューが届けられましたよ。

っていうか、このチャーシューが旨いのなんのって!
ビールが進みましたわ~♪

で、その後10分ほどでご対麺です。

では頂きまーす!
麺は平べったさのある中太ストレートで、プリムチっとした食感ですよ。
ツルリとした麺肌で滑らかさがありますね。
鰹昆布出汁に浸かってますので、そのままでもイケちゃいますよ。

つけ汁はふくよかさのある醤油感で、角のない円やかな口当たりですが、イイ感じのキレがありますね~。
鶏の旨味もシッカリめにキますし、ひと口目から惹き付けられちゃいましたよ。
麺を浸すたびに鰹昆布出汁がつけ汁に加わるンですが、徐々に鰹や昆布の風味がプラスされましたね。
カウンターに貼ってあった食べ方の指南書みたいなのに記載されてましたが、つけ汁の温度が下がってくると、徐々に煮干が顔を出してきましたよ。
味の深みや変化が楽しめますし、こりゃ旨いですね~♪

具材は、チャーシュー・メンマ・ネギです。

チャーシューは2枚と、サイコロ大のコロチャーがゴロゴロ入ってましたよ。
吊るし焼きのようなチャーシューで、香りもよく旨いですね。
メンマは細めのタイプで、コリコリッとした歯応えのある食感。
時折感じられるネギのザクリとした食感はアクセントになりましたね~。

で、最後は鰹昆布出汁をつけ汁に投入し、
グビグビっと一気に飲んで、フィニッシュです。


いや~、美味しかったです!

めっちゃウマウマでしたし、接客やお店の雰囲気もイイですし、
こりゃ再訪は確実ですね~♪

次回は醤油らぁめんを狙ってみよっと!

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「特製中華そば¥1050+ビール小瓶¥250」@中華そば 銀座 八五の写真『中華そば 銀座 八五』さんに訪問です。

11時20分くらいに到着すると、外待ちが12名ですよ。
接続し、しばしボーっと待ちます。。

で、33分ほどで外待ちの先頭になり、
それから2分ほどで、店内に通されましたよ。
ちなみに、後客は25名くらいでした。。

券売機で“特製中華そば”をポチっとします。

外待ちで身体は冷えきってましたが、250円なので“ビール小瓶”もポチッとしちゃいますw

食券を手渡し、カウンター席に座るとすぐにエビスビールの登場ですよ。

喉を潤していると、4分ほどでご対麺です。
綺麗なビジュアルですね~♪

では頂きまーす!
スープは塩味でカエシは不使用との事ですよ。
店舗情報の備考欄によると、素材には色々と拘りがあるようですね。
複雑な味わいで表現するのは難しいですが、繊細さのあるスープで深みがありますよ。
穏やかな塩気やジンワリと優しく広がる旨味、それ故に物足りなさを感じる人もいると思いますが、
ワタクシ的にはこのジワジワ攻めてくる感じが良かったですね~。
チャーシューの上に振り掛けられたペッパーキャビアの辛味や刺激もあって、味わいの変化も楽しめましたよ。

麺はストレートタイプの細麺です。
プリモチっとしたしなやかさがありますね。
細めですが最後までダレないのも好印象でしたよ。

具材は、チャーシュー・メンマ・ネギ・味玉です。

チャーシューは2枚入ってます。
1枚はシットリとしながらも適度な噛み応えがあってイイ感じでしたが、もう1枚は脂身が多くなんか微妙でしたよ。。
メンマはコリコリっとした食感がアクセントになりましたね~。
ネギは瑞々しさとショリショリ感がイイですね。
味玉は朱色っぽさのあるオレンジ色の黄身で、ネットリ加減も好みの感じでしたわ~。


美味しかったです。

なんか不思議な感覚のラーメンでしたが、惹き込まれていく一杯でしたよ。

3000円の“季節のそば”ってのが始まったら、またソレ狙いで訪問してみたいですね!w

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干しらぁ麺¥650+瓶ビール¥500=¥1150」@Soupmenの写真ときわ台の『soupmen』さんに訪問です。
やっと行けましたわ~♪

11時18分くらいに到着すると、開店待ちのお客さんが2名いらっしゃいますよ。
先客さんに続いて、店頭のベンチに座ります。

すると、すぐに後客さんが来店され、並びの列が一気に延びていきましたよ。
いいタイミングで訪問できましたね~。


で、定刻の11:30にオープンです。
開店時の並びはワタクシを含めて16名でしたが、平日の昼でも凄い人気ですね~。


この日に提供されてたのは“煮干しらぁ麺”のみですので、券売機でソレをポチっとします。
あと、ビールのボタンもポチっとね~♪

食券をカウンターに置くと、栓抜きを渡されましたよ。
瓶ビールは券売機横の冷蔵庫に入っており、セルフサービスになってますので、
ハートランドとグラスを取って、カウンター席に座ります。

で、注文後は10分ちょっとでご対麺です。

では頂きまーす!
スープはサラリとした口当たりですが、ニボ感はシッカリしてますよ。
ショッパーとかエグミが無いので、飲みやすいですし、
鶏油により味に厚みが出てるのもイイですね。
ちょいとザラつきが感じられましたが、容範囲内ですよ。

麺はストレートタイプの細麺です。
硬めの茹で加減で、軽めのコキポキ感が心地よかったですね~。
ちなみに、麺量は160gですって。

具材は、チャーシュー・ネギ・海苔・味玉です。

チャーシューは柔らかさと香ばしさがイイ感じでしたね。
ネギはザクリとした食感で悪くないンですが、このテの一杯は刻みタマネギの方がイイかなぁ。。
海苔は板海苔とバラ海苔が入ってますよ。
普通はどっちか1種類でしょうから、2種類入ってるのはなんかテンション上がっちゃいますね。

味玉は『ビールを買って頂いたのでサービスです!』との事ですよ。
ビールにはアテで柿ピーが付いてたンですが、更にこういうサービスがあると嬉しくなっちゃいますね~♪
その味玉ですが、ネト~っとしたゼリー状の黄身がイイ感じでしたよ。


美味しかったです!

この内容で650円は安いですよね~♪

店主さんの感じも良かったですし、また訪問してみたくなりましたよ。

次回は是非とも変化球な一杯を食べてみたいっス!w

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューMIXワンタン麺 ¥1390」@支那ソバ 玉龍の写真拝島の『支那ソバ 玉龍』さんに訪問です。

12時ちょい前に到着すると、先客は4名です。
ちなみに後客も4名でした。。

着席に、メニューを眺めます。

“チャーシューワンタンメン(1190円)”か、
“チャーシューエビワンタンメン(1220円)”で激しく悩みます。。

せっかくですから、両方のワンタンを食べたいなぁ~、、なんて思っちゃいましたので、
店主さんに「チャーシューエビワンタンメンのワンタンを、海老ワンタンと普通のワンタンの組み合わせにして欲しいンですが?」と聞いてみると、
『チャーシューMIXワンタンメンってメニューがありますよ~♪』と言われましたよ。

そんなメニューがあるンですね~。
もちろん、ソレをお願いしちゃいまーす。

配膳を待ってる間にメニューを確認してみましたが、“MIXワンタンメン(肉雲吞3、エビ雲吞3)1020円”ってのは載ってるンですが、
どこを探しても“チャーシューMIXワンタンメン”ってのは載ってませんよ。。

で、、
店内のBGMはミスチルなんだね~♪ なんて思っていると4分ほどでご対麺です。

では頂きまーす!
スープは動物系と節系のバランスが取れてますね。
醤油も円やかさがあって、ホっとする味わいになってますよ。

麺は中細のストレートタイプです。
チャーシューに隠れて見えませんが綺麗に折り畳まれてますよ。
気持ちヤワめな感じでプリモチっとした食感が、このスープに合ってますね~。

具材は、チャーシュー・ワンタン・メンマ・ネギ・海苔です。

チャーシューは周囲が赤く、焼豚って感じの仕上がりですね。
そんなに大きくはないですが、香ばしさと噛み応えがあってイイ感じでしたよ。
ワンタンは肉雲吞が3個と、エビ雲吞が2個の計5個入ってます。
どちらもチュルリとした皮で、肉雲吞は生姜の風味、エビ雲吞は胡椒が効かせてありますよ。
メンマは材木タイプが2本入ってます。
太めですが軽めのコリ感なので、スッと噛み切れますよ。
海苔は気付いたら無くなってましたので、きっと麺と一緒に食べちゃったンでしょうねw


美味しかったです。

ご存知の方も多いと思いますが、コチラは東野純直さんお店ですよ。
「君は僕の勇気」とか大好きだったなぁ~♪

この日は東野さんのワンオペでしたが、接客・調理・配膳・会計・片付けを一人でテキパキとこなしてましたよ。
声掛けなんかも心地良かったですわ~。


ただ、、
ちょっと腑に落ちない事がひとつ。。

会計が1390円だったンですよ…。

肉雲吞の“チャーシューワンタンメン”は1190円、エビ雲吞の“チャーシューエビワンタンメン”は1220円。
諸兄のレビュを確認すると、ワンタンメンの雲吞は5個入るみたいですね。

エビが5個入る“チャーシューエビワンタンメン”が1220円ですから、MIXの価格は1220円以下でないとおかしいのでは?
肉雲吞×3、エビ雲吞×2の組み合わせですし。。

ちなみにメニューに載ってた1020円の“MIXワンタンメン”は、肉雲吞3、エビ雲吞3って書いてありますので、今回の一杯にワンタンが全部で6個入ってれば少しは納得できたと思いますが、5個しか入ってなかったですからね~w

っていうか、“チャーシューミックス(海老2、肉3)ワンタンメン”ってのをレビュしてる方がいますが、価格は1200円じゃないですか!w

ワタクシが支払ったのは1390円、、どういう事?w

ちょうど後客さんの調理なんかと重なったりしてましたから、
レジ打ちを間違えちゃいましたかね~??


気になったので書いちゃいましたが、ラーメンはとっても美味しかったですよ~。

84くらい付けたいところですが、満足度は下がっちゃいましたので、
今回はこのくらいで。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件