なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鴨中華そば」@柴崎亭の写真…美味い。
幸せのため息が止まらない。
それにこのコスパ、もうこの一杯を食べてしまうとほとんどのお店で満足できないと改めて実感してしまう。

5月30日 1850分 空席1

鴨中華そば(500円)

何度目かな?家からチャリで行ける名店ゆえにここぞの一杯と決めてるマイラバー、でもそういえば夜は初。なんかムーディーだぞ。モニターにはどこかのホテルバーラウンジ、その絵に合う照明演出に音楽、一言で言えば素敵な空間。

いつも固定メニューばかりだったから今日は鴨に挑戦、って500円かよ…信じられない価格設定だよな、なんて考えていた矢先丼着、早っっ!
あ、なるほど細ストリート。ソーメンよりやや太いくらいの細さだからの茹で時間が少なかったのか。

まずはスープ…うわ、美味い…。繊細鴨中華だけど後味で残ってくる濃厚なまろみまろやかさは何だ?香味油なのか、なんかバターみたいなボルチーニ茸みたいな何て深み。しっかり鴨鴨した入口に出口はまろやか、この構成はもう病みつき以外言葉がないエンドレスレンゲターン。この絶品スープはネギすら最高峰な一品にしてしまう。

細ストレート麺は張りが強くザックざくした気持ちよさ。細さゆえに油ともからまり大量のスープはもちあげず、すっと滑り込むような印象。だから麺の味もちゃんと味わえ、勿論鴨スープと喧嘩などなくそれぞれ一緒に高みあってる。それに量も意外にある…。

チャーシューがまた最高。レア目でしっとり油にすっとキレ、赤坂あたりの料亭で最高級豚しゃぶしゃぶを厚手で頂いてるような上品で濃厚な美味さ。

スープも1滴残らず飲みつくしなめつくし完食。あぁ、美味しかった。次回も鴨かな?煮干しいってみようかな?もう次が楽しみ。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。