なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
店名 中華そば こてつ
住所 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-39-13 田丸ビル1F左
電話番号 03-5465-0044
営業時間 11:30~15:00/17:00~22:30
※売り切れ次第終了
定休日 火曜日
席数 カウンター9席
喫煙 禁煙
最寄り駅
京王井の頭線『下北沢駅』(346m)
マップで周辺を見る
駐車場 駐車場なし
店の前の一方通行を進んだ先の交差点角にコインパーキングあり
開店日 2016年7月17日
メニュー メニューの写真を見る

中華そば650円
特製中華そば850円
チャーシュー麺850円
ワンタン麺850円
塩ラーメン650円
特製塩... 続きを見る

中華そば650円
特製中華そば850円
チャーシュー麺850円
ワンタン麺850円
塩ラーメン650円
特製塩ラーメン850円
塩チャーシュー麺850円
塩ワンタン麺850円
つけ麺800円
大盛(1.5玉)100円 特盛(2玉)200円

背脂トッピング 100円※限定ラーメン以外のすべての麺類に
チャーシュー 200円
メンマ 150円
味玉 100円
のり 100円

おつまみワンタン 400円
おつまみ皿 350円
ビール 480円
冷酒 300円

炊き込み御飯 150円
元に戻す

備考

店主は、元横浜家系侍の渋谷店の店長

店主は、元横浜家系侍の渋谷店の店長
元に戻す

外部リンク
初レビュアー取材馬鹿”九龍”トリセツ論者(2016年7月22日)
店鋪情報は正式のものではありませんので、間違っている場合もございます。ご了承の上ご利用下さい。
85.022ポイント
レビュー件数 89
レビューユーザー数 61
平均点 85.303
総合順位 294位
スキ 8
30
100
このお店の情報をブログに貼る

このHTMLタグをブログに貼ると、お店の情報を掲載できます。

印刷用画面を表示

中華そば こてつのレビューピックアップ

「特製中華そば+背脂」@中華そば こてつの写真都内屈指の中華そば店。久しく醤油、塩のローテーションだったので背脂を追加してみた。
ファーストインプレッション、個人的には蛇足!コチラの醤油スープの良さを帳消しにしてしまっていると感じた…。しかし、背脂が馴染んでくると、まぁ、コクは増します。コレを求める人も間違いなくいるでしょう。
次回は…背脂はなしで。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「中華そば 650円」@中華そば こてつの写真コスパ良しのラーメン

【スープ】
レンゲでスープをすくい最初の一口で
旨いと思えた久しぶりの中華そば。
鶏と魚介が見事にマッチした感覚である。
あっさりし過ぎず魚介の風味もしっかりと
口の中に広がる。

【麺】
細麺ス... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 650円」@中華そば こてつの写真4月19日 20時04分 2019年73杯目

久々の直ぐ食べた後の連食でこちらへ
potiさんの下北沢でオススメの店でやっとこれました👍

こちらもワンオペでまさかの前客0名後1名
金曜日の夜だからか、飲んだ後に来る片方が多いのか?でも帰りに駅前のイマイチそうな豚骨ラーメンの店は満席でしたね、なので立地は大きいので... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ワンタン麺」@中華そば こてつの写真電車の目の前に就活生が座ってテンション上がる。
どうも、さぴおです。

蟹煮干な一杯を堪能した後、桑島へ向かうも謎の臨時休業。
麺と未来の限定醤油を頂こうかと悩むも行列が。

ならばと、久しぶりにこちらへ。
コメ友さんが超高得点を付けていましたからね。

入店すると、先客4人。
... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件

「特製中華そば」@中華そば こてつの写真【特製中華そば】¥850

下北沢の人気店、初めての訪問です。シモキタと言えば最近では純手打ち 麺と未来が話題になっていますね。このすぐ近くにあります。このあたりのエリアは最近熱いですね。
ノーマルの中華そばそばだと650円とコストパフォーマンスは高そうに思えます。店主が1人で一杯づつ切り盛りしていますね。丁寧な仕事ぶりです。
出てきた特製ですが、素晴らしい... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

中華そば こてつのお店情報掲示板

【取材事項】

【取材事項】
店主は豚骨ラーメン店にて修行経験があるものの、
こちらの店で提供するラーメンの味はまったくの別物。
店主が大好きという柴崎亭や八雲の味わいを志向。

化学調味料無添加のスープは、
親鶏のガラと豚骨(鶏・豚1:1の割合)からとった動物系清湯に
煮干しや鯖節などからとった魚介系をそれぞれ半々の配合で合わせたWスープ。

店一押しという「中華そば」の醤油ダレは
火入れした濃口醤油をベースに生醤油をブレンドして風味豊かに仕上げる。
また醤油味の中華そばと同じぐらい自信があるという「塩ラーメン」の塩ダレは
アンデスの紅塩(岩塩)を使用。

製麺は八王子ラーメンや先の柴崎亭でもお馴染みの田村製麺によるもので、
ラーメンには中細麺(130g)、つけ麺には中太麺(220g)と使い分ける。

チャーシューは豚肩ロースの部位を使用しており、
脂身を丁寧に切り落とし(切り落とした脂身はラードに応用)
オーブンで焼き上げた本物の焼豚。
(以上は取材より)

※店主一人での営業ですが、電話番号公開は承諾済み。