なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
店名 めん処 渚
住所 〒164-0001 東京都中野区中野2-14-20
電話番号 -
営業時間 11:30~15:00/18:30~22:00
※売り切れ次第終了
定休日 もれなく月曜定休
席数 7席(カウンターのみ)
喫煙 禁煙
最寄り駅
JR中央線(快速)、JR中央・総武線など『中野駅』(360m)
マップで周辺を見る
アクセス 中野駅南口を出てすぐ左(なかのゼロ方面)へ。徒歩3分程度
駐車場 駐車場なし
開店日 2016年7月11日
メニュー メニューの写真を見る

濃厚つけ麺 830円
味玉濃厚つけ麺 930円
贅沢濃厚つけ麺 1030円
チャーシュー濃厚つけ麺 1130円

限定ラーメン 800円

濃厚つけ麺 830円
味玉濃厚つけ麺 930円
贅沢濃厚つけ麺 1030円
チャーシュー濃厚つけ麺 1130円

限定ラーメン 800円
元に戻す

外部リンク
初レビュアー桜前線(2016年7月12日)
店鋪情報は正式のものではありませんので、間違っている場合もございます。ご了承の上ご利用下さい。
2016年7月10日登録 mocopapa(お疲れ気味)
2017年5月8日変更 運営事務局による変更
レビュー件数 30
レビューユーザー数 25
平均点 86.433
総合順位 1,408位
スキ 6
30
100
このお店の情報をブログに貼る

このHTMLタグをブログに貼ると、お店の情報を掲載できます。

印刷用画面を表示

めん処 渚のレビューピックアップ

「焦がし牛塩らぁめん(限定)+特製トッピング」@めん処 渚の写真つけを食べようと思ったら、券売機には大きく限定をオススメする張り紙が。これだけ声を大にするのなら、期待できると思いチョイス。特製トッピングもプラス200円なので、迷わず追加。

 スープが旨い。人気店の牛骨ラーメンに負けないレベル。タレは抑えめ、牛の甘み、香りが素晴らしい。焦がしたネギの雰囲気も加わり、なかなかレベルが高い。ただし、感動は一口目が頂点。油が多いせいか、食べている... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば700円」@めん処 渚の写真本日は中野の島忠で買い物をしたついでに、此方の表題が気になっていたので訪問してみました〜(´∀`)

14:37到着、先客3、表題をポチり、後客1
卓上は胡椒・レモン酢
待つこと10分でご対麺です。

塩ダレに太麺、具はチャーシュー・ネギ・海苔、スープの麺バーで〜す♬

まずはタレを〜
タレは牛ベースで牛の旨... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 3件
95

「濃厚つけ麺」@めん処 渚の写真2015年頃には千歳烏山で
「海と砂」という店名で営業していました。

以前のお店から数えて
約一年ぶりに濃厚つけ麺を頂きましたが
変わらぬ美味しさ

濃厚なつけ汁に
歯ごたえのある太めの麺がベストマッチ

スープ割りの際には大きめのクルトンが入り
... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば」@めん処 渚の写真<限定売切れで悔しいけど・・・結果良し?>


 所詮私はそういう男。・・・・ただ、流されるのみ。今回は、比較的早めに退社できるとあって、日頃の疲労を癒したく、帰宅途上の中野で「めん処 渚」の限定を狙ってみました。この店、昨年の夏開店当時に突撃したものの、空調が故障してて汗かきかきでつけ麺食ったという記憶あり。しかしそれでもうまかった!。ところが時代は、濃厚から淡麗へ... 続きを見る

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「焦がし牛塩らぁめん」@めん処 渚の写真2/25(土) 13:00頃 待ちなし

お昼ご飯で来訪。

つけ麺が有名ということで来たのだが、あいにく本日はやってないとのこと。
しょうがないので、券売機で「焦がし牛塩らぁめん」800円+「大盛」100円=900円を購入。

店内は木目調でおしゃれな雰囲気。そして、出てきたラーメンもとてもおしゃ... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

めん処 渚のお店情報掲示板

店主帰郷のため5月7日をもって閉店

公式ブログで既に告知されておりますが、
店主が地元に帰郷するため、2017年5月7日をもって閉店。
現在は昼のみの営業だそうです。
なお帰郷する理由といたしましては、RDBユーザーが全幅の信頼を寄せる
「中野経済新聞」のツイッターによると、
「実家の米農家を手伝わなければならなくなった」とのこと。

【取材一言】ネットでいまだに謎とされる中野移転前のお店についてヒント

ラーメンデータベースを除く外部ラーメンブログで
果敢に取材攻めされた方が約二名いらっしゃったようですが、
思うような成果は得られなかったようですね。

ただ、中野移転前のお店に一度でも訪れたことがあるならば
店主の南国系の顔だちや、店独特の雰囲気、ケータイを使ったサービス、
味(ちょっと手を加えたようですが)などで
共通点は枚挙にいとまがなく自ずと判然します。
しかも現在の看板メニュー(移転前はラーメンが主力商品)である
「濃厚つけ麺」に使う器も移転前のものを流用しておりますし。

ここは空気を読んで中野移転前のお店の名前はそのものズバリ書きませんが、
「あの味をもう一度食べたい」という常連さんのためにもヒントを。

移転前のお店は京王線千歳烏山駅からちょっと離れた旧甲州街道沿いにあり、
沖縄を模した屋号と内外観でした。
(念のため店主からの確証も得ております)